いくつめの「Serpent・・・」なのか

今回の「Serpent BF RDA」はボトムフィード専用として販売されました。
と言うのも、通常の非貫通コンタクトピンが付属していないのです。

 

ザックリ特徴

  • BF専用
  • 22mm径
  • シングル&デュアルコイル対応

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ&付属品

いつもの感じでやたらと多い付属品。
今回は特にOリング多いです。
半透明の塊はシングルコイル時に反対側を埋めるリデューサーです。

 

 

プリメイドコイルは“Ni80”らしい。
こんなの同梱しといて大丈夫?

 

 

白背景に白い物体で見辛いですがコットンです。

 

 

外観

結構変わってますよね。
イメージ的にはパンツ履いてる感じ。
ロゴは新しい"洗濯マーク"なのかな?

 

 

バラしてみた

基本は4つのパーツで構成させています。
左から2つ目のスリーブは底が存在し、デッキのコンタクトピンが貫通するような構造。

右から2つ目は510ドリップチップ用アダプター。

それでは各パーツ毎に見ていきましょう。

 


あ、ちなみにいつもの事なのですが、私のブログはビルド前までは開封状態のまま洗浄等を行っていません。
これは手元に届いた状態をお見せしたいためです。
メーカーによって洗浄工程にどの程度力を入れているかも判りますし。
ですので、場合によっては汚れが付着していたりして見苦しい場合もありますがご了承下さい。


画像左の専用ドリップチップも同梱されています。
径がだいぶ違いますね。

 

 

これはエアフローコントロールするために回すパーツであり、トップキャップの役目もあります。
ドリップチップは2つのOリングで保持するんですねぇ。だからやたら予備のOリングが多いのか...

 

 

パンツ...じゃないや、アウタースリーブであり、底パーツでもあります。
デッキを収納することになります。

 

 

22mmのアウタースリーブ内に収まるのでデッキはかなり小さいですね。
あまりビルドの自由度は無い感じ。
ウェルの深掘りも狭いのでコットンの収納量も少なくなるかな。

 

 

コンタクトピンはBF対応となっています。
穴径は小さ目かな。

しかし、ノーマルタイプのピンも付属してくれても良いんじゃないかなぁ。
あんなプリメイドコイル付属するくらいなら...ねぇ

 

 

出代はこのくらい。

 

さてビルドしていく前に洗います。

Shu
使用前にはよく洗浄しましょう

 

ビルドしてみる

シングルで組みます。
コイルサイズからして中央の2つのホールを使えばよかったわけですが、まぁ色々あったんです...

とりあえずカンタルで巻きました。

なんというか、例えもっと太いワイヤー使ってコイルは設置出来ても、それに見合うコットン量の設置エリアが確保出来ない。そんな感じ。

 

 

シングルコイル用のリデューサーをグニュッと押し込んで、ボトルからリキッドを引き出してみます。
おっと、ちゃんとコイル側にアトマイザー自体を傾けてリキッド出さないといけませんね。

もっとリキッドを遮るように賢い形状してたら良いのに...

 

 

吸ってみる

以降は筆者の感想です

 

エアフロー全開で!

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

うーーん、あんまり味が出ない...
ドローはそこまでスカスカじゃあないですね。
味はなんだか薄いなぁ。
期待外れだ。。

エアフロー半開で!

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

エアーの通りが良くないなぁ。それに味も出ないなぁ。

なんだこれ?

なんだこれ?

なんだこれ?

 

 

という事で。

 

 

同梱のプリメイドコイルで組み直しました。

うーーーん、確かに味はそれなりに出るようにはなったけど...

セットアップがシビア・・・なのかなぁ。適当に組んで良い味出せる感じではない。デュアルで組めばまた違うんだろうけど。

 

 

まとめ

質感良いですね。
切削は凄く綺麗だし、いちいち面取りされていて手間掛かっている。

構造はね、なんかこの形状であるメリットがあまり感じない。
MODへの装着時にエアホールがコイル位置からずれるし、エアフローコントロールの掴み代も小さくてやり辛い。
個人的に、扱い辛さしか感じないような構造。
バラすのもチョイ手間だ。

 

味は優れてはいない。のにミスト量も少ない。
今って良いアトマイザー沢山出てます。
BFピンが付属したものも多いと思います。

22mm径のBF対応だっていう理由でコレを選ぶと後悔しそう。


いわゆるスイートスポットというか、当たりが非常に狭いタイプなんだろうとは思います。

  • あのWotofoだし悪くないだろう
  • 思ってたより味出なくてガッカリ
  • 味出すために苦労させないで

こんな事になりそう。
繰り返しになりますが、他にも選択肢は沢山あります。

あとね、公式の製品説明に“528 GOON STYLE”って・・・あのねぇ

 

Shu
なんか色々と残念・・・

 

製品仕様

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ