Wotofoの新作コラボドリッパーはメッシュ材を用いた画期的なデッキ構造だった。

 

いくつめのコラボレーションモデルになるのかな?社内だけでは似たようなものばかりになるもの。外部からの新しい発想を取り入れカタチにする。

そんなわけで工夫を凝らしたメッシュ材を用いた24mm径のシングル向けドリッパーです。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

提供元:ベプログショップ

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

Profile RDAのパッケージ

 

本製品はWotofoとMr.JustRight1氏による共作となります。

Mr.JustRight1氏のについての詳細は知りません。ブロガー?Youtuberなのかな?そこんとこは興味ないのでスルーしていく。

 

 

 

Profile RDAのパッケージ

 

そういやWotofoっていつの間にかコーポレートカラーがビビッドなグリーンになったんでしょうかね。

 

 

 

Profile RDAのパッケージ

 

それでは「Profile RDA」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

Profile RDAの内容物

 

  • Profile RDA
  • ドリップチップ
  • アクセサリーバッグx4
  • 工具x3
  • 取扱説明書

 

 

Profile RDAのアクセサリーバッグ

 

  • コンタクトピン(非貫通)
  • スペア|Oリングx4 / ネジx2 / スプリングx2
  • ジャパニーズコットン
  • メッシュスタイルコイルx2(0.18Ω)
  • プリメイドコイル(0.33Ω)

 

 

 

  • コイラー(治具)
  • プラスドライバー
  • 六角レンチ

 

 

 

 

取扱説明書には日本語での記述もなされています。

ええっと、4カ国語で書かれている中に日本語が含まれています。これはもう日本が市場としてそれなりに膨らんできているって事でしょうか。なににせよ嬉しいですね。

 

 

 

製品仕様

Profile RDA 仕様

 

  • 大きさΦ24x32.5mm(DT、コンタクト含む)
  • 重さ43g
  • 材質SS / 他
  • エアフローサイド
  • コイルシングル
  • BF対応

 

 

製品詳細

Profile RDA 外観

 

丈を抑えた丸くコロンとしたシェイプ。

カラバリは全6色(S.S. / Black / Blue / Gunmetal / Gold / Rainbow)でレビュー品はBlack。

 

Profile RDA 分解

 

バラしてみると4ピース構成でした。

Profile RDA ドリップチップ

 

ドリップチップは2個同梱。ともに810(ハーフインチ)ワイドボア。

装着時に露出する部分のレングスやテーパー有無が異なります。

 

 

 

Profile RDA ドリップチップ

 

共に出口部の外径16.5mm/内径10mmとなっています。 

 

 

 

 

ホワイトグレーなほうのドリップチップを装着してもバランス良好。

 

 

 

Profile RDA トップキャップ Profile RDA トップキャップ Profile RDA トップキャップ

 

トップキャップはエアフローコントロールの為の遮蔽板が2箇所。

 

 

 

Profile RDA エアフローコントロール

 

チューブには19穴(x2)のエアホールがあります。

トップキャップの遮蔽板は2段になっていますので、調整は『全開』『上1段を全閉』『全段大部分を閉じる』が行えます。

 

 

 

Profile RDA デッキ

 

デッキは個性的です。

 

 

 

Profile RDA デッキ

 

シングルコイル向けのサイドクランプ。

両サイドから付属のプラスドライバーにて開閉してコイルを締め込みます。

ここのデッキ外周の凹みはドライバー径に対応するためであるのと、チューブとの噛み合わせの為にあります。噛み合わせはエアホールの位置合わせの為ではありますが、Mod脱着時に空回りが起こらない利点もあります。

 

 

 

Profile RDA デッキ

 

中央のセラミックパーツは凹んでいてスコンクにより両プールにリキッドが満たされる構造。

 

 

 

 

セラミックパーツはスプリングが仕込まれていて沈み込みます。

これは本製品のウリであるメッシュコイル(私的にコイルでは無いと思うけど)を使用した場合にコットンを保持する為にあります。

 

 

Profile RDA 底

 

初期装着はBFピン。

コンタクトの横にネジがあるのでネガティブポストも取り外し可能。

 

 

 

Profile RDAのコンタクトピン

 

コンタクトピンの調整は出来なくもないけど出代は充分にありますね。

 

 

 

Profile RDAのコンタクトピン

 

コンタクトピンは2ピース構造。付属の六角レンチにて脱着可能です。

今回は非BFで使用しますので非貫通のコンタクトピンに換装しておきます。

 

 

ビルドしてみる

Profile RDAのメッシュコイル

 

今回はメッシュ材にて組んでいきます。

 

 

 

Profile RDAのメッシュコイル

 

公式によると、通常のコイルだとリキッドが複数の風味を持つ場合にその1つのみを強調してしまうが、このメッシュなら含まれる全てのフレーバーを再現可能である、というような事が書いてあります。

 

 

 

Profile RDAのメッシュコイル

 

付属のコイラーの太い部分に巻いてクセ付けします。

このメッシュ材は厚みがありますが剛性はそこまででもない。なので簡単に曲線を描いた状態で保持されます。

 

 

 

Profile RDAのビルド

 

予め両サイドのクランプを開いておいて、そこにメッシュ材の両端を差し込みます。

 

 

 

Profile RDAのビルド

 

そして両サイドのネジを締め込めばいいだけです。この際にメッシュ材が浮き上がらないよう上から軽く抑えておきましょう。

 

 

 

Profile RDAのビルド

 

これ以上簡単なビルドもないんじゃない?

通常のコイルを用いる場合も同じようにクランプに挟むだけですから簡単すぎる。

 

 

Profile RDAのメッシュコイルの抵抗値

 

ほぼパッケージ通りの抵抗値。低いけどメッシュはこんなものですね。

 

 

 

Profile RDAのメッシュコイルをドライバーン

 

カンタルなのでドライバーンしておきます。異様に赤熱化が速いです。

 

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

同梱のコットン。極太6mm径のタイプ。

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

このように差し込んで。

 

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

通してしまします。コットンの太い部分を通す時にメッシュが型崩れしそうに思うが、メッシュ材が硬いから問題なし。

 

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

通したら両サイドは漉きます。

 

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

漉いたけどウェルに収まらない長さだったので短くカットして再度漉きました。

 

 

 

Profile RDAのウィッキング

 

コットンはウェルに収まる程度に漉けばいいです。フカフカで質の良い印象のコットン。

 

 

吸ってみる

Profile RDAで吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の感想として捉えて下さいね。

 

メッシュコイル0.19Ωに40W、エアホールは限界まで絞って吸う!

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

エアフロー全開だとドロー軽すぎて個人的な好みから大きく外れたので...

可能なだけ絞りまくりで吸ってます。

 

美味しいです。

濃密感があるのにブワァッと広がり感のあるミスト。キメの細かさも感じます。

かなり風味も濃く出るしドローもそれなりに重く吸いごたえあり。

 

 

まとめ

Profile RDAの評価

Profile RDA

 

  • 質感|良 ●ー●ーー●ー● 
  • ビルド| ●ー●ー●ー● 
  • 風味の濃さ| ー●ー● 
  • 解像感| ●ーー●ー●ー● 
  • ドローレンジ|軽 ー●ー● 
  • 漏れ耐性|良 ●ーー● 

 

 

Profile RDAのまとめ

 

ビルドが超簡単。メッシュは立ち上がり速いものの・・・

画期的なデッキ構造によりビルドは素早く完了可能です。その点だけでも素晴らしいのですが、味もエアフローを絞ればしっかりと濃厚でした。

メッシュコイル使用する同梱のコットンが素晴らしく良質。あまり漉く必要もなくタップリとリキッドを保持させられます。

しかしながら低抵抗。タップリのリキッドが無くなるのも早いですね。そこはBFの出番といったところ。

 

チューブのエアホール位置が高めとはいえリキッドの滲みが心配。だけど試したところコットンにヒタヒタにリキッドをふくませて、さらに過剰気味に注いでも滲みが酷いって事はなかったですね。

 

ここまでフレーバーとミスト量が両立したドリッパーも少ないのはないでしょうか。

 

ご購入はこちら

安心の30日保証&送料無料!

 

専用メッシュワイヤーはこちら

専用コットンはこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ