「Nudge RDA 22」by Wotofo レビュー

 

トップキャップ2種同梱のシングルコイル向け22mmドリッパー。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 引用元:https://www.wotofo.com/collections/rda/products/wotofo-nudge-rda-22mm#

 

Wotofo「Nudge RDA」22mmはレビュー済みの24mm版や「Serpent SMM RTA」同様にYoutubeチャンネル『Suck My Mod』とのコラボレーション製品です。

 

最大の特徴はアルミ合金製トップキャップがエアホール違いの2種同梱されているところでしょう。

 

パッケージ・内容物

Nudge RDA 22 パッケージ正面

 

Wotofoはパッケージの図柄が個性的で好きだったりする。

 

 

 

Nudge RDA 22 中身を引き出す

 

それでは「Nudge RDA 22mm」開けていきまーーす。

 

 

Nudge RDA 22 内容物を全て並べた画像

内容物一覧

  • Nudge RDA 22mm 本体
  • トップキャップ(エアホール違い)
  • 510ドリップチップ用アダプター
  • コンタクトピン
  • Oリング各種
  • ポスト用ネジ
  • プリメイドコイル
  • ドライバー
  • 取扱説明書

 

いつも通りブラック小袋が3つあるので見ていきます。

 

 

Nudge RDA 22 付属品のスペアパーツ類

 

1つはスペアのOリングとポスト用ネジ。

そしてコンタクトピン。これは非貫通タイプなので、本体装着済みはBFピンってことか。

 

 

 

Nudge RDA 22 プリメイドコイル画像

 

プリメイドコイルは0.15Ωと低抵抗。使わないです。

 

 

 

Nudge RDA 22 ジャパニーズコットン

 

日本製コットン。フワフワで良さそうだ。

 

製品仕様

Nudge RDA 22 正面画像

Nudge RDA 22mm

  • タイプRDA
  • 大きさΦ22x32mm
  • 重さ19g
  • 材質アルミ合金 / 他
  • コイルシングル
  • エアフローサイド
  • BF対応

 

 

製品詳細

Nudge RDA 22 全体図

 

なんといっても、丈を抑えたフォルムにドカンと大口径ドリップチップが乗る、思い切ったルックス。

そしてアルミ合金ならではの塗装面。個人的にはSSで造って欲しかったってのは24mm版から思うんですよね。

だってこんなザラついた質感だと合うModが限定的になっちゃう。

 

 

 

Nudge RDA 22 底の画像

 

BFピンが装着済み。スコンカーでの使用を推しているんでしょうか。

 

 

 

Nudge RDA 22 ピンの出代がわかる画像

 

出代も充分。

 

 

 

Nudge RDA 22 ドリップチップを外した画像

 

ドリップチップは810で外径18.2mm、内径8.2mm、接続部の長さは4.5mmほど。

シビアに考えなければ代替品もあると思いますよ。

 

 

 

Nudge RDA 22 510ドリップチップアダプターを付けた画像

 

同梱の510ドリップチップアダプターを装着するとこのように。

 

 

 

Nudge RDA 22 分解した画像

 

パーツとしては3ピース構成。

 

 

 

Nudge RDA 22 トップキャップ2種

 

前述通りトップキャップが2つあります。エアホールの大きさが違います。左が初期装着のほう。

 

 

 

Nudge RDA 22 トップキャップ2種

 

それ以外に違いは無いようです。

 

 

 

Nudge RDA 22 デッキを斜め上から

 

24mm版はデュアルコイル向けでしたが、嬉しい事にこちらはシングルコイル用となっています。

巻き方向がどちらでもセット可能な4ポスト。

 

Nudge RDA 22 ポストのアップ

 

ポストは外側に返しが付けられてワイヤーが逃げづらくしてありますね。

エアホールは斜め下に向かって引き込むように空けられていますが・・・

 

 

 

Nudge RDA 22 エアホール

 

24mm版も同様でしたが、デッキ側エアホールの両サイドに遮蔽するものが無い構造のため、実質キャップ側エアホールは常に全開となります。

すなわちエアー量(ドロー)を調整出来ない構造です。

 

 

 

Nudge RDA 22 BFピン吐出口

 

BFピン吐出口からのリキッドの流れは特に工夫はされていませんね。とりあえずBFにしてみよう的な感じを受けます。

 

 

 

Nudge RDA 22 コンタクトピンにOリング有り

 

今回はドリッパーとして使用しますので通常のコンタクトピンに換装しておきます。ピンには漏れ防止でしょうか、Oリングがありました。

 

 

 

Nudge RDA 22 非貫通ピンに換装した画像

 

という事でビルドしていきましょうかね。

 

ビルドしてみる

Nudge RDA 22 コイルを組み付けた画像

 

さすがに付属のプリメイドコイル(0.15Ω)は使いたくないので、いつも通りの単線で。AWG26の内径3mmにて。

 

 

 

Nudge RDA 22 コイルを留めた部分のアップ

 

リードがグニャッってるけど気にせず。ネジで締め込む際には返し側にリードを押し当てながらやると捗った。

 

 

 

Nudge RDA 22 コットンを通した画像

 

コットン通して...

 

 

 

Nudge RDA 22 リキッドが横漏れした画像

 

リキッドたらすと吸いきれずにそのまま流れた(あるある)

 

あ、そういやこのドリッパーは大口径なドリップチップなので、そのままドリップチップ越しにリキッド補充が余裕で可能です。ラクですねー。

 

Modに乗せてみる

Nudge RDA 22 MODに乗せてみる

Nudge RDA 22 MODに乗せた画像

Nudge RDA 22 小さいMODに乗せてみた画像

 

丈を抑えてあるから大きいのにも小さいのにも似合うと思います。

質感から言ってもSS無塗装なModとはイマイチ相性良くないかな。

 

吸ってみる

Nudge RDA 22 横に倒した画像

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

Shu
スコーーッ、プハァ~

 

ドローは軽く風味のバランスは悪くない。

ドローは軽っるいです。ま、当然ですよね。

ガッツリDL(ダイレクト・ラング)で吸うタイプです。

 

風味は大風量に乗っかるタイプなので単線では薄めですね。ま、当然ですよね。

でも、これはこれで悪くないかも。薄めと言ってもポッドデバイスみたいな味気ないモノじゃあないです。バランスも悪くない。

 

濃厚な味を出したいなら、やはりプリメイドコイルのようにコットンへの設置面の多いタイプが合っているんでしょうねー。そもそもそういった構造ですし。当然ですよね。

 

 

Nudge RDA 22 2種のトップキャップを重ねた画像

 

エアホール違いのキャップに変えても、あんまり違いが・・・調整出来ない構造なのだから、どうせなら片方はもっと絞ってもよかったのではないでしょうか。

 

まとめ

Nudge RDA 22 寝かせた画像

評価:Nudge RDA 22

質感|良 ●ー●ーー●ー● 

ビルド ●ーー●ー●ー● 

風味の濃さ|濃 ●ー●ーー●ー● 

解像感 ●ー●ーー●ー● 

ドローレンジ ●ーー●ー●ー● 

漏れ耐性 ●ーー● 

 

総評:Nudge RDA 22

Nudge RDA 22 24mmと並べた画像

左:Nudge RDA 24 / 右:Nudge RDA 22

 

購入後かなり放置してしまって今更感がありますがサクッと見てきました。

個人的にはMTLかそれに準ずるくらいの抵抗感のあるドローが好みですので、コレを買ったのはカタチが好みだった1点のみ。

 

 

Nudge RDA 22 24mmと並べた画像2

 

24mm版はレビューして放置してたけど、こっちはたまに使うかも。ま、リキッドレビューなんかには向かないしゴッツいコイルとか使いたい時用かな。

 

ご購入はこちら


ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ