Wismecの2017年新作なんですが・・・なんだか色々と???なキット品でした。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:VapeSourcing

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ&付属品

内容物一覧
・SINUOUS RAVAGE230
・GNOME Evo
・替えコイル
・スペアOリング
・スペアガラスチューブ
・QC USBケーブル
・取扱説明書

 

今回はキット品となっていますので、本体の他にクリアロマイザーGNOME Evoとその付属品が同梱されています。なので点数が多いですが、Mod本体単品ならグッと少ないでしょうね。

 

 

 

SINUOUS RAVAGE230 外観

好みはあるだろうけど、全体的にまとまり感のある造形と言えるかと。あくまでも主観ですが変な派手さもなく、単純なスクエアって事もなく、握りやすさも考えて造られているのがわかります。

 

 

 

SINUOUS RAVAGE230 仕様

製品仕様

・サイズ:43.6*30.0*83.4mm

・重量:147.3g

・スレッド:510

・使用バッテリー:18650(25A以上)*2

・出力モード:VW/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS/TCR

・ワッテージ範囲: 1-200W

・抵抗値範囲: 0.05-1.5Ω for TCモード/0.1-3.5Ω for VWモード

温度管理範囲: 100-315°C/200-600°F (TCモード)

・最大充電流量: 2A

・最大出電流量: 50A

・電圧範囲: 0.5-9V

 

特別に変わった仕様もありません。

製品名がRAVAGE230であり、公式サイトのスペックでも最大230Wと記載されているのに、実際は200Wまでとなっていて、どういう事?って感じです。

バッテリーに25A以上の出力電流を要求していますが、あくまでも最大出力を用いる事を前提とした場合によるものでしょう。そこまでの出力を扱うことってのは日常使用においてはないかと思います。定番品を用いればよいかと。

 

 

 

SINUOUS RAVAGE230 サイズ比較

18650デュアルバッテリー仕様という事で、Wyvern235とInvokeを並べてみました。

今回のRAVAGE230は、これまで小さいと思っていたWyvernよりも更に背が低いのです。しかしながらInvokeの小ささは更に上をいく!

 

 

 

SINUOUS RAVAGE230 詳細

それではいつも通り外観を細かく見ていきます。

 

コンタクトは筐体のセンターに位置します。Invokeも同じくセンター配置でしたが流行りでしょうか?

 

 

 

スクリーン側上部にはエンブレムが彫られています。

 

 

 

反対面には機種名が。

 

 

 

サイドこちら側はファンクションキーとパフボタンとなっています。このファンクションキーってのが他の製品ではあまり採用されていないかも。

パフボタンは反対面と見ためは変わらないのですが、押し込めるようになっています。丁度ファンクションキーの下辺りが押し込める部分になっており、カチッカチッと良い押し心地。

 

 

 

スクリーンサイズは1.45と大きめで発色も良いものです。

 

 

 

スクリーン下部にサブボタン。その下にUSBポートが設けられています。2Aでのクイックチャージも可能なので対応機をお持ちなら手早く充電も行えるでしょう。

 

 

 

底面はスライドして開くリッドが採用されています。この方式はとにかくバッテリー交換が手早く行えて個人的には好きですね。

 

 

 

この向きでバッテリーを挿入です。蓋のほうに極性表示はされています。

 

 

画面の撮影が難しいので公式サイトのスクリーン表示例を載せておきます。

http://www.wismec.com/product/sinuous-ravage230/

 

 

 

 

 

SINUOUS RAVAGE230 操作説明

操作方法については取扱説明書の翻訳を載せておきます。

 

 

使用方法:

 

1.電源のオン/オフ:電池カバーを前方に押し2つの高率18650セルを本体に入れます。消灯ボタンを5回連続して押してデバイスの電源をオンにします(注:1)。

使用前に使用したアトマイザーと一致するワット数を適切な範囲に調整してください。

※安全のために破れた皮膜を持つ電池を使用しないように注意してください。

 

2.表示オン/オフ機能:デバイスがオンのときにFnボタンを押すと、画面表示がオフになります。ディスプレイがオフになっていると、誤った調整を防ぐために規制ボタンが機能しません。

 

3.キーロック機能:デバイスがオンのときに、2つの規制ボタンを同時に押します。キーロックとキーロック解除の機能が切り替わります。

 

4.マイクロUSBポート機能:USBポートは、ファームウェアの充電およびアップグレードに使用できます。それは細胞にとってより優れており、充電器を通してそれらを充電する。 5.ディスプレイモードの切り替え:シャットダウン状態で左右の調節ボタンを同時に押すと、画面表示が180度回転します。この操作では、2種類の角度から画面を見ることができます。

 

 

一般設定:

 

1.デバイスがオンになっているときに、すぐに3回火災ボタンを押してメインメニューに入ります。

デバイスがオンになったら、火災ボタンを3回連続して押してメインメニューに入ります。

 

2.左または右の規制ボタンを1回押して、(1)モード、(2)設定、(3)を選択して確認します。そのサブメニューの下では、同じ方法で左右の調整ボタンを押して調整し、確認ボタンを押して、設定モードを選択し、パラメータを設定したり、特定の機能をオンにしたりすることができます。

 

3.設定が完了したら、EXITを移動するか、Fireボタンを押してメインインターフェイスに戻ります。

補足説明:パラメータ設定:VWモードでは、調整ボタンを押すとワット数を調整できます。 TCTTCRモードでは、調整ボタンを押して温度を調整できます。右に増減します。

 

注:1. TC-SSモードはSS316コイル2に適しています。通常のコイルを使用する場合、または使用したコイルの抵抗がTCモードで1.50hmより高い場合、デバイスは自動的にPOWERモードに切り替わります。

3. TCITCRモードでKanthalコイルを適用すると、デバイスは自動的にPOWERモードに切り替わります。

 

サブパラメーター:SUBPARAメニューでは、PUFF(合計vaping puffs)、TIME(合計vaping seconds)、AMP(現在のamp)が含まれます。メインインターフェイスに表示するクロックの1つを選択することができます。

 

クロック設定:設定クロックメニューで、右の規制ボタンを押して調整ボタンを押し、調整ボタンを押して時刻と日付を設定します。デバイスがオンの場合は、Mode-RTCメニューのRTCモードを選択できます。そして、あなたは、メインインターフェイスのボタンでデバイスの電源がオフになっている時間をチェックすることができます、あなたは火災を押すことで時間と日付を確認することができます

 

熱機能:予熱機能は、デバイスが高速で特定の時間制限する。この機能は、VWモードでのみ機能します。

 

Timeout Duration:時間が設定されると(5秒間など)、ファイヤーボタンとvapeをあらかじめ設定した時間以上保持すると、 "OVER PROTECT"と表示されて自動的にシャットダウンします。再起動を押します。

 

TCRモードについて:TCR(Temperature Coefficient of Resistance)モードでは、コイルのTCRに応じてパラメータを設定できます。材料TCR値の範囲ニッケル600-700 NiFe 300-400チタン300-400 80-200 SS(303,304,316,317)

 

注:実際のTCRを105倍したものである。TCR値の範囲は1~1000です

 

 

誤動作表示と保護:

 

アトマイザーなし:デバイスがアトマイザーを検出しなかった場合、OLED画面には「アトマイザーが見つかりません」と表示されます。

 

アトマイザー低警告:アトマイザーの抵抗がVWモードで0.1ohm以下または0.050 HTモードの場合、OLED画面には「アトマイザーLow」と表示されます。

 

アトマイザー短絡保護:アトマイザー短絡が発生すると「アトマイザー短絡」と表示されます。

 

温度警告:内部温度が70℃を超えると、出力自動的に電源が切れ、画面に「DEVICE TOO HOT」と表示されます。

 

過熱保護:TCモードでは、コイルの実際の温度が設定温度に達すると、デバイスには「TEMP弱」を表示します。

 

バッテリアラート:VWITCモードで、アトマイザを取り付けたデバイスが動作し、バッテリの電圧が2.9V未満のとき、デバイスは "WEAK BATTERYを表示します。その間、出力電力はそれに応じて減少します。

 

低電圧保護:バットの電圧が3.3Vの場合、画面は最初に" BATTERYLOW "と表示され、次にBATTERY LOWがデバイスのロックを解除します。最大セル電圧と最小セル電圧が0.3V以上になると、USBケーブルの後にOLED画面に「IMBALANCED」と表示されます。 USB充電器の電圧が5.8V以上になると、USBケーブルを差し込んだ後、またはUSB充電器を充電した後、OLED画面に「CHECK USB ADAPTER」と表示されます。

 

エラーアラート:充電状態で電流が検出されないと、OLED画面に「CHARGE ERROR」と表示されます。バッテリー警告の確認:セルの1つが正しく取り付けられていないと、OLED画面に「CHECK BATTERY WARNING」と表示されます。

 

ところどころおかしな翻訳になっているのはご了承下さい。その辺は汲み取って欲しい。

さて、表示ですがやけに時計表示に拘った感があります。RTCなんて時刻が中央に表示されるモードもあります。そんなに必要ない気もするんだけどねぇ。

 

本機の特色でもあるファンクションキーはメニュー内での決定キーとして使われます。また、電源On時に押すことによりステルスモードのOn/Offキーとしても機能します。

 

 

 

GNOME Evo 外観

光沢感の少ないマットな感じの塗装です。やけにトップキャップの厚みがあります。

 

 

 

GNOME Evo 仕様

製品仕様

・高さ:44.2mm

・径:25mm

・重量:56.8g

・リキッド保持量:2ml/4ml

 

リキッド保持量はTPDレギュレーションに準拠した2mlのものです。後述しますが4mlに拡張可能。

 

 

 

バラしてみると5ピース構成でした。標準的かな。

 

 

 

GNOME Evo 詳細

トップキャップをスライドするとフィルポートが露出します。

 

 

 

ベースへのコイルヘッドの装着はスレッドとなっています。回して装着しましょう。

 

 

 

コイルは2個入りでした。ただし同じモノが2個。こういったキット品は抵抗値違いを同梱することが多いのですが、本製品はまったくの同一コイルヘッドでした。

 

 

 

3種類のラインアップとなっているようです。付属品はWM01という事で一番フレーバー重視のものみたいです。

 

 

 

画像左のトップキャップのチムニー周りにシリコンパーツがハマっています。これが付いているため2mlに容量が制限されています。取り外せば4mlまで増やせますが、一度外すともう戻せないと思っておいたほうが良いくらいキツキツにハマっています。

コイルヘッドとはスレッドにより接続。チムニー内部もドーム状に絞り込まれており、濃密な風味出を期待出来ます。

 

 

 

エアフローコントロールは付いています。対面2箇所。滑らかな回し心地。

 

 

 

実際にリキッドを補充しようとして気付きましたが、ドリップチップを装着しているとスライド出来ません。

公式によるとチャイルドプルーフ仕様ということですが...かなり微妙です。ドリップチップを浮かせ気味にするとスライドしてフィルポートを露出出来るのですが、相当微妙な仕様です。

 

 

 

よくわからない部分

すでに書いていますが、製品名や公式サイトでは最大出力230Wなのに、実際は200Wまでという仕様。

 

 

 

そして付属品のこのパーツ。どうみてもドリップチップなのですが...挿せませんでした。

 

 

 

更に、このキット品での組み合わせ、NOアトマイザーとエラーが出ます。あのー、意味わからないんですが。。

勿論、別のアトマイザーを乗せると問題なく使用出来ますし、GNOME Evoを別のModに乗せても問題なく認識して使用出来てます。

 

個体差とかでコンタクトとれていないのでしょうが、最初の1台としてこのキットを買った方がいて同様の症状が出たら、どうしようもないですよね?

あんまりだと思います。

 

GNOME Evoの味の出方はいいですよ。風味濃厚だしAFCもちゃんと機能するし、ミスト量も多い。

最近のこのクラスのキット品のコイルヘッドは、どこのメーカーのものも非常に濃い風味を出してくれる印象です。

 

 

 

まとめ

というわけでよくわからない点がいくつかありました。

そもそもキット品として動作しなかった時点で「終わってる」とも言ってしまえます。

 

 

 

画像はNixon V1.5 RDTAを乗せてます

 

 

ただし各々の性能はとても良いものです。

 

総合点
オススメな点 ・まとまりの良いMod

・高性能なアトマイザー

イマイチな点 ・相性問題!

 

たまたま私の元にきたキットの相性が悪かったのでしょうけど、このくらいの品質のバラツキはあるって事でしょうかね。

 

 

2017年12月30日追記

認識不良については、一週間ほど間を空けて装着したら正常に認識しました。うーん、釈然としないしいつ再発するか...

 

 

 

Mod単品で買って好きなアトマイザー乗せるのが良いのかも。

 

 

 

ご購入はこちら

SINUOUS RAVAGE230 with GNOME Evo Kit

 

RAVAGE230単品はこちら

SINUOUS RAVAGE230 TC Box Mod

 

コイルヘッドはこちら

WM Coils for GNOME(5pcs)

 

とにかく安い!コード「vscoupon」で更に値引き!価格はサイトにて確認して下さいね。

 

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ