SINUOUS V80 with Amor NSE by Wismec スターターキットレビュー

 

人気MODのシースルーバージョン。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

提供元|VapeSourcing

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

サンプル表記がありますので、記事内容に流通版と差異が含まれる可能性があります。

ではさっそく「SINUOUS V80 with Amor NSE」キット開けていきまーーーす。

 

 

 

 

  • SINUOUS V80
  • Amor NSE
  • コイルヘッドWS-M (メッシュ)/WS04 MTL 
  • Oリング(スペア)
  • 充電用USBケーブル(QC対応品)
  • 取扱説明書(日本語有)/ワランティカード

 

製品仕様

 

SINUOUS V80 仕様
タイプ|テクニカル
大きさ|27x34x81mm
重さ|59.8g
バッテリー|18650(ハイレート推奨)
出力モード|VW/Bypass/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS/TCR
出力範囲|1-80W
出電圧範囲|0.5-9V
動作可能抵抗値範囲|VW:0.05-3.5Ω/TC0.05-1.5Ω
温度管理範囲|100-315℃/200-600℉
充電電流量|2A
保護機能|過充電保護/過放電保護/短絡保護/過電流保護/10secカットオフ
ファームウェアアップグレード|可
カラー|全4色(黒/赤/黄/緑)

 

Amor NSE 仕様
タイプ|クリアロマイザー
大きさ|Φ26x46mm(DT-コンタクト含む)
重さ|38.7g
リキッド保持量|3mL
エアフロー|ボトム
対応コイル|WSシリーズ

 

 

製品詳細

 

まずはレギュレーテッドSINUOUS V80から見ていきます。

 

P80の廉価版といった立ち位置の製品となっています。

ボディはSSと樹脂素材が上手く組み合わされており、重量は60gを下回るほど軽く仕上げられています。

 

 

最大の特徴といえるのが内部が見えるところ。

スクリーン側正面が半透明となり内部の基板が透けて見えています。

 

 

アトマイザーとのコンタクト部分は510規格のスプリングローデッドのコンタクトピンとなっています。

26mm径のアトマイザーまでオーバーハングせずに乗せられます。

 

 

パフボタンは押しやすいサイズ。押し心地は『カコッカコッ』といった感じ。

 

 

スクリーンは0.91インチのOLEDとなっています。

 

 

 

 

画像でみて上側がプラスボタン、下がマイナスボタン。そして充電用ポート。

2A充電可能なのは嬉しいところ。

 

 

 

底はバッテリー挿入箇所となるためスライドして開くタイプのカバーとなっています。

 

 

 

 

あらゆるタイプの中でも最も素早くバッテリー交換可能な構造です。

 

 

 

 

ハウジング奥に極性表示がありますが、正極(+)を奥に向けてバッテリーを挿入することになります。

 

 

 

かなり前にレビューしたJoyetechのeVic Primo Miniも同様のこのカバー方式でしたが、バッテリー着脱が容易だからなのか、2年近く経つ今でも日常的に使用しています。

やはりラクなのって使っちゃうものですねー。

 

 

 

 

バッテリーは定格25A以上のハイレートな仕様の使用が推奨されています。

最大で80Wを発揮する本機SINUOUS V80にて、もし低抵抗なビルドで使用する場合にはハイレートなバッテリーの使用が必須と思っておきましょう。

 

 

 

 

続いてはクリアロマイザーAmor NSEを見ていきます。

これってレビューしてなかったっけ?と思って調べたらAmor NS ProってのとAmor NS Plusってヤツだった。

 

 

独特な色味の塗装ですが、ドリップチップとタンクのダークカラーとのコントラストでいい感じ。

 

 

エアホールは1箇所のみ。AFCリング全体が開口するオーバルと丸穴2個が並んでいます。

全開DLから丸穴1個でMTLって感じで切り替えて使えそう。

 

 

リキッドの補充はトップキャップをスライドしてフィルポートを露出させて行うタイプ。

 

 

 

 

コイルヘッドを見てみましょう。わりと細くて縦に長いタイプなんですねー。

 

 

 

 

プリインストールされていたほうがWS-Mという抵抗値0.27Ωの爆煙タイプ。

同梱されていたもう一つはWS04は抵抗値1.3ΩのMTL向けのようです。

 

 

 

 

WS-Mはメッシュでした。

 

 

 

 

今回はMTL向けのほうを使ってみたいと思います。

ジュースホールから覗くコットンにリキッドをふくませておきます。

 

 

 

 

タンクにも補充していきます。

 

 

 

 

 初回使用時はコットンにリキッドが浸透するまで10分程度は待ちましょう

 

 

操作方法

 

SINUOUS V80 操作方法

 

電源オン/オフ:パフボタンx5

ワット数調整:プラスボタン/マイナスボタン

モード変更:パフボタンx3 →プラスボタン/マイナスボタンで変更

ステルス:パフボタン+マイナスボタン長押し

キーロック:プラスボタン+マイナスボタン長押し

表示向き変更:電源オフ時にプラスボタン+マイナスボタン長押し

表示内容変更:パフボタン+プラスボタン長押し →プラスボタン/マイナスボタンでアンペア・パフ回数・時間の切替

 

 

機能は最小限ですね。2016年頃のレギュレーテッドと変わらない感じ。

 

 

 

 

スクリーンパネル自体の側面すら見えるんですねぇ。中々おもしろい。

 

サイズ比較

 

定番iStick Picoと並べて。高さはiStick Picoがさすがの低さ。

 

 

 

 

圧倒的に握りやすさはSINUOUS V80が優れていますね。言ってしまえば太いチューブに面が付いたようシェイプですから。

そして乗せられるアトマイザーの制限もありませんし。

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

 

 

まずエアホール全開(オーバル)⇨ ドローも完全にDLでスカスカに軽く、風味は薄め。

これはもう一つの低抵抗なコイルヘッドならいいかもね。

 

じゃあ●●に絞ります ⇨ グッと重くなりMTLになりますね。風味もそれなりに濃くてギリギリまぁオッケーなくらいに。

● ⇨ 重さはさらに少し重く、濃さも私的に丁度よいくらい。一般的な低抵抗なコイルヘッドを使うクリアロマイザーと比べると全然薄めではあるんですけど。味の出るシングルコイルのドリッパーより少し薄いくらいだから、結構悪くない印象。

 

まとめ

 

SINUOUS V80

質感|良 ●ーー●ー●ー●

大きさ|大 ●ーー●ーー● 小

重さ|重 ●ーー●ーー● 軽

機能性|多 ●ーー● 少

保護機能|良 ●ー 悪

*18650シングルバッテリー機としての評価

 

Amor NSE(with WS04)

質感|良 ●ーー●ー●

ビルド|無評価

風味の濃さ|濃 ●ーー●ー● 薄

風味の解像感|高 ●ーー●ー●ー● 低

ドローレンジ|軽 ●ー 重

漏れ耐性|良 ●ーー● 悪

 

 

 

まずクリアロマイザーAmor NSEはまとまりが良いですね。MTL向けコイルヘッドは落ち着いて吸えますし、そのジュースホールの小ささからリーク耐性もある。だけど調べたら交換用の国内入手性は良くない感じ。

 

 

 

 

SINUOUS V80は元々人気のあったP80の材質変更的なモデルでしょうか。こまごまと変更は加えられているようですね。

廉価版のような位置づけですが、出たばかりだからか提供元ではレビューしたキットの方が高値です。

 

とにかく持ちやすいしバッテリー交換も素早く行えて好きなのですが...今どきプリヒートも搭載していないってのは。。初代iStick Picoですらフォームアップで付いてるのに。

クラプトンのような立ち上がりの重いコイルでビルドした場合に不便な気がするのですが...そこだけ残念です。

 

ご購入はこちら

 

 

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ