R80 by Wismec レビュー|510アダプター付属の18650バッテリー駆動のポッドMOD!

 

思ったより大きいのね。

 

 

WismecからポッドMODが登場してきました。VINCI XやRPM80 Proと競合する18650バッテリーで動作するタイプのデバイスです。

これまでにいくつもポッドデバイスはリリースしてきているWismecですが、ここまでの製品はどこか購入の決定打に欠ける部分があったのです。風味がイマイチなモデルも多かったり、Orion譲りのPrevaなんかは風味抜群だけど交換用カートリッジの価格や入手性に難ありでした。

R80は安心して入手して問題の無いカタチでリリースされた、期待のポッドMODです。

 

 

── 提供|ベプログショップ ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Wismec R80 パッケージ:表

 

パッケージに特徴が記載されていますので見ていきましょう。

 

 

 
  • 18650バッテリーで動作
  • カラースクリーン搭載
  • メッシュコイル同梱
  • 充電用ポートはTYPE-C

 

 

 

まず動作には18650バッテリーを用います。お持ちでないなら同梱されていませんので別途用意が必要となります。

別途必要ではありますがバッテリー内蔵タイプと比べると利点は多いです。内蔵タイプはバッテリーが劣化した場合の交換は実質不可能です。すなわち本体自体使えなくなる事を意味します。そのデバイスの価値がそこで無くなる事を意味します。

また、充電環境がない場合でも18650バッテリーの予備を持っていれば、すぐに使用再開出来るのも利便性ありますよね。

 

他には0.96インチのカラースクリーン搭載、メッシュコイル同梱、充電用ポートはTYPE-Cといった特徴があります。

 

そして右下に貼られてるシール、個人的に最大の注目は510アダプターが同梱されているところ!このシールはそのままアダプターのカタチになっているところが細かい。

 

 

 

 

Wismec R80 パッケージ:裏

 

背面の記載事項で気になるのは最大出力が80Wもあるところか。定格25A以上のハイレートと謳われている18650バッテリーを用いましょう。

 

 

実質そこまで電圧を上げなければマストじゃないわけですが、余裕のあるバッテリーを用いておいたほうが良いのは間違いない。他のMODへの転用も効きますから。

 

 

 

Wismec R80 パッケージ:トップのロゴマーク

 

いつの間にかライオンがおる。今後このロゴマークを使っていくつもりは無いだろうけど、一体どうした?って感じだね。

 

 

 

 

Wismec R80 パッケージ開封

 

なかなか丁寧な梱包になっています。それでは中身を取り出してみましょうね。

 

内容物

Wismec R80 内容物
■ 内容物
  • 1x R80
  • 1x WV-M 0.3Ω(装着済)
  • 1x WV01 0.8Ω
  • 1x 510アダプター
  • 1x USB-C Cable
  • 1x  取扱説明書(日本語記載有)
  • 1x ワランティカード
  • 2x ワーニングカード

製品詳細

R80 の外観

Wismec R80 外観:表

Wismec R80 外観:背面

 

前知識無しで取り出したらみんな同じ言葉を発するでしょう。「...でけぇ」です。

サイズは116.2x32x31.5mmなのだ。と言ってよくわからんよね。なのでポッドMOD代表選手のVINCIと並べてみる。

 

 

 

 

Wismec R80 VINCIと並べて

 

驚くほどの違いじゃないって?うん、そうねぇ...。

そこまでの違いではないかもしれないが、VINCIやRPM40に慣れてるとギョッとするサイズ感なのだ。

同じ18650バッテリー駆動のVINCI XやRPM80 Proよりも少し大きいサイズ感となっています。

 

R80 の各部分

Wismec R80 エアホール

 

エアホールはボディに直接空けられていて、Φ2くらいが5穴。それが2面にありますからエアーはかなりの量が通ることでしょう。

 

 

 

 

Wismec R80 ストラップホール

 

ストラップホールみたいなのがあるけど、バッテリー入れた実使用時の重さが約160gに達する事からも首から下げるのは厳しいのでは?ストラップも付属していないし。

 

 

 

 

Wismec R80 背面ロゴマーク

 

グラフィカルなテクスチャはVINCIを思い起す感があります。量子をモチーフとしているみたいけど、なんだかよくわからない...。

 

 

 

 

Wismec R80 テクスチャ部分の拡大

 

拡大すると粗いけど肉眼で見てる分にはキメ細かい印刷です。まぁなにせ派手ではあります。

 

 

 

 

Wismec R80 キャップのトップ

 

トップ部分にはキャップが装着されています。このキャップはR80本体と同じ質感ですが素材違い。

射出成型ぽいけど本体に似せたヘアラインと塗装で、被せてあっても違和感ゼロ。凄いクオリティ...。

実用面で見れば、ポーチに入れて持ち運ぶ際にはキャップがあると色々と汚れなくて良いですね。

 

 

 

 

Wismec R80 キャップを取り外したところ

 

キャップ内側の突起が吸い口内部にハマる事によりしっかりと固定されます。

 

 

 

 

Wismec R80 吸い口

 

吸い口は実にスリークなシェイプとなっており、R80の大柄なボディとの調和もとれています。

 

 

 

 

Wismec R80 吸い口は標準径

 

吸い口の外径13.5mm、内径8.3mmと大きめな造りとなっています。

 

 

 

 

Wismec R80 下部のバッテリーキャップ1

 

底面にはバッテリーキャップと充電用TYPE-Cポート。

表裏を気にせずに挿し込めるTYPE-Cポート採用は嬉しいところ。充電も最大2Aの高速充電に対応しています!ともあれバッテリーは取り外せるわけですから出番はあまりないかもしれませんね。

 

 

 

 

Wismec R80 下部のバッテリーキャップ2

 

取っ手を起こして回して取り外します。溝が掘ってあるのでコイン等での開閉も行えます。

ベントホールも空けてありますね。

 

 

ベントホールとは

 

バッテリーが限界を超えた放電要求により過負荷状態が続くとガスを吹きます。そのガスでMOD内が満たされると破裂して破壊される可能性があります。それをMOD外に効率よくガス抜きする為に空けられているのが通称「ベントホール」という排出口です。

 

 

Wismec R80 下部のバッテリーキャップ3

 

警告シールが貼ってあります。先に述べた通りですが定格25A以上のハイレートな18650バッテリーを使用しましょう。

 

 

 

 

Wismec R80 ボタン類の突出は控えめ

 

ボタン類の突出は控えめで浅い押し込みストロークですが、適切なレスポンスであり配置も適切なので操作しやすい印象です。

 

 

 

 

Wismec R80 カートリッジを取り外したところ

 

カートリッジを取り外しました。3箇所のマグネットにて吸着している構造でした。勿論カートリッジはどの向きであっても装着が可能となっています。

 

 

 

 

Wismec R80 本体側の接点部分

 

本体側はスプリング式の接点が生えています。

 

 

 

 

Wismec R80 カートリッジ下部

 

コイルヘッドをカートリッジ底に挿し込むタイプとなっています。

リキッド保持量は4mLとたっぷりと入る容量があります。

 

 

 

 

Wismec R80 大胆なエアフロー

 

R80本体のエアホールから入ったエアーはカートリッジ下部のマグネット足同士のがっぱり空いた空間から入り込みコイルへと取り込まれます。

 

 

 

 

Wismec R80 カートリッジからコイルヘッドを取り外したところ

 

コイルヘッドはOリングで装着されていました。引っ張ればスポッと引き抜けます。

 

 

 

 

Wismec R80 シリコンキャップをめくる

 

リキッドの補充はシリコンカバーをめくって行います。

シリコンカバーっていつか千切れちゃいます。予備も付属してませんし。カートリッジ自体はまだまだ使えても、このカバーが千切れてしまうともう使えなくなってしまいます。そして新しくカートリッジを購入せねばなりません。出来ればスクリューキャップ等の堅牢な構造を採用して欲しいと思うところです。

 

 

 

 

Wismec R80 同梱コイルヘッド2種

 

同梱されているコイルヘッドは2種類。WV-Mは0.3Ωと低抵抗、もう一つのWV01は0.8Ωはオイシイ抵抗値。

 

 

 

 

Wismec R80 メッシュコイルと一般的なスペースドコイル

 

WV-Mはメッシュコイル。間違いなく風味はこちらが上でしょう。WV01はよくある単線スペースドコイル。

 

 

 

 

Wismec R80 コイルヘッドにAFC搭載

 

R80のエアフローコントロールはこのコイルヘッド側で行います。

下部にあるリング状パーツを回転させてエアホールの開放度合いを調整し、風味の濃さやドロー(吸い心地)に変化を付けます。

 

 

 

 

Wismec R80 AFCの調整はやや不便

 

実際の使用時の調整は、本体からカートリッジを引き抜いて行う必要があって少し手間です。

 

510アダプター

Wismec R80 510アダプター装着

 

なんと言っても510スレッドアダプターが同梱されているのは大きなセールスポイントです。

前述のカートリッジを用いた運用は手軽ではありますが、やはりコストの面から不利でもあります。

同梱のコイルヘッドを使い終わったら、さて新しくコイルヘッドを買おうか?どうしようか?

...となるトコロですが、このアダプターがあれば手持ちのアトマイザーを用いた運用に移行出来ます。

 

 

 

 

Wismec R80 KRMA.GEN

 

R80が独特のフォルムを採用している事もあり、直径22mmのアトマイザーだと余白が広くてなんとなく気になるかもしれませんね。

 

 

 

 

Wismec R80 Kylin M RTA

 

直径26mmのアトマイザーでもオーバーハングせずに乗ってしまいます。

大きいアトマイザーでもどんとこい!だね。むしろ似合う。

 

 

 

 

Wismec R80 510アダプターの注意点

 

一つ注意点があります。既に何らかのアトマイザーをお持ちであればいいのですが、このR80をデビューとして買った場合にこのアダプターをうっかり装着してしまうと、な、何と取り外す術がありません!相当に苦労して外すハメになりますのでご注意を!

 

バッテリー装着

Wismec R80 18650バッテリーを装着

 

バッテリーは正極を奥に挿入です。

 

使い方と保護機能

Wismec R80 スクリーン表示

 

使用方法:

 


電源のオン/オフ:

バッテリーカバーのネジを外し、1つの高レート18650セルをバッテリー本体に入れます
パフボタンをすばやく5回連続して押して、 デバイスのオンとオフを切り替えます。


注意:
(1).使用する前に、 使用したカートリッジに合わせてワット数を適切な範囲に調整してください。
(2).安全のため、 破れたシェルのあるバッテリーを使用しないように注意してください。

 


アトマイザーへッドを浸す:

カートリッジを取り外してから、 アトマイザーヘッド部品を取り外します。 風味が落ちたらアトマイザーヘッドを交換できます。ヘッドに数滴のリキッドを滴下して浸します。アトマイザーヘッド部品をカートリッジに戻します。

 


電子液体充填:

カートリッジを取り外してからシリコンカバーを開きます。 大きな充填穴からリキッドをカートリッジに注入します(過剰充填しないでください)。シリコンカバーをしっかりと差し込み、 使用する前に10分程度コットンに馴染むのを待ちます。

 


エアフローの調整:

アトマイザーヘッドのエアフローコントロールリングを時計回りまたは反時計回りに回転させることによりエアフローを調整し、さまざまなベイピング体験ができます。

 


ベイピング:

リキッドが充填されたカートリッジをR80に適切に装着します。 パフボタンを押したらミストを吸い込み、放して吐き出します。

 

表示モードの切り替え:

シャットダウン状態で左右の調整ボタンを同時に押すと、 画面表示が180度回転します。この操作により2種類の角度から画面を表示できます。

※長押しです。

 


ワット数ロック/ロック解除:

デバイスの電源が入っているときに、2つの調整ボタンを同時に押します。これにより、ワット数の抵抗がロック/ロック解除されます。

※長押しです。

 

 

Wismec R80 スクリーンのカラーパターン

 

ディスプレイの色の変更:

デバイスの電源が入っているときにパフボタンを3回押して、画面の色を赤、黄、青の間で変更できます。

 


ワット数の調整:

調整ボタンを押すと、出力ワット数を1Wから80Wに調整できます。 (右は増やす、左は減らす)。

※1W刻みです。

 

 

 


故障の兆候と保護:

 


アトマイザーなしの警告:

デバイスがコイルを検出できない場合、OLED画面に「NO ATOMIZER」が表示されます。

 


アトマイザーの短絡保護:

アトマイザーの短絡が発生すると、OLED画面に 「ATOMIZER SHORT」が表示されます。

 


10秒以上の保護:

パフボタンを10秒以上押すと出力が遮断され、OLED画面に「OVER 10S」が表示されます。

 


低電圧保護:

バッテリーの電圧が3.3Vを下回ると、画面に 「WEAK BATTERY」が表示されます。その場合、バッテリーを充電してデバイスのロックを解除してください。

 

Wismec R80 スクリーン

 

TC(温度管理)等は搭載していないけれど、ボディの大きさや510アダプターの存在も考えると、もうテクニカルMODとの境界が曖昧になってきました。それだけ必要十分な機能や情報表示が成されています。

個人的には「電圧表示」が出来たら良かったなぁって思いました。

 

吸ってみる

Wismec R80 吸ってみる

 

0.8Ω

うんっとね...味の出ないポッドを「1」で味の出るドリッパーを「10」とする場合、「6」くらいですかね。濃さはそのくらいだけど、風味自体のバランスは良くない感じがします。あまり風味が豊かに感じませんね。

 

0.3Ω

こちらは「8」か「9」くらいの濃さ。濃さは凄まじく出てくれます。ミスト量も多すぎなくらい。

風味自体はどこか酸味が持ち上がる傾向にあるように感じます。これはこれで好きな人もいるでしょうが、シビアに見れば本来の風味からのバランス崩れが顕著です。この辺は出力調整にて変化する部分でもあるので、リキッドに応じて変更していけば良いバランスに近づける事も可能です。

 

0.8Ω、0.3Ωどちらのコイルヘッドを追加購入するべきかと言えば、迷わず0.3Ωをおススメしておきます。あえて薄めで吸いたいなら0.8Ωかな。まぁどっちも同梱されてるから使って好みのほうを選べばいいですね。

 


 

ドロー

エアホール全開はスッカスカ。閉じていけば重くはなるけど、ちょっとMTLに適した重さというかエアーの通り方ではない感覚。MTLって重くて抵抗感はあるんだけど、余計なガサつきというかノイズ的なものはいらない。

コイルヘッド的にDLに向いたエアフローだと思います。

 

まとめ

Wismec R80 外観:正面

 

■ 評価:R80

■ Good

  • 全体的に綺麗な仕立て
  • 510アダプター付属
  • 風味の濃さ・ミスト量は十分

■ Bad

  • ポッドとして見た場合はデカい

 

 

存分に詰め込んだらおっきくなっちゃった

 

これまでサードパーティー製に頼るしかなかった510アダプターが同梱されている。もう、それだけでいいじゃないですか。

ねぇ、多少大きかろうと存在感があるし握りやすいし良いじゃない。

そりゃあ、ちょっとポケットに入れるサイズ感じゃないし、胸ポケなんかに入れたらすっごく邪魔。でも無駄に大きいわけじゃないんだ。

 

 

 

Wismec R80 外観:斜め1 Wismec R80 外観:ななめ2

 

利用するかどうかは各自次第だけどTYPE-Cポートは嬉しいし、そもそも18650バッテリーってのは永く使うの前提だとしたら安心感がありますよね。まぁ内蔵バッテリー機も言うほど劣化速いわけじゃないんだけど。

この2要素が重要で、さらに言えばカラースクリーンもある事からボディが大きくなっていても納得してしまう。

 

R80はとても仕立てがいいですね。開封してまず思ったのは綺麗ってこと。R80は同社のReuleaux(ルーロー)の系譜というかシェイプを引き継いでいるとの事で、特徴的な曲線を見てなるほどねーって感じ。金属の質感を活かした塗装である事も満足感に繋がっていると思います。

 

 

 

 

Wismec R80 外観

 

大きさ以外に欠点ないな。大きさだって許容範囲だと思うし、そもそも仕様的にVINCIやRPM40と同サイズじゃ出せないし...てのもあるし、全然アリなんじゃないかな

 

一応、細かい気になった点を書いておく。

コイルヘッドがカートリッジ下部にプッシュインする構造でエアホールも最下部である事からも、競合機と同様に多少のリキッドの滲みは見られます。定期的に確認して拭いてやれば問題ないです。

無操作状態でスクリーンが消灯したあと、吸う前に一旦パフボタン押してスクリーン点灯してから吸うじゃない?その1プッシュ時点で加熱されちゃうの。ジュッ!って。このスクリーン復帰時のプッシュはスルーして欲しいかな。個人的には気にならないけどワッテージ調整が1W刻みってのも気になる人はいるかも。あと、電圧は表示して欲しい。そんなところかな。

とても完成度の高いデバイスという印象です。

 

なによりR80とバッテリーさえ買ってVAPEに慣れたら、そのままアトマイザーを買って沼に沈めるっていう道筋が完成するのが素晴らしい。

 

製品仕様

Wismec R80 製品仕様

 

■ 仕様:R80
  • タイプ|ポッド
  • 大きさ|116.2x32x31.5mm
  • 重さ|約111g
  • 材質|不明
  • ディスプレイ|0.96インチTFT
  • バッテリー|1x18650(ハイレート推奨)
  • 出力|最大80W
  • 最大充電電流|2A
  • リキッド保持量|4mL
  • 対応コイル|WV-M/WV01
  • カラーバリエーション|全5パターン
  • 製造国|中国
  • 価格|¥5,980-
  • 公式サイト|Wismec

ご購入はこちら

【WISMEC(ウィズメック)】R80 POD MOD Kit(アール80)
created by Rinker
WISMEC
¥5,980 2020/2/11 21:08:18
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ