Wismec のボトムフィーダーキット品になります。

今回も勿論 JayBoさんデザインによる洗練されたルックスに仕上がっていますよー。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元|VapeSourcing

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ&付属品

 

というわけで「LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA」になります。紙のスリーブ内にアクリル製ケースといったパッケージでした。

 

 

 

 内容物はこんな感じ

 

 

本体はあとでじっくり見ていくとして、隣の小さめな紙パケの中身を見ていきましょう。

 

 

 

内容物一覧
・LUXOTIC BF BOX
・Tobhino BF RDA
・スペアボトル
・スペアOリング
・スペアネジ
・ノーマルコンタクトピン
・810DT向けトップキャップ
・プリメイドコイル

ボトルの予備まで付属!

 

アトマイザーは通常のコンタクトピンも付属していますので、スコンカーのみならず通常のModにも使用可能。

 

 

 

 

プリメイドコイルは足の曲げも入っていて簡単に装着出来そう。3本のワイヤーを細いワイヤーで包んだモノで、抵抗値はかなり低そうな予感がします。

 

 

 

 

LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA 外観・仕様

LUXOTIC BF BOX
・サイズ:43.2×25.1×76.7mm
・重さ:124.6g
・リキッド保持量:7.5ml
・使用バッテリー:18650
・最大出力:100W
Tobino BF RDA
・径:22mm
・高さ:28.7mm
・重さ:18.9g
絶妙なサイズ感。そして汎用性もある25mm幅の本体。

 

 

 

 

LUXOTIC BF BOX 詳細

 

ハニカム柄のサイドカバーとなっています。

 

 

 

 

反対面には大きくロゴがはいっています。

 

 

 

 

そしてトップには JayBo のロゴが入っています。

 

 

 

 

スレッドは勿論510で、幅としては25mmのアトマイザーがフィットします。

 

 

 

 

パフボタンは適度な突出でカチッカチッと押しやすい押し心地。

 

 

 

 

押した際には本体内にLEDが入っているようで、隙間が僅かに光ります。

パフボタンの下にはオーバル状の凹みがありますが、これは飾りですね。

 

 

 

 

ボトルをプッシュする部分、周囲もなだらかな角度がつけられて開放されています。たまにエッジが立っている製品もありますが、ああいうのは指が痛い。

 

 

 

 

底もハニカム状に抜かれたカバーがつけられています。ボトルの脱着はこのカバーを外して行います。

 

 

 

 

取り付けは決まった向きでしか付かないようにオフセットした位置に爪があります。

 

 

 

 

スイッチ部はカバーされておりどうなっているのかわかりません。ヘックスローブ留めされているので...開けないでおきましょう。

 

 

 

 

リキッド吸い上げ部の構造的にはよくあるタイプではあります。

 

スペックに最大出力が100Wとありますので、何らかの制御チップが入っているとみられます。

 

 

 

 

小振りで質感も高く、実に素敵な外観を備えています。

 

 

 

 

Tobhino BF RDA 詳細

 

これまたショート丈でとても可愛らしいフォルムです。

 

 

 

 さっそくバラしてみる

 

 

バラすと5ピース構成でした。22mm径なのですが、下部に装着するデコレイティブリングにより25mm径相当になります。乗せるModにより着脱すればいいでしょうね。

 

 

 

 

初期装着は510となっています。PEI 製ですね。トップキャップは810向けも付属していますので、手持ちの810DTも使用することが可能です。親切ですねー。

 

 

 

 

チューブパーツには対面小径3穴づつエアホールが設けられています。

 

 

 

 

デッキはシングルコイル向け、小さく丈を抑えたなかで工夫が凝らしてあるデザインです。

ポストレスとなっていて、治具置きの切り欠きもあり、細いオーバルのエアホールがコイルを挟み込んでいる仕様。

 

 

 

 

底はこんな感じ。

 

 

 

 

Tobhino BF RDA ビルドしてみる

 

今回は付属のプリメイドコイルをそのまま使用してみます。

 

 

 

 

簡単。

しかしこのプリメイドコイル、抵抗値が0.17Ωと低すぎです。ふーむ。

 

 

 

 

熱を入れてからコットンを設置します。

 

 

 

 

エアホールを塞がないようにだけ気をつけます。

 

 

 

 

LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA で吸ってみる

 

さて、この瞬間が一番楽しみ。どのような風味を出してくれるのかっ!

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

うん、味は出る。

だけど、このコイルだとドライになりやすいですね。出力調整も出来ないからコットン量でなんとかするしかないんだろうけどね。

なんとも落ち着いて吸えないので、0.8Ω程度のコイルに置き換えました。

 

 

 

 

あらためて吸ってみます。

 

なんだか立ち上がりが少し遅い気もしますが、気のせいなのかもしれません。

味自体はちゃんと出てますねー。

 

ドローはかなりスカスカ、限界まで絞ってもそれなりに軽いですね。

 

 

 

 

まとめ

評価:LUXOTIC BF BOX with Tobhino BF RDA/10

 

  • 質感|良 ●ーー●ー●ー● 
  • ビルド| ●ーー●ー●ー● 
  • 風味の濃さ| ●ーー●ー● 
  • 解像感| ●ーー●ー● 
  • ドローレンジ|軽 ー●ー● 

 

◯ 味の良いシングル向け22mm径

◯ 外観・質感

▽ 出力調整不可

 

 

コレ、めっちゃオススメしたい。

良すぎな質感。同価格体の製品から飛び抜けてます。同社のメカチューブもレビューしてますが、Wismec、特にJayBoさんが絡んだ製品はとにかく仕上がりが良いですねー。

 

 

 

ご購入はこちら

とにかく安い!コードvscouponで更に値引き!価格はサイトにて確認して下さいね。

 

▼国内から買うなら▼

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ