言ってしまえば大きなポッドタイプ。

 

2018年はポッド型デバイスが大流行。Wismecからは小型の「MOTIV 2」も販売されていますが、今回レビューするのはバッテリー容量もリキッド保持量も大きなタイプ。

独自のJVUAシステムにより濃密・爆煙を実現。MTL/DLに対応したエアフローコントロールを備えた凝ったデバイスとなっています。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪
提供元:VapeSourcing
ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

例によってサンプル品ですので流通品との差異がある可能性があります。

 

 

 

 

それでは「HiFlask」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

 

  • HiFlask 本体
  • カートリッジ
  • JVUA*2
  • スペア|Oリング*2/シリコンカバー
  • USBケーブル(QC対応)
  • 取扱説明書(英)

 

取扱説明書に日本語での記載はありませんでした。

 

 

製品仕様

 

  • サイズ48.6*28.2*89mm
  • 重さ105.1g
  • バッテリー容量2,100mAh
  • リキッド保持量5.6ml
  • 最大出力40W
  • 最大充電電流2A
  • 出力モード定電圧
  • 対応コイルJVUA 0.35Ω

 

 

カラーバリエーション

 

引用元:Wismec公式

 

 

 

製品詳細

 

大きめのポッド型。充実のバッテリー容量とリキッド保持量。

反面、携帯性に優れた小型製品と比べると大袈裟な感じは受けちゃいますね。

 

正面にパフボタン、その下にバッテリー残量を示すインジケーター、充電用ポート。底にはベントも空いています。

 

 

 

 

本機最大の特徴としてはエアフローコントロールを搭載しているとこです。ポッドタイプとしては珍しいかも。

 

 

 

リキッドを補充する

 

 

矢印の方向にスイッチを引いてしてロックを解除します。

 

 

 

 

そうするとカートリッジを引き抜く事が出来ます。

 

 

 

 

カートリッジの材質はPETGでとても頑丈。

ドリップチップは510で交換可能。

 

 

 

 

ヘッドはセラミックボディに包まれた0.3Ωの低抵抗コイルがセットされています。

 

 

 

 

ジュースホールが控えめなサイズに見える。この低抵抗にコレで供給大丈夫だろうか。

 

 

 

 

カートリッジへ装着前にリキッドをふくませておきます。

 

 

 

 

カートリッジへ装着。グッと押し込めばOK。

 

 

 

 

そしてカートリッジ側面にあるシリコンキャップをズラしてリキッドを注入します。

 

 

コイルヘッド初回使用時はリキッド注入後10分程度は待ちましょう。

 

 

準備が出来たらパフボタンを5回プッシュして電源をOnしましょう。

 

 

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

最初から良い味。凄く濃いわけではないけど、小型ポッドタイプとは比較にならない濃さ。

スペックから言ってもこれくらい出るのは当然と言えるって感じ。

 

注目のエアフローコントロール。

全開では軽め。いわゆるスカスカまでは軽くない。目一杯絞ると、かなり肺活量を要求するくらいに重い。

 

うん、全開で吸うのがいいなぁ。

ちゃんとリキッドの風味は楽しめるし良い感じ。普段通り早めのピッチで吸っていでもドライにはならなかったですね。

 

 

 

まとめ

評価:HiFlask|8.5/10

 

  • 質感:綺麗標準荒い
  • ビルド:無評価
  • 風味の濃さ:濃厚濃いめ中間薄め薄い
  • 解像感:中間

 

 容量多い。

取扱いが簡単。

 

 

Wismec版「ATOPACK PENGUIN」です。

ほぼ構造は同じ。だけどヘッドパーツに互換性は無し。なので交換用カートリッジやコイルヘッドの入手性にとても不安がある。

 

 

 

 

出来はいいけど、手を出すにはちょっとリスクがあるかなぁ。

 

 

 

ご購入はこちら

送料込み¥4,300-

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ