VINCI Mod Pod by VOOPOO レビュー|サブ機として最高過ぎるポッドMOD

 

VOOPOOからリキッドボトルサイズのポッドMODが登場。

 

 

ポッドMODかぁ~...もはやココまで来たら「通常の小型MOD+クリアロでいいじゃん」って思うのだけど。

本音で言えば最初はそのような風に感じてた。

しかしながら触れていくと、そして使ってみると「あぁ、コレは新しく普及しそうなカテゴリーだな」と考えが変わってきましたよ。・・・っていうようなデバイスのレビューです。

 

リリースしたのはVOOPOO。

 

 

■ VOOPOOとは

 

2014年:設立。

2017年:Woody Vapeを買収しGENEチップを獲得。同年にパフ押下後コイル通電0.025秒の初代DRAGを発売。

2018年:DRAG 2とビルドインバッテリータイプのDRAG miniをリリース。

2019年:ポッドデバイスDRAG Nano Pod Kitを発売。

 

■ これまでレビューしたVOOPOO製品

 

 

 

VINCI Mod Pod

 

アトマイザーからMOD、ポッドデバイスまでリリースしているメーカーです。

2019年は数多くのメーカーがポッドデバイスを出していますが、今回レビューするVOOPOOのVINCIはMODポッドという括りの製品です。以下の特徴があります。

 

 

■ VINCI Mod Pod の特徴

 

  • 全10グラフィックのパターン
  • 0.96インチのカラースクリーン
  • GENE.AI搭載によりコイル損傷を防ぐ
  • 5.5mLのリキッド保持量
  • ボタンでも吸引でもベイピング可能
  • 累積パフを2週間保持可能
  • 0.3Ωと0.8ΩコイルによりリキッドとNic Saltに最適
  • 2種類のエアフローコントロール
  • 大容量な1,500mAhのバッテリーと急速充電に対応
  • 7つの保護機能

 

 

── 提供|VapeSourcing ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

VINCI Mod Pod パッケージ

 

てなわけで当ブログ初となるMODポッドVINCIのレビューといきます。

 

内容物

VINCI Mod Pod 内容物

 

■ 内容物一覧

 

  • VINCI MOD
  • VINCI Repracement Pod
  • PNP VM1(0.3Ω)
  • PNP R1(0.8Ω)
  • USB Cable
  • User Manual(英語表記)
  • Warranty Card
  • Chip Card

 

製品詳細

外観

VINCI Mod Pod スクリーン面

 

VINCI Mod Pod グラフィック面

 

VINCI Mod Pod 背面

 

VINCIの外観的特徴としてはスクエアフォルムであり、側面のハニカムグリッドの奥に見える鮮やかなパターン。

全10バリエーションのラインアップとなるパターンはどれも特徴的でありながら品の良さを感じるものばかり。

 

 

 

吸い口

VINCI Mod Pod 吸い口

 

咥えごたえのある大きな吸い口はアルトリコーダーを思わせるが、ボディとのバランスは悪くないし実際に咥えやすい。

 

 

 

充電用ポート

VINCI Mod Pod 充電用ポート

 

充電用ポートは底面にあった。ということは充電時は寝かせておく必要があるってわけだ。

1Aでの充電が可能となっています。

 

 

 

エアホール

VINCI Mod Pod エアホール

 

エアフローは後述するがエアインテークはここにある。そして両面に存在する事からエアー量は多そうだ。

 

 

 

テクスチャ

VINCI Mod Pod グラフィック部分は鮮やかで綺麗

 

特徴的なグラフィックはシールかフィルムだと思われるが、少なくとも肉眼で見ているぶんにはチープ感はまったく無い。

実際には艶やかな反射をともなっています。

 

 

 

操作ボタン

VINCI Mod Pod パフボタン

 

VINCI Mod Pod 調整ボタン

 

簡易なポッドデバイスというわけではなく、複数のメーカーから競合機がリリースされている「ポッドMOD」と区分される製品。

パフボタン・調整ボタン・スクリーンを搭載している事から、専用のポッドを用いる小型MODと思ってもらえればいいと思います。

 

 

スクリーン

VINCI Mod Pod スクリーンはカラーOLED

 

スクリーンはカラーOLEDで0.96インチととても視認性に優れています。

 

 

 

重さ

VINCI Mod Pod の重さ

 

内蔵バッテリーが1,500mAhというポッドデバイスとしては多めですから重量もそれなりです。実際の使用時にはコイルとリキッドが足されますから、もう少し重くなります。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod 持ちやすいシェイプ

 

小型ながら重みもあり、手にしていると高級感を感じるデバイスといった印象です。

 

 

 

コイルユニット

VINCI Mod Pod ポッド

 

エアフローの解説の前にコイルを見ていこうかな。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod 本体からポッドを取り外す

 

本体とポッドの接続はマグネット4カ所にて行われます。

ポッドにコイルヘッドをユーザーが装着するタイプの構造となっています。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod 2種のコイルヘッドが同梱

 

同梱のコイルユニットは2種。両方ともメッシュコイルとなっており、0.3Ωと0.8Ωと抵抗値が異なります。

公式によると0.8ΩのほうはNic Saltに向いているみたいです。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod コイルヘッドはメッシュ仕様

 

ジュースホールやトップ開口のサイズが大きく異なっていますね。

 

公式サイトによるとこの2種以外にも3種類のコイルの存在が確認出来ます。問題は流通なんだよなぁ。

 

 

 

VINCI Mod Pod ポッドの底からコイルヘッドを装着

 

ポッドへの装着は押し込むだけ。1本のOリングで保持されているだけの構造なので、少し不安はあるけど使用中に緩んだりはありませんね。

 

 

 

エアフロー

VINCI Mod Pod ポッドのエアホールは2段階のエアフロー対応

 

ポッドの吸気スリットは面により対称となった形状となっています。

半分が大きく開口しておりエアフロー(大)向け、狭い部分はポッド中央より少し伸びて空けられている部分が該当しエアフロー(小)向け。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod 本体への装着向きによりエアフローコントロールを行う

 

そして本体側のスリットは両面が「同じ側」に空けられています。

これによりポッドの装着向き180°変える事により「大」と「小」の2段階のエアフローコントロールが可能となっています。

 

 

 

VINCI Mod Pod ポッド底を伝いコイルヘッドのエアホールへ

 

そのままコイルユニットのエアホールまでエアーが流れる構造となっています。

 

 

 

リキッド補充

VINCI Mod Pod シリコンキャップをめくってフィルポートを露出

 

カバーをめくってフィルポートを露出させリキッドを注入します。ポッドのリキッド保持量は5.5mLととても大きい容量となっています。

 

 

 

 

VINCI Mod Pod 初回リキッド補充時は10分程度放置

 

初回使用時はコイルユニットのコットンへとリキッドが浸透するまで10分程度待ちましょう。

 

使い方と保護機能

VINCI Mod Pod スクリーンの表示

 

使い方:
 ステップ1.コイルの取り付け
 コイルを取り出し、コイルをポッドの下から挿入します。
 ステップ2.リキッドの充填
 カバーを引き出します。 その後、リキッド充填スロットから電子液体を補充します。
 3分の2をいっぱいに保つことをお勧めします。
 ステップ3.アトマイザーをインストールする
 リキッドが充填されたポッドをMODに挿入します。
 ステップ4.デバイスの使用を開始します
 約5分間放置した後、 デバイスを自由に使用できます。 ポッドを180°回転装着し最適な空気の流れを調整出来ます。
操作手順:
 1.オン/オフ:パフボタンを5回短く押します( 最初の使用時、クロックインターフェースの入力)
 2.モードの切り替え:パフボタン3回を短く押す
 ・手動モード
 ・自動モード (ボタンは不要です。吸引により点火が自動的に監視されます。)
 ・A&P ダブルイグニッションモード(ボタンを押すか、自動モードを採用します)
 3. PUFF clear:発射ボタンと「-」ボタンを同時に押します
 1日のパフの数はメインインターフェースに表示され、 翌日にゼロにリセットされます
 4. PUFFインターフェースに入ります:「+」および「-」ボタンを押します
 PUFFインターフェースを終了します:発射ボタンを押し続けます
 合計で最近14日間の吸引回数を記録します。特定の日の吸引回数を確認する「-」ボタン。
5.ロック/ロック解除「+」と「-」ボタンを同時に押します
 ロックされている場合、または電源を調整する場合、製品を起動することはできません。
6.クロックインターフェースを入力します:同時に「+」と「-」ボタンを押します
 クロックインターフェイス、パフボタンを短押ししてカーソルを変更、「+」「-」ボタンで時間を確定し、パフボタン長押しで保存して終了します。
保護機能:

オーバータイム保護
インテリジェントなオーバータイム保護はアトマイザーのコイルと綿の燃焼を回避します。

短絡保護
短絡が検出されるとMOD回路を防ぐことでバッテリーを保護します。

過充電保護
専用のリチウム電池保護付きコンポーネント、バッテリーの過充電と損傷に対してバッテリーが保護されます。

出力過電流保護
出力電流をインテリジェントに検出し、電流が最高限度を超えたときの出力電流閉じる。

過放電保護
専用のリチウム電池保護付きバッテリーの放電と危害に対してコンポーネント、バッテリーが保護されます。

最大電力保護
インテリジェントに電力を一致させ、電力を調整し、許可されていない上限を超えてコイルが焼損するのを防ぎます。

過熱保護
TCモードは、安全な温度範囲内で適切にMODとバッテリーの動作を保証します。

 

ベイピングは「P:パフボタン押す」、「AUTO:吸引による自動」、または「A&P:ボタンと吸引の両方」の3モードを切り替えが可能です。

 

また、装着コイルの抵抗値によってはワッテージ上限が自動的に制限されます。0.8Ωのコイルヘッドの場合は18Wまでしか上げられずエラー表示で警告されます。人によっては余計なお世話と感じるかもしれないけど、うっかりして焦がしちゃうリスクを強制回避してくれるので個人的には嬉しい。

 

初回起動時、時刻の入力を催促されます(時刻は後からでも修正可能)。

この入力は過去14日分のパフカウント機能の為のものですね。

 

吸ってみる

VINCI Mod Pod 吸い口のアップ

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

VINCI Mod Pod 0.8Ωのコイルヘッド ■ PnP-R1(抵抗値0.8Ω)

味の出ないポッドを「1」としてOrion Qを「7」味の出るドリッパーを「10」とする。PnP-R1は「4」ですね。

香りは強めに感じ、風味はボンヤリしていますが「甘み」だけはそれなりに出てくれます。多くの風味は損失していますが、ショボいポッドデバイスと比べると十分に濃さは感じられます。

VINCI Mod Pod 0.3Ωのコイルヘッド ■ PnP-VM1(抵抗値0.3Ω)

さすがに低抵抗なだけあり0.8Ωコイルと比べて断然風味豊かです。リキッドの風味損失はかなり少なく感じます。

味の出ないポッドを「1」としてOrion Qを「7」味の出るドリッパーを「10」とする。PnP-VM1は「7」ですね。

タンク容量から言ってもこちらのコイルを使うべきでしょうね。

 

ドロー 2種類のエアフローコントロールの違いは明確ですが、どちらにせよDL(ダイレクト・ラング)で吸う重さ。軽めなので一般的なポッドデバイスのようなタバコライクな吸いかたは出来ません。
備考 3パターンのベイピングスタイルをモード変更可能ですが、パフボタンで吸うぶんには違和感もなく扱いやすい。吸引による自動モードは、かなり強めの吸引をしなければ加熱が始まらないですね。

まとめ

VINCI Mod Pod 外観

 

■ 評価:VINCI Mod Pod

■ Good

 

  • サイズ
  • 質感
  • カラースクリーン
  • リキッド保持量
  • 出力制限機能
  • 0.3Ωコイルの風味

■ Bad

 

  • ドローが軽い
  • コイル部分からの滲みはある
  • 自動加熱はかなり強く吸わなければならない

 

 

すこぶる良い。かなり完成されている感があります。なんと言ってもこのサイズにカラースクリーンが搭載されている事によりグッと高級感が向上しています。使い勝手も非常に良く、低抵抗コイルであれば風味も十分に良いものです。GENEチップによりDRAG譲りの高速通電ですし。

 

 


最大の欠点としては、ドローが軽くしか吸えないトコロですね。高抵抗コイルを使う場合はもっと絞れないとエアー過多になって薄味になっちゃってますね。

 

 

その他少し気になったトコロは以下。

 

  • スクリーン内の電圧表示が機能しない。パフしても0Vのまま。
  • 本体とポッドの接点付近に少し貯まる程度のリキッド漏れ有り。

 

 

 

ポッドデバイスなのに爆煙系といった方向性となっています。

普及している簡易なポッドよりもう少しモノとしても風味としてもリッチなものを求めるなら適しています。

メインにガッツリとRBAを使っているなら性能差の少ないサブ機として十二分に役立ってくれそうです。

 

製品仕様

VINCI Mod Pod 寝かせた状態

 

■ 仕様:VINCI Mod Pod

  • タイプ|ポッド
  • 大きさ|25x27x104mm
  • 重さ|109g
  • 材質|Zinc Alloy / PCTG
  • バッテリー|内蔵1,500mAh
  • リキッド保持量|5.5mL
  • 出力|5-40W
  • 電圧|3.2-4.2V
  • 充電|5V / 1A
  • 対応抵抗値|0.1-3.0Ω
  • カラーバリエーション|全10パターン
  • 製造国|中国
  • 公式サイトVOOPOO

 

ご購入はこちら

 

クーポンコード:VFM 適用で10%オフ!

(フラッシュセール品やクリアランスアイテムには使用出来ません)

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ