メカニカルMODの紹介になります

正式名称は「FUFDA PRO MECH MOD -COPPER EDITION」です。

 

本記事はGearBestの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

スポンサードリンク

ざっくり特徴

  • ハイブリッド接続 
  • カッパー製 

 

 

パッケージ&付属品

ちゃんとしたケース入りですが、付属品は一切ありません。
シリカゲルが入っているのみ!です。

 

 

外観

一見18350サイズにも見える縦寸なのですが、径が太いだけで18650用です。

最も太い部分で28mm程度はあります。

 

 

スレッドは510でハイブリッド接続専用となっています。

フィットするアトマイザー径は24mmか25mmです。

 

 

スイッチ側は4方向エグッた形状となっています。

 

 

ボタンは僅かに中央部を凹ませてあります。

 

 

通常バラす範囲では4ピース構成。

 

 

このアウタースリーブが本製品に個性をもたらしています。
素材は、厚みの割に軽いのでアルミかな?

スリットが空いているので、そこから内側のスリーブが覗き、メリハリついたルックスとなっています。

 

 

完全カッパーのスリーブ。
ベントホールが数多く設けられていますね。

画像奥側になっちゃいましたが、アウタースリーブとの噛み合わせのためザグってあります。
なので黒いアウタースリーブだけがカラカラ回る、なんて事は起こらないのです。

 

 

装着後はこのようにベントホールが露出します。

アウタースリーブの質感はこの画像が一番実物に近いです。

 

 

スイッチについて

ストロークは"やや浅め"かな。

スプリングの反発力がかなり強い。
これは指の力がある人じゃないと厳しいかも。

 

 

コンタクト側はまぁ、いたって普通かな。

 

 

スイッチの動作に少し“ぎこちなさ”があったので、一応中を見てみました。

 

 

なにやら受けに対してスプリング径が小さい。

逆にスプリングに対して受けが大きいとも言えるけど...

これのせいでスプリングの伸縮時に変な遊びが付いちゃってる可能性があるな。
もう少しサイズ合わせた造りの方が良いんじゃないだろうか?

いかんともし難いが、そのまま組み直したら、ちょっとマシになったよ(?)

 

 

アトマイザー乗っけてみる

ハイブリッド接続なのでアトマイザーのコンタクトピンはしっかりと出ていないとショートして大変危険です。

必ずバッテリーの正極とコンタクトピンが接触する必要があります。
スレッド部分と接触した状態でパフボタンを押してしまうとショートしてバッテリーに高負荷が掛かり、サイアク爆発する恐れがあります。

 

 

まず本体にアトマイザーを装着してからバッテリーを挿入します。
バッテリーは正極側を奥に挿入。

 

 

そしてパフボタンパーツを回して取り付けます。
軽く本体を振り、中でバッテリーが遊んでいないか確認もしましょう。

 

 

使ってみた感想&まとめ

使用感と言っても毎度の事ながら、立ち上がり等々はメカニカルなのでセットアップ次第なところ...

前述通りボタンの押し込みが固いので、ちょっとシンドい。
暴発防ぐので良いとも言えるんだけど...バネレート違いを同梱してくれるといいんだけどねぇ。

重さは結構あるな。
小さいのに136gあるのでズッシリとしてると感じる。

昨今多い24mm径のアトマイザーを乗っけるならフィット感もいいんじゃないかな?
でも22mm径のショート丈なの乗せても案外いい感じ。

 

Shu
アウタースリーブのカラバリもラインアップされてますのでご検討を!

 

製品仕様

 

ご購入はこちら

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


MOD, Mechanicalの関連記事
  • ハイパワーBOX MOD「Wyvern 235」by LAISIMO
  • 25mmのセットアップなメカニカル「Tsunami Mech Kit」by Geek Vape
  • 20700デュアル「Genie PD270」by IJOY
  • 極小メカニカルMODの金字塔「Colibri」by AmerPoint

TwitterでShuをフォローしよう

  • RTA
  • RDA
  • RDTA
  • RDA
  • RDA
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • Technical
  • Technical
  • Technical
  • Starter Kit
  • RDTA