プルリキNEOのエナジードリンクとソーダを吸ってみた

 

開発と生産はMK Lab。

 

 

ベプログのオリジナルリキッド「プルリキ」に新しいシリーズが加わりました。

MK Labによる拘り抜かれたブレンドにより、旧来の価格優先なリキッドとは別モノに仕上がっているようです。この新しいシリーズ「プルリキNEO」は2種類のドリンク系リキッドで登場してきましたが、共に清涼感があるみたい。

 

 

── 提供|ベプログショップ ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

プルリキNEO 2種類のラベル部分拡大図

 

エナジードリンク・ソーダ
メーカー ベプログ
シリーズ プルリキNEO
PG/VG比率 非公開
清涼感
内容量 15mL
製造国 日本
参考価格 ¥1,080-

特徴

プルリキNEO 品質保持期限は2年間

 

販売店の説明

 

●ベプログオリジナルリキッド「プルリキ」の新たなシリーズが登場!

●国内老舗メーカー「MK Lab」による調香で、今までとは別次元のクオリティに仕上がりました

●大人気のエナドリ味は翼を授かりそうなパワーのある味わいに

●スッキリ爽やかなソーダ味は、まさにガリガリっとアイスをたべているかの爽快感!

●何度も調整を重ね、最適な清涼剤の分量になっています!

●TARLESS PLUSで1番美味しく吸える調合になっています!

 

 

プルリキNEOはポッドデバイスTARLESS PLUSに最適化されている

 

プルリキNEOは同社製TARLESS PLUS(ターレス・プラス)に最適化されているみたいですね。公式説明によれば、タバコカプセルの有無にかかわらず美味とのこと。

15mLという容量はポッド向けであると言えますが、今回はリビルダブルでも吸ってみて風味をしっかりと味わってみようと思います。

 

吸ってみる

TARLESS PLUS BOOSTカートリッジ0.6Ω
GOON RDA 22mm

これで吸ってみます
アトマイザー TARLESS PLUSGoon RDA 22
コイル BOOSTカートリッジ0.6Ω/Ni80クラプトンコイル0.6Ω
コットン Fiber N'Cotton

 

まずは「エナジードリンクをTARLESS PLUS(BOOSTカートリッジ0.6Ω)で吸ってみます。

うん、確かに例の風味を感じますが、初っ端に来る清涼感が強すぎますな。個人的にはDLで吸うのが喉にキツイくらいのヒンヤリ感。

再現...と言っていいか何とも言えないけど、あの味ってのは間違いない。かなり似てる。...ちと薄く感じます。

続いてドリッパー(0.6Ω)にて。

さすがドリッパー、こちらで吸うほうが甘みが増してウマイのですが...清涼感がポッドと違って損失せずにダイレクトに来るので冷えすぎてツライ...。う~~ん、そういう意味で言えばポッドで吸うのが適当なのかもしれない。ま、そこは人によるけどね。

 

続いて「ソーダ」を吸ってみます。棒アイスのヤツね。まずはTARLESS PLUSにて。

これまた知った味だ。食べた事の無い人はいないであろう某アイスに似てる爽やかなフレーバー。やはりこちらも控えめな風味に強めの清涼感。VAPE的にはもう少し甘みなんかは出てくれてもいいかと思う。だけど飽きづらいとも言える。

続いてドリッパーで吸ってみる。風味の輪郭がクッキリとして来たが、某アイスから少し遠ざかって芳香剤感が出てきてる。またしても清涼感が強すぎて人を選ぶ領域となってしまう。好みの問題だけどポッドで吸うほうが目指した風味に近いんだろうなって思う...というかそこに最適化しているでしょう。

 

ともにウマ風味だと言えるし、わりと万人向け感がある。ただし清涼感は中々に強いのでそこんとこ注意。容量から言ってもリビルダブル向けではないですね。

 

プルリキNEO のまとめ

 

  • どちらもポッド向け
  • どちらも清涼感は強め
  • 例の風味を擬似的に楽しみたい人向け

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ