「Galaxies MTL RDA」by Vapefly

 

トレンドとなっている MTL 向きなアトマイザー。

小量のエアーにミストを混ぜる。煙草のように重い吸い心地で愛好家も多い MTL ですが、これまでのアトマイザーではエアフロー調整機構を絞って行ってきました。

構造によっては絞り切れなかったわけですが、そもそも構造的に MTL に特化したドリッパーやタンクの登場が増えてきています。今回レビューする「Galaxies MTL RDA」は独自のエアフローコントロール機構を備えたドリッパーです。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・付属品

 

それでは「Galaxies MTL RDA」開けていきまーーす。

 

 

 

 内容物はこんな感じ

 

内容物一覧
・Galaxies MTL RDA
・BFピン
・[スペア] Oリング×4
・[スペア] イモネジ×8
・プリメイドコイル(Ni80:単線 / フューズドクラプトン)
・クロス
・工具×2
・取扱説明書

なかなかに備品が盛りだくさん。もはやBFピンって必ずといっていいほど同梱してますねー。

 

それでは順番に見ていきます。

 

 

 

 

BFピンは勿論のこと、独自のエアフロー構造を有するためイモネジが多数付属。これだけあれば安心だね。

 

 

 

 

Ni80製のフューズドクラプトンのプリメイドコイル。抵抗値低いかもしれないけど、足が長いので巻き数増やして使ってもいいよね。

 

 

 

こっちもNi80で普通の単線AWG26。

 

 

 

 

なぜかクロスまで付属しています。ご丁寧にありがとう。

 

 

 

外観・仕様

Galaxies MTL RDA
・直径:22mm
・高さ:32.4mm(コンタクト除く)
・重さ:26g
・サイドエアフロー
・シングルコイル向け

22mm径でPMMAのトップキャップパーツと絞られたドリップチップが印象的なシェイプとなっています。

 

トップキャップ側面には名の通り「銀河」を表す模様が彫られ、エアホールが片側3穴づつ空いています。沢山の穴が空いているように見えますが、実際は片側3穴のみ。

 

 

 

詳細

 

バラしてみると4ピース構成です。トップキャップとそれに被せるPMMA製のキャップ(むしろDTアダプタ的な存在)が分離されるのが特徴かと。

 

 

 

 

 

MTL 向けアトマイザーでは一般的な絞り込まれたドリップチップ。接続部は510ですので交換可能。

 

 

 

 

トップキャップ内部は徹底的に出口に向かって傾斜が付けられています。切削痕が凄く目立つ。

 

 

 

 

内部に見慣れない段差(画像左上辺り)が設けられています。トップキャップを回して突き当てる事により3穴位置、1穴位置の目安になるんです。要するに可動域がわかる。そしてコレのおかげでModから外す時にトップキャップが空回らないってのも良い。

 

 

 

 

デッキは両サイドにポストがあり中央にコイルを設置するタイプ。シングルコイル用で、イモネジが4箇所見えますが、デッキ中央側の向き合った2個はコイル固定用では無く、エアホールの開度調整用という独自な構造。イモネジを取り外す要領で緩めれば開放され、締めれば閉まります。

 

 

 

 

外部からのエアーの取り入れはトップキャップ側面に縦に3穴並んだΦ1.5、Φ1.2、Φ0.8を全部使うか減らして使うかの選択式。

 

 

 

 

すなわちΦ0.8のみ使用して、前述のイモネジによる開度調整で絞れば正に「激重」なドローを堪能出来る造りというわけです。これは考えられていますねー。

 

 

 

 

ウェルはそんなに深くなく、リキッド保持量はそんなに無さそう。BFピンも付属していますからスコンカーをお持ちなら組み合わせれば良いでしょうね。

 

 

 

 

コイル設置に便利な治具置きも設けられていて、位置決めはやりやすいでしょう。逆にコレがあるためコイルの高さを下げるってのはやりづらいかも。

 

 

 

 

コンタクトピンの出代はこんな感じ。ちゃんと出てますね。

 

 

 

ビルドしてみる

 

単線で組んでみました。やっぱり単線でどのくらいの風味を出してくれるのか知りたいですからね。

 

 

 

 

内径2.5mmのコイルで、設置高さはこのくらい。っていうか治具置きを利用した高さそのまま。

 

それにしてもワイヤーホール側面が開放されているこのタイプは、とにかく組みつけしやすくてコイルの型崩れも起こりにくいです。

 

 

 

 

抵抗値は0.6Ωとなりました。もうちょい高いほうがいいかもね。

 

さっそく吸ってみよう!

 

 

 

吸ってみる

 

さて、この瞬間が一番楽しみ。どのような風味を出してくれるのかっ!

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

重い!重い重い重い!ドローが激重だぞーー。そしてすっっっごく濃密な風味!こいつは凄いぜぇ。

 

さて、初っ端はイモネジのほうを絞りまくって使いましたが、まぁホント重くて凄く濃密です。

開放してみても重いんですけど、好みの重さに調整しやすいですね。軽くは出来ないけど。

 

 

 

 

イモネジでのエアフロー調整機構は新しいです。しかもちゃんと機能してる(当たり前だけど)。両側にあるからそれぞれ開度変えても使えますし。

 

 

 

まとめ

評価
オススメな点 ・独特なエアフロー構造

・超濃密風味

・激重ドローによる煙草吸い

イマイチな点 ・無し!

 

そもそも MTL 好きだったら文句無しでしょう。想像通り、期待に応えてくれましたね。

満点でも良いくらい個人的には好印象。しいて言えば別売の24mmトップキャップが同梱されてたら嬉しかったかな。

 

 

 

 

性能良くて安価。MTL 好きならマストバイ!これで高かったら別にあえてオススメしないけど、ちょいっと手を出せる価格だからね。

優れた製品が出たものだね。

 

 

 

ご購入はこちら

 

 

24mm径にするキャップ

 

 

スペアパーツ

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ