間違いだらけのVAPE用語集

 

まったくもってタメにならない用語集。

 

 

ココで得た知識でドヤッて恥かいても知りません。書いてる本人も薄い知識で書いたりしちゃってるもんだから間違っている可能性が大いにあるんだよなぁコレ。だけど内容自体が薄いからサラッと暇つぶしに読むのに適しています。ホントまともな用語解説はほとんどしていないので、読み終えたら内容は忘れて下さいな。むしろ忘れろ。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

はじめに

 

コレを書こうと思ったのは、VAPEってやたらと「用語」が溢れてて煩雑すぎると常々思っていたから。しかも一般的に他で使われる用語でもVAPE語に置き換わった意味になったりしてるので尚更にややこしい。そんな事もあって、そこんとこちょっと突いてみようかと思ったわけ。

 

辞典的なしっかりとした用語集は数多く他のサイトに存在してるので、ココではベイパー歴数年・ブロガー歴数年のひねくれた目線で書いてみました。

あと、順番もグチャグチャに書いてるので適当。

 

 

大きな範囲の用語

 

VAPE(ベイプ)

電子タバコの一種。2003年に中国人Hon Likにより開発された。当初は中国国内ではなく先進国で流行し構造を変えて今に至る。

VaperはVAPEを使ってる人、Vaporは蒸気を意味している。

 

MOD(モッド)

動力源であるバッテリーを包む箱、または筒。電子回路を持たないモノをメカニカルと呼び玄人ぶりたい層に好まれる。バッテリーとアトマイザーの間に何らかの電子部品が挟まるタイプをテクニカルと呼ぶ。単純に「本体」と呼ばれる事もある。

 

アトマイザー

噴霧器。VAPEにおけるアトマイザーは電気抵抗を持たせる為の容器。オーディオで言えば音質を決定付けるスピーカーのように、VAPEにおいてもっとも風味に支配的な最重要パーツ。主にSUSと絶縁材で構成され、内部空間や空気の入口・出口の位置や大きさといった要素の組み合わせを変える事により個性を出そうと各メーカーが工夫を凝らしている。リキッドをリザーブする形態により名称は細分化(RDA・RTA・RDTA等)されている。

 

クリアロマイザー

元々カートリッジ式(Cartomizer)であったアトマイザーから、ガラス等の透明なタンクを備えた構造に変更され内部が見通せる事に由来する。

現在ではコイルヘッド(ビルド済)を装着して使用するタイプ且つRDA等と同一のMOD接続方式を採用しているタンクアトマイザー全般を指す。

 

リキッド

主にPG・VG・香料で構成された液体。市場には数千種類の風味が販売されており、好みの風味にたどり着くのは極めて困難である。構成材料の入手は比較的簡易であり、自身でブレンドして好みに仕上げるのも楽しさの1つ。

 

ビルド関連の用語

 

コイル

アトマイザー内で抵抗を生み出す部分。コイルをアトマイザーのデッキに組み付ける事をビルドと呼ぶ。

 

コイルリード

コイル両端の直線部分。アトマイザーに固定する為に直線とする。単純に「足」や「レッグ」とも呼ばれる。

 

サブオーム

1.0Ω未満の抵抗値を呼ぶ。

 

ウィック

芯を意味し、ろうそく・ライター・アルコールランプの芯をイメージすればOK。VAPEにおいてコットンがその役割を担う事から等しい意味で呼ばれる。

 

ウィッキング

元来はウィック(芯)が液体を吸い上げる事を言う。VAPEにおいてはコイルにコットンを通す作業全般を呼ぶ。

 

アトマイザーの部位用語

 

ドリップチップ

アトマイザーの吸い口部分。マウスピースと同義。

 

トップキャップ

アトマイザーの上部カバー部分であり、RDAの場合はデッキを内包してチャンバーを構築する役目も持つ。

 

エアホール

主に空気の取り込み口、デッキ内での吹き出し口を指す。

 

デッキ

deck。ポストやジュースウェル、エアホールといった部位で構成されるアトマイザーの部位。

 

ポスト

アトマイザーデッキのコイルを固定する部分。単純にワイヤーホール、スクリューホールを指す場合もあれば、支柱まで含めた全体を呼ぶ場合もある。ポストレスは単純にワイヤーホールが垂直に空けられた構造を呼び本来意味的には通らないが浸透している。

基本的にはバッテリーと直通している側をポジティブポスト、ソレと分離されアトマイザー全体と繋がっている側をネガティブポストと呼ぶ。

 

ジュースウェル

アトマイザーデッキ内のリキッド溜り部分。またはデッキ外周も含めて指す場合がある。

 

フィルポート

主にタンク型アトマイザーのリキッド補充口。

 

ベース

アトマイザーの他パーツ群を支持し、MODとの接続をとるパーツ。

 

その他の用語

 

ハイエンド

マーケティング用語。

 

ハンドメイド

おそらくVAPE市場において純然たるハンドメイド製品というのは限りなく少ないであろう。曖昧な定義ながらNCの工作機を用いた時点でハンドメイドでは無いだろう。ウッドを手作業で削り出したようなMODであればハンドメイドと呼べるかも。なのでハイエンド同様「売り文句」に成り下がっており消費者は購入前に理解しておいたほうが良い。

 

中華マスプロ

なぜか中国製造品を揶揄する人が用いる言葉。「中華マスプロにしては〇〇」などと使われるが、一体どういった知識を基にそのような発言が出るのか?おそらく中国の金属加工技術の高さを知らない人が書いているのだろう。というか誰かがこういった言い回しを広めてしまったのであろう。

 

クローン

コピー品。クローンと呼称するのは褒め過ぎであり、実際には現物を手にせずに予測でコピーした程度のモノも多い。

 

TPD

Tobacco Products Directiveの略。EU加盟国におけるタバコ製品の機能改善を目的とした指令。別にVAPEだけをターゲットとしているわけではない。

 

ステンレススチール

SSと書かれ略される事が多いが、SS=鉄なので混同して表記され混乱を招いている。正しくはSUS。

 

ドロー

引く。引っ張り出す。VAPEにおいてはミスト吸引時の抵抗感を表現する際に用いる。ドローが重い、軽い等。

 

MTL

マウス・トゥ・ラング=口から肺。生成されたミストを口内に一旦貯めてから肺へ送る吸い方。いわゆる煙草と同じ吸い方。口内で貯めず一息で肺に送る吸い方をDL(ダイレクト・ラング)と呼ぶ。

 

BF

ボトム・フィード。ボトム・フィーダー。大容量のリキッドボトルを備えたMODや、ソレを使用する行為を呼ぶ。構造的にリキッド保持量が少なくならざるえないドリッパーの為に発案された。スコンク、スコンカーも同義。

 

KangerTech(カンガーテック)

かつてトップVAPEメーカーであった中国企業。いくつもの大ヒットプロダクトをリリースしたが現在では見る影もない。

 

エアフロー

アトマイザーにおける空気の入口から出口までの経路。またはその通過量を指す。

 

ガンク

gunk。汚れ。使用しているとコイルに蓄積してくるカス。除去せずに吸うと風味を阻害する。

 

スピットバック

直訳で「吐き出す」の意。パフした際にドリップチップからミスト化していないリキッドが飛び出る事象を呼ぶ。

 

おわりに

 

まったくもってタメにならなかったでしょう?何か今後も増えたら追記していこうかと思います。

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ