メッシュを使用出来る

Vandy VapeのMesh RDAのレビューです。製品名のとおりワイヤーをメッシュ状にしたものを過熱材として使用可能なデッキを持ち、通常のワイヤー形成コイルの使用も可能。

 

 

提供元:Sourcemore

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ&付属品

いつも通り青色を基調とした紙パッケージとなっています。

 

 

 

内容物一覧
・Mesh RDA
・Doc Tip
・510アダプター
・BFピン
・スペアネジ
・スペアOリング
・メッシュ(KA1/SS316L/Ni80)
・工具*2
・取扱説明書(日本語無し)

 

Mesh RDAの名の通りメッシュが素材違いで3種付属しています。

 

 

 

BFピンも付属しています。今はもう付属していないもののほうが少ないのでは?というくらいではありますね。安価なスコンカーも普及してきてるしBF環境は整えやすい。

 

 

 

Mesh RDA 外観

メッシュ状になった「M」が彫られたワンポイントがある以外はかなりシンプルな外観をしています。トップキャップ付近の形状が好み。

 

 

 

Mesh RDA 仕様

製品仕様

・高さ:25mm(DT/コンタクト除く)

・径: 24mm

・重量: 48g

・リキッド保持量:1ml

・サイドエアフロー

 

今回の提供品のカラーはBlueでした。

 

 

他にも多彩なカラーラインアップとなっていますね。

 

 

 

 

Mesh RDA 詳細

バラしてみると4ピースでした。

 

 

 

ドリップチップはPEI製とデルリン製が付属していますね。

 

 

 

さて、本製品の最大の特徴であるメッシュを扱えるデッキです。これぞ本当のポストレス。

 

 

 

コンタクトはこんな感じ。

 

 

 

この長いオーバルにメッシュを差し入れるのです。

 

 

 

開閉はサイドにあるマイナス頭のネジにて行います。

 

 

 

トップキャップを見てもわかるけど、エアーホールは1箇所での使用も可能。

 

 

 

メッシュでビルドしてみる

3種類付属してるけど、今回はカンタルを使用してみます。

 

 

 

寄りでみるとメッシュになっているのが見てとれます。メッシュは初の使用だし、まったくもって抵抗値とかどうなるのかわからない。

とりあえず使ってみます。

 

 

 

片側挿し込んでから気づいたけど、1枚そのまま使用すると長すぎてトップキャップに確実に当たる。

 

 

 

なので半分に切ってみました。これでどうだろうか。

 

 

 

奥までガッツリと入れたのだが。結果として、うん、なんか公式の画像よりかなり山が低い気もするけど、まぁいいか。

 

 

 

んで、これで抵抗値測ったら、良くない低さだったのね。なんか締め方とかマズイのかメッシュはそもそもそんなモノなのか。

 

 

 

やっぱり底まで差し込みすぎていたのか、という事で浅噛みにしてみた。山の見ためも公式っぽい。

 

 

 

ちゃんと造られたメッシュだからキチンと熱が通ります。

 

 

 

んで抵抗値は0.13Ωとやっぱり低い。こんなもんなのかな。少し不安も入り交じるけどウィッキングしてみます。

 

 

 

コットン量もまったくもって良くわからん。

 

 

 

しっかしウェルが浅いですねー。一応1mlのキャパらしいのですが。

 

 

 

炊いてみると、幅の広いメッシュ全体からリキッドが気化していく素晴らしい状態です。

 

 

 

Mesh RDA で吸ってみる

 

さて、吸ってみましょうか。

 

あくまでも筆者の主観によるものですので、一意見として捉えて下さい。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~

 

 

弩級の濃密ミストが吹き出てくるー

濃すぎてムせる。これはこうなのか。。

これが正解状態か?たっぷりとリキッドをふくませても3パフでドライになるくらい。こんなものなのか。

 

濃さやミストは多くとも、これは楽しむ以前の状態かと。

 

ふーーむ、何かやり方がおかしいのだろうか。しかし私にはこれ以上わからなかった。多分なのだけどコットン量が圧倒的に少ないのかもしれない。

もっとモッフモフに積めないといかんのだろう。

 

 

 

個人的にメッシュの使用感がイマイチだったのでクラプトンに変更して吸ってみました。

 

コレはかなりウマイ。

なんだかメッシュで楽しまないと本末転倒感のある製品だとは思うのだけど、普通のワイヤーのほうがアッサリと良い味だしましたね。

ただし、こちらの場合でもジュースウェルの浅さゆえにリキッドの補充頻度が高く、煩わしさを感じなくもありません。

 

コイルの固定方法の関係上、設置数の自由度は高いと思いますけど。メッシュを使用しないなら他のドリッパーで良いでしょうね。

 

 

 

まとめ

うーーん、メッシュってどうなのだろうか?少なくとも私には響かなかった。

もっとこう抵抗値が高くて、それでいてキメの細かいミストがフワァっと立ち上がる・・みたいなのだと嬉しいんだけど。

 

総合点
オススメな点 ・メッシュ材を扱える

・コイル設置自由度は高い

イマイチな点 ・リキッド保持量

 

提供元のSourcemoreにはアフター品としてメッシュ材も販売されています。それらで色々試してみるのも面白いのかも。

 

 

 

ご購入はこちら

Mesh RDA本体はこちら

 

メッシュ材の予備はこちら

 

 

 

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ