「Superfine MTL Fused Clapton Wire Ni80」by Vandy Vape

 

Ni80のヒューズドクラプトンワイヤーです。

 

今回レビューする「Superfine MTL Fused Clapton Wire」は Vandy Vape製のNi80(ニクロム)ワイヤー。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

Ni80ワイヤーです。ニクロム線のうちニッケル80、クロム20の配分のものがNi80と表記されています。一般的にVapeで最もポピュラーなカンタル線と比べて立ち上がりが速いという評判があり使用者が多くなってきているようです。

今回の製品は名前にMTLと入っているんですよね。ワイヤーでMTL向き不向きがあるのでしょうか。

 

 

 

製品仕様

 

  • 長さ10ft(約3m)
  • 線材Ni80
  • 構成30ga✕2+38ga

 

 

 

リールに巻かれています。端同士をかしめてあります。ほどく時に押さえておかないとバララララッと一気に緩んでしまうので注意が必要ですね。

 

 

 

製品詳細

 

細めな30ゲージ2本を軸に激細な38ゲージを巻いてあります。

 

 

 

ビルドしてみる

 

巻いてみました。使い心地第一印象としては、とにかく柔らかいですね。柔らかすぎです。

手巻きにしろ治具を使うにしろ柔らかすぎて扱いづらいという印象。綺麗に巻くのはなかなか困難でした。どうにもフニャフニャしちゃうんですよねぇ。

 

 

 

まとめ

 

さて、綺麗に巻くのは難しかったが味はどうか?

 

うーーーん、フツーー。特別なにか変わった印象もなくクラプトンワイヤーで組んだコイルって感じ。MTL特化とかわからん。

悪いわけはなく、良い味で楽しめます。ですがMTLがどうのってのは疑問がありますな。

 

立ち上がりは比較的重いです。同仕様のカンタル線とかよりは速いんだろうけど、単純にクラプトンで組んだコイルの重さです。

 

 

味の良さに寄与しているのだろうけど、予想外に柔らかくて扱いづらい印象が残りました。追記しました。

 

 

2018年7月29日追記

 

 

柔らかくて巻きづらい・・・と思っていましたが。

私のガタガタな巻きを見かねて(?)コメントにてコツを教えてもらいましたので追記しときます。詳しくはコメント欄見て貰えれば的確に書いて頂いてますが、一応書いておくと。

 

  • 一周巻くごとにワイヤーの平らな面が治具に接するように補正する

 

これを意識して巻くといとも簡単に!

(画像だとクッキリ見えますが、実際は0.5mmくらいの世界なので・・・結構見づらいですけどね)

 

 

 

当初巻きづらいと感じた理由がわかりました。楕円状のワイヤーの長辺が縦になったり横になったりで隣接ワイヤーと綺麗に並ばなかったからでした。

教えて頂いたとおり、一周ごとにしっかりと意識して巻くと、以前の“変に柔らかい”といった感じも無く簡単に巻くことが出来ました。

 

そして吸った感じも変わりましたね。明らかにミストのキメが細かくなりました。きちんとコットンに接した為ですねぇ。シルキーー。まぁ、これがMTL向きとかはわからない。

 

 

という事で“扱いづらい”という感想は訂正させて頂きます。しっかりと理解して用いれば使いやすい、です。

super-masaさん、コメントで教えて頂きありがとうございました!

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ