ボトムエアフローの噴射角を調整可能なシングルコイル用RTA。

 

 

Vandy VapeのRevolver RTAは、回転式のエアホールにて噴射角を調整可能なシングルコイル専用のリビルダブルタンクアトマイザーです。

Revolver RTA パッケージ Revolver RTA パッケージ

 

弾丸型に切り抜かれた窓のあるパッケージがコンセプチュアルでわかりやすい。なんたってリボルバーだからね。

 

 

 

 

Revolver RTA パッケージ

 

このようにクッションに収められた本体と薄めの紙箱が入ってた。

それではRevolver RTA開けていきまーーす!

 

内容物

Revolver RTA 内容物

 

内容物一覧

 

  • Revolver RTA
  • ガラスチューブ(5mL)
  • ドリップチップ
  • 510DTアダプター
  • スペア:Oリング / ポスト用ネジ
  • 工具x2
  • プリメイドコイル
  • 取扱説明書

 

Revolver RTA 内容物

Revolver RTA 内容物

 

製品仕様

Revolver RTA

 

■ Revolver RTA スペック

 

  • 大きさ|Φ25x51.5mm
  • 重さ|60g
  • 材質|SUS / Glass / 他
  • エアフロー|ボトム
  • コイル数|シングル
  • リキッド保持量|3mL / 5mL
  • ドリップチップ|810
  • コンタクト|510
  • BF対応|不可
  • カラーバリエーション|全4
  • 製造国|中国

 

製品詳細

Revolver RTA

 

RTAとしてオーソドックスなシェイプとなっていますね。外径25mmですがガラスタンク径は24.4mmとなっており置いても直接は接しません。これにより多少は割ってしまうリスクが軽減されるかも。

 

細かな部分もVandy Vapeらしさは薄いかなぁって思う。普段何かしら個性的な部分があるような気がしてますが、Revolver RTAに関しては外観にらしさは控えめです。

 

今回ブラックカラーですがマット(つや消し)な黒色。他にも触れた事がありますがVandy Vapeのマットブラックはかなり好みです。

 

 

 

 

Revolver RTA

 

リキッド保持量拡大のバブルガラスは28mmとなっています。

5mL保持出来るので私だったら普段使いはこちらになりますね。

 

 

 

 

Revolver RTA

 

置いた場合はこちらだとガラス面が触れますので取扱いに多少は気を使うことになるかな。

 

 

 

 

Revolver RTA

 

吸気は下部にあるAFCリング部オーバルから。これが2箇所あります。

 

 

 

 

Revolver RTA 全パーツ

 

バラすと5ピースでした。ガラスチューブ2種、ドリップチップ2種から選択するという構成。

 

 

 

 

Revolver RTA ドリップチップ

 

2種あるドリップチップはともに810。

 

 

 

 

Revolver RTA トップキャップ

 

トップキャップは回す際に滑りにくい形状がとられています。

 

 

 

 

Revolver RTA フィルポート Revolver RTA チャンバー

 

フィルポートとチャンバーは一体構造。特段変わった部分はありませんね。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

個性あるのがデッキ。片側にポストが設置されたシングルコイル用ですが、ボトムからのエアホールが見ての通り特徴的。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

この位置にエアホールパーツをリボルバーのように回転させる為のマイナス刻みがあります。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキRevolver RTA デッキ

 

回転させてエアホール形状を切り替えて使用出来るわけです。

それぞれエアーが放射される範囲が違っていて、主にコイルサイズによって切り替えればいいんじゃないですかね。

 

ただ・・・この切替えが手間ではありますね。チャンバー&ガラスチューブで閉じられた中に切り替え部があるので、組んだ後でリキッドがタンクにある状態だと逆さにしてソッとデッキを取り出して行う必要があるんですよねぇ。

 

 

ビルドしてみる

Revolver RTA デッキ

 

今回は同梱のプリメイドコイルを使用せずに組みました。カンタルA1マイクロコイルで抵抗値0.78Ωとなりました。本来はもっと大きなコイルを使用することを想定しているアトマイザーだとは思いますけど。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

RTAでいつも迷うのはコットン量。多くしようか少なめがいいか。今回は少なめにしました。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

ジュースホールがそこまで大きくなかったので削いで少なめにした次第です。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

ほどよい感じ。

 

 

 

 

Revolver RTA デッキ

 

チャンバーを閉じる前にコットンにはリキッドをふくませておきましょう。

 

 

 

 

Revolver RTA

 

リキッド補充はフィルポートから行います。

 

 

MODに乗せてみる

Revolver RTA Revolver RTA Revolver RTA Revolver RTA

 

まぁ特に個性があるわけでもないシェイプですから無難に似合うといったところかな。色がこのマットブラックだから合わせやすいなぁとは思いますね。

 

 

吸ってみる

Revolver RTA

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

それではシングルコイル抵抗値0.78Ωで吸ってみます!

 

うん、基本的にDLなエアー流量多めですけど風味自体は濃く出てくれます。単線でこの抵抗値でこれくらい出してくれるなら良いんじゃないかな。

逆にエアフロー絞っても軽いままで、絞って濃密感を楽しみたい向きには合わないですね。

 

最初まったく味が出なくてアレ?ってなりましたが、コットンに上手く馴染んでなかったのか、吸っている内に濃くなってきました。普段このような事はあまりないので変だなぁと思いましたがハッキリとした理由はわかりません。

 

 

 

 

肝心の回転式エアホールですが・・・変えても明確にわかるほどの違いにはなりませんね。

そもそも入り口のオーバルも大きいし、回転式のエアホールもどれも通りの良い穴径・穴数となっているので、変化に乏しいんですよね。

 

 

まとめ

Revolver RTA

Vandy Vape Revolver RTA

7/10

 

■ Revolver RTA のココがイケてる

 

  • 組みやすいデッキ
  • 風味良好

 

■ Revolver RTA のココがイマイチ

 

  • 回転式エアホールの効果薄
  • 回転式エアホールの切り替えが手間

 

 

風味自体はちゃんと味わえますけど、もはやそこに拘るならRevolver RTAじゃなくてもいいでしょうね。

 

まず外観に個性が乏しい。せっかくリボルバーをモチーフにするなら何かもう少し「クセ」があってもいいかなと。

そして肝心の回転式エアホールの切り替えが面倒い・・・タンクアトマイザーであるからデッキへのアクセスが手間なのは仕方ないですけど、そこがウリなら何かアイデアが欲しかったところ。それが難しいならせめてエアホール径はもう少し違いがわかる形状として欲しかった。そしてエアホールがデカい弊害としてリキッドの滲みも少し多めになりやすい。

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ