Phobia V2 RDA by Vandy Vape|爆煙ドリッパーフォビアレビュー

 

単に見ためが好みだから買ってあったのだった。

 

 

憶えてなかったんだけどV1もレビューしてた。まったく使ってないから忘れてた...。んで、今回レビューするのはかなり前に購入してたんだけどガチで放置してて、片付けしてたらポロッと出てきたから今更なタイミングなのは許してね。というわけでVandy Vapeの爆煙タイプのドリッパーPhobia RDAのV2の特徴から見ていこう。

 

 

 

Phobia V2 RDAの特徴

 

  • 2018年リリース
  • 直径24mm
  • ポストレス(ポールレス)デッキ
  • シングルコイル/デュアルコイル両対応
  • サイドエアフロー
  • 深いジュースウェル

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Phobia V2 RDA パッケージ

 

先代同様にAlex from VapersMDとのコラボレーションとの事ですね。Phobia=恐怖症って意味らしい。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA パッケージ開いたところ

 

ドリップチップは3種類あるみたい。コイルリードガイド(コイル足の長さ決め)も付属していますね。それでは中身取り出してみましょう。

 

内容物

Phobia V2 RDA 内容物

 

内容物一覧
本体 Phobia V2 RDA
ドリップチップ 3種類(810)
付属品 510ドリップチップアダプター
BFピン
コイルリードガイド
プリメイドコイル(Ni80)
スペア イモネジ
Oリング
工具 ドライバー(プラス/マイナス)
六角レンチ
取扱説明書 日本語記載無し

製品詳細

Phobia V2 RDA の外観

Phobia V2 RDA 外観1

 

色はマットブラックをチョイスしています。大きさとしては直径24mm、全長はドリップチップの先からコンタクトピンの先まで37.2mmとなっています。ドリッパーとしては丈のあるタイプとなっています。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 外観2

 

エアーインテーク(吸気)はオーバル3本が対面に空けられています。とても大きな吸気穴です。ドローはスカスカなDL(ダイレクト・ラング=直肺吸い)となるでしょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 外観3

 

初期装着のドリップチップはデルリン製で大口径。接続は810サイズで外径19mmとデカイ。当然ながら内径も9.4mmと大きめですな。

まさに爆煙向けって感じでとにかくデカイ。といった印象です。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 外観4

 

コンタクトピンはVandy Vapeお得意の負極が絶縁材でカバーされた安全志向な構造。メカニカルMODのハイブリッド接続において短絡リスクが低減されます。

絶縁材からの突出量は0.7mmとなっており、アトマイザー底面からピン先端までは4.9mmとなります。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 外観5

 

底面はこのような感じです。

 

Phobia V2 RDA の詳細

Phobia V2 RDA 大きなエアホール

 

キャップを回せばエアフローコントロール可能です。ただし両端のオーバル1本のみ開放ってのが出来ないんですよね。遮蔽外となって開いていけないとこが開きます。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ドリップチップはギアっぽい

 

このギアみたいな凸がカッコエエなぁ。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ドリップチップを取り外した画像

 

スポッと引き抜いてみました。なるほど凸はこのように形成されておるのか。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 同梱ドリップチップは3種類

 

贅沢に3種類。Vandy Vapeって特に同梱物の多いメーカーだと思いますね。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ドリップチップ接続側

 

いづれも810接続となっています。どれも接続部は同形状ですね。それぞれ付け替えてみましょうか。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA フロストタイプのドリップチップ

 

白い半透明なタイプの外径は18mm、内径9.9mmとこれまた大きい。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA PEI製ドリップチップ

 

PEI製のやつはすっごくローハイト。外径21.8mmで内径9.3mm。これは咥えるというより唇を押し付ける感じになりますね。

いづれのタイプも大口径なのでそのままドリップ可能となっています。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 510ドリップチップアダプター

 

さらに510ドリップチップアダプターも付属していますから、お好みで手持ちの510ドリップチップも使用可能となっています。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA トップキャップ内部

 

トップキャップ内部、チャンバー天井はフラットな造形となっています。大きな810の口径なのでミスト排出に問題はないでしょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ディープなジュースウェル

 

トップキャップを外した状態ですが、エアホールのある遮蔽パーツの下までがリキッド保持可能な位置となり、かなり深い造りなのが見てとれます。リキッド保持量としては1mLとの事です。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA デッキとは噛み合わせによる装着

 

デッキから遮蔽パーツを取り外しました。この2パーツに関しては凸凹での噛み合わせで位置決めされます。ビルドしたコイルに対してエアホールからのエアーを当てられるようにする為です。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA デッキを真上から見た画像

 

デッキを真上から。広々としたジュースウェルが見てとれます。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ポールレスデッキ

 

垂直にコイルリードを差し込むポールレス(所謂ポストレス)タイプのデッキとなっています。

デュアルコイルでもシングルコイルでも組めます。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ポストのイモネジ

 

固定ネジの頭は六角ですが同梱された4つはプラス頭になっていますので、お好みで付け替えてもよいでしょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA コンタクトピンは2ピース構造

 

コンタクトピンは2ピース構造となっています。なので出代調整は可能です。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA BFピン装着状態

 

BFピンも付属していますから一旦付け替えてみます。こちらは2ピースになっていない1本ものです。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA BF吐出口

 

デッキ内での吐出口はこのようにカバーされた位置にあります。両サイドのコットン設置位置に流れるように配慮されています。

 

ビルドしてみる

Phobia V2 RDA ビルドしてみる

 

同梱されているプリメイドコイルを用います。ポールレスで非貫通なポストなのでコイルリード長を適切に決めなければいけません。長すぎる分には都度切断すれば良いだけですが、短くカットしてしまうと使えなくなる恐れがあります。

そこで便利なのが同梱されているコイルリードガイド。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA コイルリードガイドを使用する

 

8mmの位置にシールが貼ってあったのでココが最適のようです。コイルを挿し込んで...。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA ツールにて適切なリード長に調整

 

反対面から飛び出します。ズレないように指で押さえて固定しましょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 飛び出した分を切断

 

そうしたら飛び出した分が余剰という事なのでパツッとカットしてしまいましょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA 付属のコイルは低抵抗

 

ネジを緩めた隙間に挿し込みます。底に突き当たる位置まで挿し込むよう意識しましょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA しっかりとイモネジを締めこむ

 

ネジを締めこんで固定します。デュアルコイルで組む場合は手前と奥にコイルを設置する事となります。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA コイルの高さ参考図

 

高さはこのくらいとなりました。もう少し上下にシフトしてみても面白いかもしれません。その場合はコイルリードガイドを用いて±1mmの位置から調整していきましょう。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA コットン量は多め

 

コイルも大きくて低抵抗なのでコットン量も相応に多くてよいでしょう。少ないとすぐにカラカラに乾いてしまいます。

ちなみにこのプリメイドコイルの抵抗値は0.29Ωくらいとなりました。かなり低抵抗なのでデュアルバッテリーMODで放電能力にゆとりのある構成で使用しましょう。

 

MODとの組み合わせ

Phobia V2 RDA DRAG2

Phobia V2 RDA Arcless 21700

 

直径24mmなのでそこそこ大きめのMODに似合う感じかな。Vandy Vapeのマットブラックは合わせやすい「黒」ですね。

 

 

 

 

Phobia V2 RDA Easy Side Box MOD

 

きっちりと直径24mmなのでEasyにも装着可能ですね。ドリッパーとしては丈もあるからドリップチップさえ適切なのを選べば組み合わせられます。エアーの吸気的な事は知らんけど問題ないだろう。

 

吸ってみる

Phobia V2 RDAで吸ってみる

 

 風味生成 

ガッツリと濃い風味で生成してくれますねー。シングルコイルでも強烈に濃いわ。このプリメイドコイルでデュアルコイルとか、まったくやる気になりませんね。ここまでクドいとツライものがあるので単線で組んだほうが好みかな。

 

 ドロー 

もはやエアホールとは!?ってくらい軽い。スッカスカ過ぎる。全開だろうが絞ろうが違いがわからないくらい軽い。もう少し重くとは言わなくとも少しの抵抗感くらいは欲しいものである。

まとめ

Phobia V2 RDA まとめ

 

爆煙好きな人専用

 

低抵抗コイルに高ワッテージでモックモクで真っ白な世界へ行きたい人にはハマるかも。間違っても重いドローを好む人や高抵抗なビルドをしたい人には向かない。

深いジュースウェルのおかげでドリップ頻度は極端に短くないけど、抵抗値次第なところでしょうねぇ。BF運用するのがラクなのは確実。

 

 

製品仕様

Phobia V2 RDA 製品仕様

 

Phobia V2 RDA 仕様
タイプ RDA
直径 24mm
高さ 37.2mm
重さ 46g
材質 SUS/Peek
エアフロー サイド⇒サイド
ドリップチップ 810
コンタクト 510
カラーバリエーション 全4色
製造国 中国

ご購入はこちら

国内の取り扱いは無くなったみたいです。

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ