Kylin V2 RTA by Vandy Vape レビュー|シングルコイル対応の爆煙タンクアトマイザー

 

Vandy Vapeの爆煙なほうのタンクアトマイザー。

 

 

Vandy Vapeの多様なアトマイザーラインアップの中では、Berserkerシリーズの対極的なポジションに位置する爆煙向けなシリーズであるKylin(キリン)のV2のレビューとなります。

 

 

── 提供|VapeSourcing ──

 

 

ー スポンサーリンク ー

特徴

Kylin V2 RTA パッケージ

 

2016年に設立されたVandy Vapeは深センの電子タバコ業界を革新しています。手頃な価格を維持しながら、優れた性能、風味、そして高品質なVAPE製品を製造し続け世界中で販売されています。

私の知る限り、ここ数年で特に大きくなったVAPEメーカー数社の1つかと思います。

 

 

レビューしたVandy Vape製品リンク

 

 

当ブログでは初のレビューとなるKylinシリーズですが、今回のV2で3種類目のKylinとなっているようです。

そんなKylin V2 RTAの特徴とは...。

 

 

Kylin V2 RTAの特徴
  • 吸気・排気ともに強烈なエアフロー
  • シングル・デュアルコイル両対応のデッキ
  • イージーフィル構造

 

それではパッケージのほうから見て行きましょう!

 

パッケージ

Kylin V2 RTA パッケージ

 

Kylinは麒麟(きりん)という事で、中国神話上の霊獣とのこと。

んで、霊獣とはなんぞや?という事で調べると。

古代中国では良い事の前触れとして現れる動物を瑞獣と呼び、その瑞獣は動物を大きく4つに分けてそれぞれの長を4つの霊獣としたそうだ。竜や九尾の狐のようなのが霊獣で、麒麟もその同じ並びにいるんだって。獣類のトップとして考えられていたのが麒麟とのことだ。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA パッケージ

 

実在の動物であるキリンより先から中国にあった神話としての麒麟。そんな神話の麒麟に似ていた事から現在のキリンと名付けられたという説があるようです。そんでそれが日本に伝来したと。ザックリ言ってそんな背景。

 

パッケージには神話のイメージとしての麒麟が描かれているというわけです。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA パッケージ

 

じゃあ雑学はこの辺にして、いよいよ開けていきましょう!

 

内容物

Kylin V2 RTA 内容物

 

■ 内容物一覧

 

  • Kylin V2 RTA
  • ガラスチューブ(ストレート)
  • ドリップチップ
  • 510ドリップチップアダプター
  • プリメイドコイル
  • スペア|ネジ / Oリング
  • ツール|六角レンチ / コイルリードガイド
  • 取扱説明書(日本語記載無)

 

製品外観

Kylin V2 RTA 外観

 

開封時点はバブルタイプのガラスチューブが装着されています。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA 吸い口

 

大口径810ドリップチップを装着。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA エアホール

 

大きな吸気口が対面に2カ所あります。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA 底

 

コンタクトは負極部が絶縁材でカバーされているVandy Vapeお得意の構造。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA フィルポート

 

大きなポイントとして、トップキャップをスライドしてフィルポートにアクセス可能な構造を採用しています。

リキッド補充の際に外したキャップの置き場を確保する必要がないので便利です。

 

製品仕様

Kylin V2 RTA バブルタイプとストレートのガラスチューブ

 

■ 仕様

 

  • タイプ|RTA
  • 大きさ|φ26x50mm
  • 重さ|60g
  • 材質|SUS304 / Resin / Derlin / Glass / PEEK
  • リキッド保持量|3mL / 5mL
  • エアフロー|ボトム
  • コイル数|シングル or デュアル
  • ドリップチップ|810
  • コンタクト|510
  • BF対応|否
  • カラーバリエーション|全7色
  • 製造国|中国
  • 公式サイト|Vandy Vape

 

MODに乗せてみる

Kylin V2 RTA iStick Pico S DRAG 2

 

外径φ26mm、ベース部分はφ24mm、バブルガラスはφ30mmといった寸法となっています。

物理的に乗せられるかどうかといった制限もありますし、バランス的にも大きなMODに似合うと言えますね。

 

 

 

Kylin V2 RTA HIVE 200

 

ビルド次第ではありますが、エアホールや外径から見る限りは低抵抗なセットアップとなるでしょうから、デュアルバッテリー機で使用することとなりそうですね。

 

 

 

Kylin V2 RTA ULTEX T80

 

シングルバッテリー機で使用するならば抵抗値を意識しましょう。

大きなエアホールやドリップチップ、言ってしまえば高抵抗運用向きなアトマイザーではないといった印象です。

 

製品詳細

Kylin V2 RTA ドリップチップ

 

ドリップチップは810が2種同梱。マーブルなResin製(外径φ17.8、内径φ10)と、Derlin(外径φ20、内径φ10)を選択可能。

さらに510アダプターも同梱されていますので好きなものが使えます。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA チャンバー内部

 

内部を見ると出口径は意外と狭い。傾斜が付いた天井によりスムースに排出されるでしょう。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA デッキ

 

エアホールがゴツイ。中央ラウンド8穴と挟むように大きなオーバルが3穴づつ。

真下からと斜め下からコイルに吹き付けることになります。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA デッキ

 

ワイヤーホールは斜めに空けられています。よってイモネジも斜めから留める事となります。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA エアホール

 

些細な事だが、ちょっと汚い仕上がりとなっています。コレ薄いプレートだから欠けやすいんだろうね。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA コンタクトピンの出代

 

ピンの出代は絶縁材から0.5mmあります。この絶縁材の存在がメカニカルMODのハイブリッド接続で使用する際に一定の安心感を与えてくれます。

 

ビルドしてみる

Kylin V2 RTA ビルド

 

なぜか同梱のプリメイドコイルを使わずビルドしていきます。3コアの幅広いヤツ使ってみます。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA コイルリードガイドにてレングスを決定

 

同梱の便利なツール、コイルリードガイドを使用してレングスの目安とします。5mmの位置に矢印があるのでそれが推奨でしょう。

今回はシングルコイルにするので少し長めに7mmとしました⇒組みつけたらコイル位置が高かったので結局5mmにしました。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA 大きなコイルが合うデッキ

 

シングルコイルで組む場合、単線だとどうだろうなぁ...ってくらいスペースのあるデッキです。単線ならデュアルコイルかな。

 

 

 

Kylin V2 RTA ビルド

 

低抵抗すぎたなぁ。0.25Ωくらいとなりました。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA コットンワーク

 

内径3mmに多めのコットンをぶっこみました。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA コットンワーク

 

この位置のジュースホールからコットンがリキッドを吸い上げるので、比較的漏れにくい構造と言えるかもしれませんね。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA リキッド注入

 

リキッド補充して吸う準備は整いました。低抵抗だからデュアルバッテリー機で使いますよ。

 

吸ってみる

Kylin V2 RTA 吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

ドロー 想定通りスカスカの軽いドローですね。限界まで絞るとかなり重く出来る気密性はあります。ちょっとしたMTLも可能です。その場合は高抵抗で組まねばなりませんね。笛鳴りもなくスムースなエアフローだと思います。
風味 今回のシングルコイルでは濃くも薄くも無い程度となってしまいました。抵抗値としては0.25Ωですが、同じ抵抗値でもデュアルコイルで吸ったほうがエアー量と濃さのバランスは良くなるでしょう。シングルコイルで使うのは勿体ないかもしれないですね。

まとめ

Kylin V2 RTA 外観

Vandy Vape|Kylin V2 RTA

8/10

 

Kylin V2 RTA のココがイケてる

 

  • イージーフィル
  • ワイヤーを問わないデッキ
  • 優秀なAFC
  • スムースエアー

 

 

Kylin V2 RTA のココがイマイチ

 

  • ありがちなルックス
  • 部分的な仕上げの荒さ

 

歴のあるかたなら見ただけで方向性がわかると思いますが、爆煙志向のアトマイザーです。

組みやすいデッキだしリークにも強めな構造です。シングルコイルでもデュアルコイルでも確実にエアーが当たる構造ですし、エアー量が多い事から言っても低抵抗で組むのに向いています。

 

 

 

 

Kylin V2 RTA 外観

 

大抵のMODからハミ出るφ30mmバブルガラスチューブ、いささか大きすぎないだろうか?まぁチャンバーが大きいからリキッド保持量確保の為には仕方ないわけですが...。全体的なシェイプが好みから離れ過ぎていて、ぶっちゃけ自身では手を出す事が無いアトマイザーです。

やはり対極的なポジションでタイトドローな方向性である同社Berserkerシリーズのほうが好みでしたね。

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ