Vandy VapeのMTL向けタンクアトマイザーのバージョン1.5をレビュー。

 

 

Berserkerシリーズのデザイン協力は人気Youtuberの「Alex from VapersMD」が行っています。先代から改善されたジュースフローに、スロットタイプのエアホール、とても組みやすいデッキ、そして洗練されたシェイプへと進化しています。

 

24mm版もレビューしていますので参照下さいね。

Berserker V1.5 MINI MTL RTA パッケージ

 

24mm版とは異なりVandy Vapeの通常パッケージと言える青基調となっている。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA パッケージ

 

しかし何でこんなにパッケージ形態が安定しないのか...時期的にそんなに差もないのに不思議だなぁ。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA パッケージ

 

それでは内容物から見ていきましょう。

 

内容物

Berserker V1.5 MINI MTL RTA 内容物

 

内容物一覧

 

  • Berserker V1.5 MINI MTL RTA
  • メタルキャップ(チューブ)
  • ドリップチップ
  • スペア:ポスト用ネジ/Oリング
  • ドライバー
  • プリメイドコイルx2

 

製品仕様

Berserker V1.5 MINI MTL RTA 外観

 

■ Berserker V1.5 MINI MTL RTA スペック

 

  • タイプ|RTA
  • 大きさ|Φ22x54.3mm
  • 重さ|60g
  • 材質|SUS/Glass/Derlin/他
  • エアフロー|ボトム
  • コイル数|シングル
  • リキッド保持量|2mL/2.5mL
  • ドリップチップ|510
  • コンタクト|510
  • BF対応|否
  • カラーバリエーション|全4色
  • 製造国|中国

 

製品詳細

Berserker V1.5 MINI MTL RTA 全パーツ

 

さっそくバラしてしまいます。タンクパーツは2種類から、ドリップチップは3パターンから選択して使用する事となります。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ドリップチップ

 

ドリップチップは左から、Derlinで一体となったもの、SUSベースにPEIかDerlinを付け替えるタイプ。

内径は3~4mmとMTL向けらしく非常に小径。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ドリップチップ

 

装着側や出口側はテーパーかバックテーパーになっています。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA トップキャップ内部側

 

トップキャップ裏側はシリコンで覆われています。ここに関しては24mm版と装着の構造も変更されています。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA フィルポート

 

フィルポートと狭いチムニー。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA フィルポートとトップキャップ装着部

 

トップキャップとの接続はスレッドではなく、被せて90度回せば固定される構造となっている。

脱着はとても円滑に出来るが、シリコンはいづれリキッドの着色されるだろうし劣化もするから悩ましい。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA チャンバー内部

 

チャンバー内部はドーム型。ミストが集約されて濃密な風味が期待されます。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA タンクパーツ

 

タンクパーツはガラス製でリキッド保持量2mLとSUS製で2.5mLの2種。

残量が目視出来るガラスか、破損せず少し保持量も多いSUSか悩ましい。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA デッキ

 

デッキはシングルコイル専用。中央のエアホールは突出したオーバル型。ポストのネジ頭が大きくワイヤーを留めやすそう。そしてKayfun的なガイド部分がビルドを補助してくるという構造。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA エアホール

 

エアホールはΦ1.0から0.2刻みでΦ1.8までの計5穴。この中から1穴を選択し使用することとなります。AFCリング側の開口がティアドロップ型なので狭い方と広い方の2種類の絞り方が出来る点も特徴。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA コンタクトピン

 

コンタクトピンの出代は充分で、ネガティブ部分を絶縁材で覆っているVandy Vapeお得意の構造。ハイブリッド接続のメカニカルMODに乗せる場合でも安心感がありますね。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA コンタクトピン

 

コンタクトピンは2ピース構造で突出具合を微調整可能。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA 24mm版と並べた

 

24mm版(左)と並べてみました。丈はレビュー品22mm版のほうが少しだけ高いです。それもあってリキッド保持量は-0.5mLにとどめられています。

 

 

ビルドしてみる

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ビルド

 

これ以上緩めると抜けちゃうところまでネジを緩めています。この限界手前まで緩めた隙間なら24ゲージくらいのワイヤーなら通るかな。

デッキ構造的に太くても26ゲージくらいまでの使用となるでしょう。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ビルド

 

26ゲージ内径2.5mmで8巻。抵抗値は0.9Ω程度となりちょうど良い感じ。しかしコイルの天地逆だったなコレ。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ビルド

 

内径は3mmくらいが限界の大きさかな。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ビルド

 

高さはエアホールにスレスレまで下げてみました。

 

 

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA ビルド

 

ジュースホールが狭いので収まる程度に削いでやりましょう。

 

・・・

 

24mm版と同じくビルド自体はとても簡単。MTLという事でエアー流量も少ない事から抵抗値は高めが適切であると思います。付属のプリメイドコイルも抵抗値0.7Ωでした。このくらいの抵抗値に低ワッテージで吸うべきアトマイザーだと思う。

 

MODに乗せてみる

Berserker V1.5 MINI MTL RTA iStick Pico Berserker V1.5 MINI MTL RTA Strider Berserker V1.5 MINI MTL RTA Mini Volt Berserker V1.5 MINI MTL RTA VGOD Pro Mech Berserker V1.5 MINI MTL RTA VGOD Elite Mech

 

 

吸ってみる

Berserker V1.5 MINI MTL RTA

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

濃密感がありますね。抵抗値0.9Ωで組んで20W掛けて吸っていますがミスト温度はやや高めとなっています。風味自体もキッチリと出てくれて、バランス良く濃い風味を楽しめます。

 

ドローはエアホール最大径Φ1.8では重いDL(ダイレクト・ラング)が可能で、それ以降はドンドンMTL(マウス・トゥ・ラング)向けの重さになってきます。最小径Φ1.0などはまさに煙草より重い吸い心地となります。

 

 

まとめ

Berserker V1.5 MINI MTL RTA

Vandy Vape Berserker V1.5 MINI MTL RTA

9/10

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA のココがイケてる

 

  • 洗練されたシェイプ
  • 各部滑らかに可動
  • ビルド難度は低い
  • 濃密なミスト
  • 豊富な付属品

 

ほぼMTL特化型のタンクアトマイザー。最大径のエアホールでDL出来るけど、出来るというだけであって基本は煙草吸い向け。

リキッド保持量がやや少なめながらも抵抗値は高めのセットアップとする事から問題とならないでしょう。

競合する製品は色々あるけど、ミスト排出のスムースさに関しては抜きん出てるかな。

 

と、まぁ24mm版とまったく同じ感想になってしまいます。

 

 

Berserker V1.5 MINI MTL RTA

 

24mm版とどちらを選ぶかは、乗せるMOD次第。大きなMODに乗せるなら24mm版、iStick Picoなど小型MODであれば本レビュー版でいいでしょう。

 

ご購入はこちら

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ