今回レビューするのは筐体にスタビライズドウッドを採用したメカニカルMODです。

 

メーカーは ULTRONER ってとこらしい。聞いたことないけど、どうやらマレーシアのメーカーらしいです。

 

 

本製品の特徴としては・・・

 

  • Stabilized Wood
  • 18650 Battery
  • Hybrid Contact

 

 

こんな感じ。

ハイブリッド接続なので安全上確認する部分はしっかりと見て使用します。

 

 

提供元:GearBest

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・付属品

付属品がなにやら多い。

 

  • 携帯ポーチ
  • クロス
  • ヤスリ
  • コンタクトピン(カッパー)

 

スタビライズドウッドという事で、表面のケアに使えっていう感じでヤスリとかクロスが付属してる。

 

 

 

 

外観

今回届いたのはグリーン系の色味でした。色は選べないので好みが来るかは運ですね。楽しみと不安が入り交じるところですね。

前述通りチューブはスタビライズドウッドで、コンタクト部とスイッチ部はブラス製パーツとなっています。

 

 

 

 

製品仕様

ちなみに付属のポーチはアトマイザー乗せてたら飛び出しちゃいそうなサイズ感でした。

 

  • 幅:24mm×高:87mm
  • 重量:112g
  • 材質:スタビライズドウッド、真鍮、他
  • スレッド:510
  • バッテリー:18650x1本使用

 

 

 

 

詳細

ブラス製で光沢の強いゴールド。ここはシルバーか黒のほうがアトマイザーと合わせやすいかなぁって思いますね。好みの問題かもしれないけど。

 

 

 

柄としては結構好みでした。こういったアクセントに成り得る部分がないと面白みがないんで。

表面のさわり心地としてはスベスベサラサラって感じです。

 

 

 

スイッチ側。やや奥まっておりますが、バッテリー長に合わせて調整する部分です。

 

 

 

こちらは一箇所にだけロゴがエングレービングされていて格好いいです。

 

 

 

 

バラしてみる

という事でバラすと3ピース。スタビチューブの内側にブラスのチューブがあるレイヤーとなった構造。

 

 

 

スイッチパーツのバッテリーと接する側。コンタクトピンもブラス製。

 

 

 

んでスイッチパーツもバラしてみました。

マグネット式を採用しており、他の同タイプと比べて反発力は強いと感じました。

 

 

 

この程度の距離でも反発か引き合うかするくらい強い磁力。

 

 

 

ちなみにコンタクトを付属のカッパー製に交換するのも良し。私は今回そのままブラス製で使用します。

 

 

 

 

安全のために確認しよう

ハイブリッド接続となるため、アトマイザーのコンタクトピンが突出している事を確認しましょう。

 

 

 

まずアトマイザーを装着してから、バッテリー正極を奥に装着します。

 

 

 

スコンッと入れてしまいます。

 

 

 

その後スイッチパーツを装着。

中でバッテリーが遊ばないようにパフボタンを回して固定してやりましょう。

 

 

 

 

使ってみる

基本どんな MOD だって落としたくないけど、スタビだと殊更気にしちゃうな。

重量的にはスタビ自体は軽いんだけど、上下のパーツ、特にインナースリーブがそこそこ重量稼いじゃっている感じ。でも決して重くはないですね。

 

 

 

パフボタンのストロークはかなり浅め。

反発が強くて重いので、このくらい浅いのは丁度良くて使いやすいと感じます。

 

 

 

24mm径ですが今となっては選ぶのに困らないだけアトマイザーは販売されてるし、気にするのは色味のマッチングかな。

 

 

 

 

まとめ

立ち上がりについて書いてなかったけど、書く必要もないかな。それくらい当たり前に普通のハイブリッドのメカニカル。

何も不満点はありませんね。

 

価格から考えると相当良いものだと思います。

 

 

 

 

ご購入はこちら

GearBest なら送料無料で Paypal 支払いOK!
クーポンコード ecig15off 適用で15%OFF!

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ