今回は日本製リキッドTOKYO DRIP「Strawberry Grahame」のレビューです。

 

国内ショップVAPE HOUSEのプロデュースとのことです。
苺風味のグラハムクラッカーといった味の方向性でしょうか。

三種類ラインアップされているんですが、ついつい苺味を選んでしまうあたり、我ながら広がりが無いな...と最近思います。
他の二種は抹茶とマンゴーですね。

 

tokyosrip-sg0115mlワンサイズ展開っぽいです。

 

ー スポンサードリンク ー

テイスティング条件

tokyosrip-sg03

アトマイザーBuhawi(Clone) RDA
コイル数2
線材カンタルA-1
抵抗値(Ω)0.50
電力(W)メカニカルのため不明

 

吸ってみた

以下は筆者の感想になります

 

まずは香りのチェック。

ーークンカクンカ

甘酸っぱい苺の香りとクリームの香り。
これはMilK ManともStrawnillaとも似ていない感じ。

それではさっそく吸ってみよう!

ーースコーッ!フハーーッ!!

濃厚やな!吸う環境によって味のバランスが大きく変わりそうな感じ。
今回のセッティングでは、キャラメルのごとく甘さが押し寄せるが、それに隠れがちに酸味が潜んでいる。

チェーンするには喉が辛い感じの甘さではあるが、ケミカル臭やエグ味もまったく無いし、物足りなさは無い。

例えるなら苺風味のミルクセーキ

スティープ不要で初っ端から実力全開なリキッドでした!
クリアロマイザーでも濃厚に味わえるのではないでしょうかね。

 

製品仕様

味の系統ストロベリーシリアル味
PG/VG比(%)30/70
ニコチン濃度(mg/ml)0
内容量(ml)15
価格(¥)1,080

 

ご購入はこちら

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ