「After Hours : Washington Apple」by The Vapor Hut

 

米国 The Vapor Hut After Hours からカクテル風味のリキッドWashington Appleを吸ってみます。

 

After HoursThe Vapor Hut のカクテルラインとのこと。ベプログ見てると The Vapor Hut ってメチャクチャ種類出してるんですねー。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:べプログショップ

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

Washington Apple
・風味:ワシントン・アップル(カクテル)
・内容量:30ml
・VG/PG:不明
・価格:¥1,780-

VG比率が不明。風味成分としてはサワーアップル、ウォッカ、アップルジュース・ライムジュース、グレナデンシロップがブレンドされているとのこと。

カクテルのワシントン・アップルそのままのフレーバーがブレンドされとります。飲んだ事はございませんが。

 

 

 

 

これで吸ってみる

名称 Hadaly RDA Entheon RDA Gorge RDA
抵抗値 1.2Ω 0.8Ω 0.4Ω
線材 カンタルA1 単線 カンタルA1 クラプトン Ni80 フラットクラプトン

 

なるだけ似た構造のアトマイザーで抵抗値を3種類用意して吸いくらべしてみます。都合によりワイヤーの種類が異なるのはご了承下さい。

 

 

 

さて、この瞬間が一番楽しみ。どのような風味を出してくれるのかっ!

 

 

 まずは 1.2Ω にて。

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

生々しいアップルが目立つ。しかし複雑な風味。酔いこそしないが実にお酒っぽい。

甘みはかなり控えめ。これはひょっとして凄い再現度なのでは?

 

 

 

 

 続いて 0.8Ω にて。

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

甘みが一気に飛んだな。ウォッカの主張が強いように感じる。これは「Entheon RDA」だからこう出たのか?

アルコール度数の強い洋酒を飲んだように錯覚する風味。

 

 

 

 

 最後に 0.4Ω にて。

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

林檎が腐る一歩手前だ。洋酒っぽさも凄まじい。濃く「どぎつさ」を感じるほどの「ごった煮」感。

 

 

 

 

まとめ

 

サワーとか入っているわりに爽やか感は皆無で、深みのあるアダルトな風味。

基本はアップルが中央に陣取っていますが、なにせ複雑に混ざった風味で包まれています。さすがに単なるアップル風味を The Vapor Hut が出してもしようがないですよね。

ちょっと酔った気になるほど濃く深い。吸うなら夜だな。

 

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ