Council of Vapor(以下COV)といえば「MINIVOLT」や「Royal Hunter」を販売しているメーカーですね。
設計はアメリカ、製造は台湾で行っているようです。

COVの印象としては、外観は特徴的でクール、だけどしっかりアメリカ的な大味感のある造りをもった製品が多い印象。
今回の「RST」はRTA(リビルダブルタンクアトマイザー)になります。

では、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

パッケージ

cov-rst-01わりと大き目なアクリルケースです。

 

 

cov-rst-02クールにまとまっていますね。
では開けていきます。

 

内容物

cov-rst-03

  • 本体
  • プリメイドコイル
  • RBAデッキ
  • 予備ガラスタンク
  • 予備Oリング

予備のねじがついておらず、Oリングも一部の部分の予備はありません。
ちょっと不満が残る備品かな。

 

 

cov-rst-04

  • クイックスタートガイド
  • ワーニングカード
  • FBのQRコード

クイックスタートガイドは主にプリメイドコイルの使用手順が書かれていました。
ワーニングカードはプリメイドコイルを使用する場合は、最初のリキッド補充後2分待ちましょう的な事が書いてあります。

 

外観

全パーツバラした状態

cov-rst-05cov-rst-06cov-rst-07

[L⇒R]ベース / ガラスタンク / トップキャップ / ドリップチップ

 

RBAデッキは後述します。

 

ドリップチップ

cov-rst-08ワイドボアで肉厚で重いです。

 

 

cov-rst-09中のホールは捩じれ形状。
エアーが捩じれるかは不明。

 

 

cov-rst-10トップキャップとの接続はねじ式。
手持ちのドリップチップへの換装は残念ながら不可。

 

トップキャップ

cov-rst-11赤いダブルのOリングが鮮やか。

 

cov-rst-12ドリップチップとの密着部分にも黒色のOリングが備わっています。
トップキャップだけで4つもOリング使っているとは...

 

 

cov-rst-13フィル側から見ると4穴補充口が開いています。

 

 

cov-rst-39タンクをハメる前にOリングにグリセリンを塗っておいたほうが良いです。
でないと次に外すときに苦労することになります。
初回外すときは...何とかしましょう

 

ベース

cov-rst-14デッキ接続側。

 

 

cov-rst-15底はお馴染みのエングレーブ調の印字。
カッコイイです。

 

 

cov-rst-16エアフローコントロールは画像のパーツを回して行います。
動作は少し固め。
エアー吸入口が4箇所もあります。
コンタクトピンの調整は不可です。

 

プリメイドコイル

cov-rst-17まぁなにせデカイです。
今回使わないのでしまっておきます。
それにしても0.2Ωか...Aspire「Cleito」が思い出されます(吸ったことないけど)

 

デッキ

cov-rst-182ポールでワイヤーホール径は広めです。
製品の径は22mmですがデッキは結構大きく造られています。
それでいてシングルコイル用という。
ゴッツイワイヤーで組むのが似合いそうなデッキだと思います。

 

 

cov-rst-19ねじ山はプラスです。
エアーホールはデッカイのが中央にドーンと空いています。
4方向からのエアーが中央で集約されますから、大きさとしては納得です。

 

 

cov-rst-20両サイドの切り欠きがジュースホールになります。
ここにコットンの足を設置することになります。

 

 

cov-rst-21デッキ底側。
エアーホールが4箇所。

 

 

cov-rst-22チャンバーパーツを被せて使用します。
チャンバーの大きな切り欠きがジュースホールになります。

 

 

cov-rst-23被せるとこんな感じ。

さてビルドしていく前に洗います。

 

ビルド

それではビルドしていきましょう。

 

cov-rst-28今回は太めの22ゲージを使用します。

 

 

cov-rst-29画像のようなコイル向きに設置するのですが、ワイヤーの足を直角に曲げないとホールに通せません。
それもあって曲げに強そうな太いワイヤーを選択しました。

 

 

cov-rst-30はぁ、なんとか通せた...

 

 

cov-rst-3122Gの7巻マイクロコイルで0.30Ω。

 

 

cov-rst-32ドライバーンします。

 

 

cov-rst-33焼き入れ整形後で大体0.38Ωになりました。
うん、悪くない。

 

 

cov-rst-34それではコットン入れていきましょう。
今回は江原道を使用。

 

 

cov-rst-35通して多少長めにクロップ。

 

 

cov-rst-36チャンバーをはめ込みます。

 

 

cov-rst-36-2ノッチ状の部分にデッキ側のピンをそわせる感じで装着。

このノッチはジュースコントロールになっています。

 

 

cov-rst-24こちら側にすると。

 

 

cov-rst-25判り辛いですが全開です。

 

 

cov-rst-26逆にこちら側にすると。

 

 

cov-rst-27半開です。
この二択になります。

 

 

cov-rst-37ではハミ出したコットンを処理します。
チャンバーとツライチでいいと思います。

 

 

cov-rst-38ツライチと言いながら結構雑になりました...
まぁ問題ないでしょう。

 

 

cov-rst-38-2上から覗くとこんな感じですね。

 

 

cov-rst-3それではリキッドを補充していきます。
名残惜しいNICOTICKETから「VIRUS」を久しぶりに吸ってみます。

 

 

cov-rst-38-4まずは上から補充して。

 

 

cov-rst-38-5ジュースホール部分のコットンにもリキッドを吸わせておきます。

 

 

cov-rst-40タンクとトップキャップを回して装着します。

 

 

cov-rst-41トップからリキッドをタンクに満たします。

 

 

cov-rst-42はい、完成。

 

吸ってみた

cov-rst-43エアフロー全開にて。

Shu
スコーー、プハーーー !

ミスト多め!
うん、味の出方は普通かな。

特別濃いわけでも薄い事もないですね。「VIRUS」の複雑な味わいは感じられます。
ナッツ系とレーズンが混ざっているような...といったことは解るくらいの味の解像度はありますね。

COVというメーカー自体が爆煙志向という感じで、この「RST」もそのようですね。

 

ちなみに今回のセッティングで供給不足なし。過剰供給も無く漏れたりしません。
ジュースコントロールを半開にすると供給不足になりました。

ドリップチップのスパイラルのおかげなのか、なんか吸っていて気持ちいいミストの出方なんです。

スピットバックはまったく来ないです。

ジュース保持量が僅か1.35mlしかないので、攻めてると直ぐに空になりますね。
基本出力高めのセッティングをするアトマイザーだと思います。
なので外に持ち出す事は少ないかな。あってもリキッドも一緒に持っていかなければなりませんね。
補充は簡単なので手間はないですよ。

 

気になった点

  • コイル足の曲げ

普段がビルドの楽なベロシティタイプを多用している事もあって、ちょっと足を曲げる部分が難しいかな。

  • 備品

予備のねじが付属していない製品は初かも...
「Royal Hunter Mini」は付いていたのにね。
Oリングもヘタる部品なので全箇所の予備は欲しいなぁ...

 

製品仕様

メーカーThe Council of Vapor
材質Stainless Steel
タンク素材Pyrex Glass
径(mm)22
高さ(mm)45.3
重量(g)約52(実測)
ジュース保持量(ml)1.35
ポスト数2
センターピン調整不可
MOD接続スレッド510
ドリップチップ交換不可

 

まとめ

適当に組んでもちゃんと使える点は良いですね。
味より煙量重視する方ならアリだと思います。
ジュース保持量が少ないので用途が決められている感はあります。
際立った特徴があるわけでもないですが、欠点らしいものも無くて個人的に結構気に入りました。
レギュラー入り決定です。

ちなみに¥2,160と安いです(2017年1月4日時点)

 

ご購入はこちら

 

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


  • 濃密フレーバーを楽しめるタンク「EXO RTA」by IJOY
  • ブリッジクランプ24mmドリッパー「GOON RDA」by 528 Custom Vapes
  • マーリンがRDTAになったよ「Merlin RDTA」by Augvape
  • 「Entheon RDA 」by Psyclone Mods

TwitterでShuをフォローしよう

  • Clearomizer
  • Starter Kit
  • Technical
  • RDA
  • RDA
  • RDA
  • Technical
  • RDA
  • Technical
  • RDA
  • RDA
  • RDTA
こちらの記事もおすすめ