「Fiber n'Cotton」by Spinum / Phileas Cloud コットンレビュー

 

2017年に閉鎖したFiber Freaksの創業者であるMahood Gufuと、Phileas CloudXavier Mondy両氏により造られた新たなコットンブランド。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・製品仕様

 

Fiber n'Cotton

  • メーカーSpinum / Phileas Cloud
  • 容量10g
  • 素材綿+セルロース繊維
  • 生産国フランス
  • 価格¥900~1,000-

 

 

 

パッケージとしてはVAPE用コットンとしてスタンダードとなっている密閉出来るパウチとなっています。

 

 

 

 

内容量は10gで、生産国はフランスです!

詳しい情報は不明ですが、総代理店がPhileas Cloudで、Spinumが製造を担当しているもようです。

 

 

 

 

それでは「Fiber n'Cotton」開けていきます。

 

 

 

 

中身を全部取り出してみました。

束状になったコットンが15本入ってます。

 

 

 

 

コットンと食品グレードのセルロース繊維がブレンドされたものです。

コットンは手積み、無漂白。セルロース繊維は食品・製薬業界向けに開発されたものとのこと。

それらのブレンドにより、高いウィッキング性能・無味・高温耐性を実現しているようです。

 

 

 

 

特にウィッキング能力は「Fiber Freaks」より向上しているとのこと。

 

 

 

 

割くと一定方向に細かい繊維が流れているのが見てとれます。

ただ、ここまでは他社のコットンでも実現されていますよね。

 

 

この密度、リキッドの保持量・ウィッキングは良さそうです。

 

これまで使った「Cotton Bacon」や「Angorabbit」などと比べ異なる点としては、割いた時に細かい繊維がもの凄い量舞います

製法によるものでしょうか、なにやら他とは違いますね。

 

 

 

 

内径3mmのコイルでは、1/3程度に割いた量で充分です。

 

 

 

 

さらにここから適度に削いでいきます。そのままでは多すぎますからね。

 

 

 

 

ジュースウェルへと収めます。

 

 

 

 

滴下。

 

 

吸いは良いですね。まぁ程度の差はあれど、VAPE用コットンはどれも吸収は悪くないので、コレは標準的って感じ。

 

実際に吸ってみたところ、確かにコットン臭も無く、リキッドの風味を阻害するものもありません。

ウィッキング性能も優れており、チェーンして吸ってもドライにならず、基本性能は高いという感触。

 

あとは耐久性どうか?ですね。

 

使用3日後

 

3日間それなりに吸ってみたのですが...

 

メッチャ丈夫!

まったくヘタらない!耐久性が半端ない!

 

 

 

 

ほんの少~しだけ焦げてるけど、いや、焦げっていうかガンク付着か。

 

 

 

 

広げてみたけど、まだまだ使える状態を保っています。

ヤヴァイくらい丈夫だなぁ。これは過去最強!

 

 

んで、もうちょっとゴツい低抵抗コイルに高ワッテージかけて同時使用していましたが、こちらも同じように劣化がほとんど見られないという結果でした。

うーーん、素晴らしい。

 

まとめ

 

コレは良いです。「Fiber Freaks」のコイルサイズにカットされたシート状のものを使用したこともありますが、アレはそもそも独特だった。保持量が少ないし耐久性も無かった。

今回の「Fiber n'Cotton」は一見ありふれたVAPE用コットンに見えますが、耐久性は信頼おける品質でした。

今のところ使い続けるならコレって感じ。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ