たしか「Noisy Cricket」とかも設計してたよね?の Jay Bo” さんの手によるロープロファイルRDAです。

 

現在はWISMECから売られているようですね。今流通しているのはデッキ構造がアップデートされていたと思います。

「Bambino」はイタリア語で“赤ちゃん”って意味とのこと。
その名が付けられているように非常に小さい造りでキュートです。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

あ、パッケージはどっかに保管してあるはずだけど、見つけたら追記しときます。
備品は予備のOリングやネジが付属していた筈です。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

外観

シンプルで無駄が無く美しい。そんな感じ。
“Jay Bo”の刻印が毎度のことながら格好いいんです。

 

 

バラすとこんな感じ。3ピースのシンプルな構成。
RDAは出来る限りこのように少構成にして欲しい。

 

トップキャップはドリップチップ一体型といった構造ですが、510のドリップチップ使用可能です。

 

 

 

ドリップはこのトップキャップを外して行うわけです。
脱着は少し固めなのでOリングにグリセリンを塗っておくと良いと思います。

 

 

スリーブはエアホール3つが対面にそれぞれ存在。
デュアルビルド専用ですね。

 

エアフローコントロールの機構はないです。
私はそのまま使用していますが、セットアップによっては絞りたい場合もあるでしょう。
その場合はコットンで塞ぐとかテープを貼るとか工夫して使うしかないですね。

 

 

 

スリーブは天地があります。
ホント見分けづらいのですが、面取りしてある側にトップキャップがくるように使用します(でいいよね?)

 

 

 

構造としてはポジティブのみポールで左右のネガティブはネジに巻きつけて締め込むタイプです。
デュアル専用なのでポールに2本のワイヤーを通す必要がありますが、左右のワイヤー固定が楽なので組みやすい印象。

 

狭めなデッキですがジュースウェルは深めですので保持量はなかなかのものです。

 

ワイヤーホールは狭いです。24Gが2本通るかな?ってくらい。スペース的にもゴツいコイルを組むようなデッキでは無いです。

 

 

 

コンタクトピンは一応調整可能。あまり引き出せない印象ではあります。画像は一番引っ込めた状態です。

 

 

さてビルドしていく前に洗います。

Shu
使用前にはよく洗浄しましょう

 

 

 

ビルドしていく

なるだけエアホール側に寄せて組んでみました。スリーブは更に外にくるので触れる事はありません。

 

コイルの高さはエアホールから入って当たるだろうな、っという位置にしてみました。

 

左右のネジには内側から巻きつけて固定した方がコットン設置の邪魔にならないでしょう。

 

 

 

ドライバーンしたあとモフッとさせたコットンを通します。

 

 

 

前述の面取ってある方を上にスリーブを被せます。
コイルの位置にエアホールが来るように合わせましょう。

 

 

 

リキッド補充してトップキャップを被せたら完成です。

 

 

 

高さがないのでセットアップによってはモロに熱がトップキャップに伝わる可能性があります。唇が触れてアヂってなってしまいかねないので適当にドリップチップを付けた方が安全でしょうね。
見た目的には無い方が良いですけど。画像よりショートタイプのドリップチップの方が見た目によろしいかなぁ。そこんとこは好みもあるなぁ。
今回のセットアップだと熱持ちも無く、直で吸っていても問題なかったですね。

 

 

 

やっぱドリップチップ付けない状態が美しい。

 

 

 

 

吸ってみた

では、さっそく吸ってみます。

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

 

エアフローはやはり軽めですね。それもあって味はやや飛びがちと感じます。
エアホールはなんとか塞ぎたいところ。

 

 

性能的にそんなに高いとは思わないのですが、なにせこの見た目が好きです。

 

 

 

 

製品仕様

メーカーSmokTronic
材質SS
タンク素材-
径(mm)22
高さ(mm)24
重量(g)17(実測)
ジュース保持量(ml)-
ポスト数1
ワイヤーホール数1
センターピン調整
MOD接続スレッド510
ドリップチップ交換

 

 

 

まとめ

もう普通には買えないのかな。当時ぬるしぐで¥800-でした。
海外のショップを探すとまだ売っていますが、多分ポスト形状等は変更になったものでしょう。

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ