Nord 2 by SMOK レビュー|1ボタンのポッドMOD

 

1ボタンのポッドMOD。

 

 

先代からバッテリーが増加し新たにスクリーンを搭載。ほぼ同社のRPM40と同じスペックのポッドMOD。ただしシンプルに1ボタンとなっているのであった。

 

── 提供|VapeSourcing ──

 

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

Nord 2 パッケージ

 

先代Nordは未レビューだ。うん、たしかレビューしていないはず。もうポッドデバイス発売され過ぎだし記憶がグッチャだね。でもまぁSMOKと言えばRPMシリーズのほうが目立ってない?そんな事ないか。個人的には印象深い。まぁ今回はNord 2です。

 

SMOK Nord 2 Pod System Kit 40W 1500mAh
created by Rinker
SMOK
¥2 2020/8/5 19:05:48

内容物

Nord 2 内容物

 

Nord 2 内容物
本体 Nord 2
カートリッジ 専用ポッド2種
付属 USB Cable(Type-A|micro B)
取扱説明書 日本語記載無

製品詳細

アウトライン

Nord 2 外観:俯瞰

Nord 2 外観:正面
Nord 2 外観:側面&背面

 

 

ディテール

Nord 2 サイドの光沢面 Nord 2 カートリッジ装着部 Nord 2 背面下部のロゴ類印字部分 Nord 2 底にある充電用USBポート

 

スタイルとしては中~大型ポッドデバイスに区分されるであろう。ライバルであるVOOPOOで言えばARGUS Airに相当する機種と言えそう。その競合機と比較してみるとバッテリー容量が遥かに多く、最大出力も大きく上回る。

 

 

 

 

Nord 2 パフボタンの拡大図

 

パフボタンがあり、中央部は動作インジケーターとなるLEDが組み込まれています。白く光るよ。

操作するのは唯一このボタン1つのみであり、ポッドデバイス本来の手軽さを重視しているように思われます。

 

カートリッジとコイルヘッド

Nord 2 同梱されている2種類のカートリッジ

Nord 2 カートリッジ外観1
Nord 2 カートリッジ外観2

 

カートリッジ&コイルヘッドは「Nord Pod」と「RPM Pod」の2種類が同梱されています。

 

 

 

 

Nord 2 2種類のコイルヘッド

 

Nord Podのコイルヘッド抵抗値は0.8ΩでMTL(マウス・トゥ・ラング=タバコ吸い)向け、かたやRPM Podのコイルヘッドはメッシュコイルで抵抗値0.4Ωとなっています。コイルヘッドのサイズ差があるのでカートリッジの共用は出来ません。リキッド保持量はともに4.5mLとの事です。

 

 

 

 

Nord 2 コイルヘッドのエアホール拡大

 

ちなみにコイルヘッドは両方ともRPM40の各カートリッジにて使用可能となっており、RPMコイルヘッドはRPM80とも互換性があります。

2種の違いは低抵抗なRPMのほうが多くのエアーを取り込むようインテーク(エアホール)が巨大となっています。

 

 

 

 

Nord 2 シリコンカバーとフィルポート

 

シリコンカバーをめくってリキッド補充を行います。初回使用時はコイルヘッド内のコットンに浸透するまで10分程度は待ちましょう。

 

カートリッジを装着してみる

Nord 2 エアフロー説明図

 

エアフローとしては本体側面にあるエアホールから吸気し、カートリッジ側面の溝を伝って降りコイルヘッド下部から吸い込む構造。残念ながらエアフローコントロールは不可ですね。

 

 

 

 

Nord 2 外観:カートリッジ装着状態

 

カートリッジ装着状態。この状態で使用するわけです。とても収まりが良くてザ・ポッドデバイスという出で立ちですが、側面にスクリーンがあるポッドMODとなっています。

 

 

 

 

Nord 2 外観:カートリッジ装着状態を俯瞰から Nord 2 外観:カートリッジ装着状態を正面から Nord 2 外観:カートリッジ装着状態を吸い口側から

 

同社RPMシリーズと比べ薄型ってのが特徴となりますね。RPM40と同じく最大出力は40Wとなっており、スクリーンサイズや調整ボタンの有無という違いがありますね。

 

 

 

 

Nord 2 VINCIと並べて

 

RPM40が出払っているので似たようなVINCIと並べて大きさを比較してみた。前述の操作ボタン有無といった点が大きな違いであり、やはり廉価モデルというポジションな気がしないでもない。ただ外観的に安っぽさはないので見ためで選ぶのもアリかと思う。

 

 

 

 

Nord 2 充電中

 

充電は最大1.2Aまで対応。先代Nordは370mAhだったので大幅に充電時間が短縮されます。

充電中は側面スクリーンに満充電までの推定時間の表示をしてくれます。地味にありがたい。

 

 

 

 

Nord 2 スクリーン表示状態

 

スクリーンは側面に搭載されています。未点灯時は、そこにスクリーンがあるという存在感のまったくないステルス感。表示としては小ぢんまりしてるけど、必要な情報はキッチリ読み取れる水準です。

 

操作方法

Nord 2 スクリーン表示

 

Nord 2 操作ガイド

 

1.電源オン:

デバイスの電源が入っていない状態で、電源ボタンを2以内に5回すばやく押してオンにします。白色のLEDが3回点滅します。 画面に「SMOK」と「バージョン番号」が表示されメインインターフェースに入ります。

 

2. Vaping:

1)デバイスの電源が入っているときに、パフボタンを押してVapeします。

2)VapingするとVaping timeが表示されvapingが終了すると、自動的にメインインターフェースに戻り白色のLEDが消灯します。

 

3.ワット数の設定:

1)パフボタンをすばやく3回押してワット数調整モードにします。 電源ボタンをクリックまたは長押しして、電力レベルを1W〜40Wに切り替えます。

※パフボタンを押すごとに1Wづつ上昇し40Wの次は1Wに戻る

2)3秒以内にボタン操作がない場合、ワット数設定は自動的に終了します。 

 

4.パフ設定:

1)ポッドを取り付けると、パフの数がクリアされます。 

2)パフ数が999Pに達すると自動的にクリアされます。

 

5.充電:

USBケーブルを挿入すると充電インターフェイスが表示され、バッテリーの割合と推定充電時間が表示されます。 白いライトが1回点滅します。 

 

6.電源オフ:

デバイスの電源が入っているときに電源ボタンを2秒以内に5回すばやく押してオフにします。 画面に「GOODBYE」と表示されます。

 

 

 

保護機能

Nord 2 スクリーン表示のアップ

 

Nord 2 保護機能

 

表示とLED Notes
BATTERY LOW(白色LEDが15回点滅) バッテリーの電圧が3.3Vより低くなっています。 
GOODBYE(白色LEDが3回点滅) 電池電圧が3.1Vを下回っています。デバイスを充電してください。
OHMS TOO LOW(白色LEDが4回点滅) アトマイザー抵抗が0.3Ω未満。
OHMS TOO HIGH(白色LEDが4回点滅) アトマイザー抵抗が3.0Ω以上
NO ATOMIZER(白色LEDが4回点滅) アトマイザーが検出されていません。
ATOMIZER SHORT(白色LEDが5回点滅) 短絡が検出されました。
TIME OVER(白色LEDが5回点滅) ベーピング時間が8秒より長い。
POD DETACHED(白色LEDがブリージングで1回点灯) POD取り外し済み。

 

吸ってみる

Nord 2 リキッドを吸ってみる

 

 

Nord用0.8Ω

もうっ十分な風味が出てくれます!さすがSMOKのポッドデバイスはそこらの風味を犠牲にしているものとは違う!

重めでMTLなドローと相まって濃密な風味生成を堪能出来ます。いやー、これでもう十分だなぁ。以前吸ったNord用コイルヘッドより明らかに良い風味生成だと感じますね。抵抗値は上がったけど味は濃く出るようになったみたい。

 

RPM用0.4Ω

このコイルヘッドも何度も吸ってきているので吸う前から素性はわかっているのですが、やはり濃すぎな風味ですなぁ。

こちらのほうがドローが軽いのでDL(ダイレクト・ラング=直肺吸い)出来るからフルーツ系リキッドなんかだと特に合う。

ここまでの濃さが必要かと言われれば...リキッドやバッテリー消費とのバランスからも0.8Ωのほうが好バランスかと思う。とにかく濃さを求めるならRPMコイルは抜群ですけど。メッシュならではの濃さですね。

 

まとめ

Nord 2 まとめ

 

そもそも風味生成は抜群なわけですよ。SMOKのRPMシリーズともども風味に関してはこれ以上もとめても仕方ない領域に達しています。

先代Nordはスクリーン非搭載のポッドデバイスでしたが、Nord 2はバッテリー残量や電圧も確認出来るスクリーンが搭載されています。ポッドMODをいくつか触れて来ていますが、やはりスクリーンで情報を見て取れる有り難みを再認識します。特にバッテリー残量が見れるのは助かる。バッテリー残量を3段階のLEDカラーで表したりっていう小型ポッドは多いですけど、残量が細かく見えるのはこのサイズのポッドMODの優位性と言える部分ですね。

 

Pros

  • 適度なサイズ感
  • 個性があり上品なテクスチャ
  • 申し分ない風味生成
  • 潤沢なリキッド保持量

Cons

  • 上位機種との価格差がほとんど見られない(むしろ高い場合も)
  • コイルヘッド部分からのリキッド滲みは有
  • エアフローコントロール不可

 

Nord 2を単体で見るぶんに不満となる部分はない。唯一コイルヘッドの構造から抱えているリキッドリーク問題。同一方式を採用しているデバイス全般で同様に滲みはあります。構造上デバイス外部にまで漏れる事は少ないですが、接点部分はビチャビチャになりますね。コイルヘッド構造ゆえの仕方のない部分です。

エアフローコントロールが出来ないってのは、適切なドローだったので気にならなかったですね。

 

上位機種と言っていいかわからないがRPM40と比較すると、同じコイルヘッドを使う事からランニングコストに違いがなく、バッテリー容量も同じ。操作性は1ボタンであるNord 2が劣るかな。この2機種に価格差がほとんど無い、というか登場が後だからNord 2のほうが高かったりする。

操作性で劣るとは書いたが、むしろ1ボタンであるシンプルさに魅力を感じる人もいるはずだ。そういった方にはオススメ出来る完成度。

Nord 2 の仕様

Nord 2 製品仕様

タイプ ポッド
大きさ 30.5x20.0x95mm
重さ 79g
材質 不明
エアフロー ボトム
バッテリー 内蔵1,500mAh
出力 1-40W
リキッド保持量 4.5mL
ドリップチップ カートリッジ一体型
対応コイル Nord用、RPM用
カラーバリエーション 全9色
製造国 中国

ご購入はこちら

SMOK Nord 2 Pod System Kit 40W 1500mAh
created by Rinker
SMOK
¥2 2020/8/5 19:05:48
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ