純国産の凄まじい性能のコットン。

 

VAPE用コットンに求めるのは何ですか?供給速度や耐久性。それに味にコットン臭が乗らないもの。大体そんなところですかね。それら全てを兼ね備えていると評判の国産コットンが登場しました。今回レビューするSAITO WIREの「Perfection Wicks」はメディカルグレードのコットンを用いた高性能なVAPE用コットンです。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪
ー スポンサードリンク ー

パッケージ

 

それでは早速見ていきます。シンプルな配色。白地に赤色という事で日本をアピール。

予想外だったのがパッケージのデカさ。長手はよくあるパウチの1.5倍近くありそう。

 

 

 

製品仕様

 

ブランドSAITO WIRE vapors creation

製品名Perfection Cotton

内容量10g

生産国日本

 

『純国産のメディカルグレードコットンを使用し、限りなく強い耐久性、リキッドの素早い浸透や供給を実現した最高級コットンです。よりクリアで上質なミストをお楽しみ下さい。』

 

 

 

製品詳細

 

無論チャック付き。使用後は閉じておきましょう。

 

 

早速中身を取り出してみます。

 

 

分厚いです。が、これは3シート重なった状態です。3シート入りなわけです。3シートしかないとも言えるが、1シートがデカイので内容量としては他社製品より少ないとかはないですね。

 

 

 

 

1シートの厚みも相当のもの。既に水分を欲しているかのようにゴワゴワでガサガサ。だけど柔らかくもある。表現が難しいけど、今まで使ってきたコットンとは明らかに触感が異なります。

 

 

 

 

以前の私がメインで使っていた『江原道コットン』と同様に、表裏とも1枚厚めで硬い皮のような層があります。江原道の時はその表裏1枚を剥いだ中身のフカフカなトコロだけ使用していました。なんとなく硬い部分を使うとリキッドの浸透が悪いイメージがあったので常に剥いでいましたね。

 

 

 

 

適当なサイズにハサミで切りとり、江原道と同様に表裏1枚は剥いでしまいます。

わりとホロホロと崩れる感じで、ギュウギュウに詰まっている「Angorabbit」とかと比べるとまったく別モノ。

 

 

 

 

どの程度の量が良いのかわかりかねるので、ホントーに適当な量でウィッキング。

んで早速リキッドを吸わせてみます!

 

ビックリ!!!

 

凄く速い浸透。これまで使ってきたコットンではダントツの速さ!もう吸いまくるっ。

カラカラに乾いた土へ水を与えた感じで、グングン吸い込んでいきます。

 

 

 

そして保持量。なんとなく画像でも伝わるかもしれない。

たぁっっぷりと蓄えてくれますよ。

 

 

 

実際これで吸ってみました。抵抗値0.27Ωで!

 

Shu
スコーーッ・・プハァ!!

 

!!!

なんてこったい。今まで吸っていたリキッドの味が違う!なんと表現すれば良いのか...ストレートな味。瓶のビールは呑めるけど、缶の同銘柄だと何だか金属感のある味で嫌い。みたいな、いや、ちょっと違うか。。とにかく味がクリアに出る感じ。邪魔するものが無いって言うか、とにかく美味しくなった。

私が今まで使ってたコットンは無味とか謳っていながら、多少なりとも味に影響していたんだっ!

 

 

供給速度も凄かった。

ドライにならないですねー。安定してる。よほどの高出力でロングパフしない限り、ドライまでもっていけないんじゃないでしょうか。この頼れる感じスゲー。

 

 

 

 

3日間。勿論1日中使ったわけじゃあないけど、それなりに使用した3日後の状態。

さすがにコイル近辺は焦げているように見える。

 

 

 

 

ちょっとコットン量が少なかったのが影響したかもしれない。コイルから取り外す時に少し裂けた。

そしてやはりそれなりに焦げている。ただし実際風味への影響はほどんど出ていなかったんですよね。確認のため外しただけで。

私の感覚として耐久性は『並以上』といった印象。

 

 

まとめると、

 

  • リキッド本来の味を出せる
  • ドライ知らずの供給速度
  • 耐久性は少なくとも他コットンと同等以上

 

 

とりあえず一度使って見ればすぐ違いがわかると思います。

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサードリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ