バニラカスタードタバコリキッドの代名詞VCTの新シリーズ。

 

 

Ripe VapesのVCTはまさしく傑作。

初めて吸った時はクセが強いなぁ...と思ったものですが、時間を空けて吸ったら深みがあって常飲必至な風味に虜になってしまいました。

まぁ、入手時期によって風味にブレがある気はするけど...基本的に好みの傾向の風味だから一番リピートしているリキッドなんですよね。とはいえさすがに飽きる。やはり吸わない期間をとらないとキツイものがある。さて何を吸えばいいだろうか、と考えている内にVCTにも新しいバリエーションが増えていたんですね。

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

VCT Coconut

 

■ 「VCT Coconut」スペック

 

  • メーカー|Ripe Vapes
  • シリーズ|VCT
  • PG/VG比率|ー
  • 清涼感|無
  • 内容量|60mL
  • 製造国|USA
  • 価格|¥1,980~

 

風味の説明
バニラカスタードタバコにローストアーモンドをトッピングした傑作VCTにココナッツフレーバーを追加!

 

VCT Coconut

 

ラベルの横っちょ辺りにある印字を見るに、PG/VG/香料の比率はバッチ毎に細かく変動するみたい。というか基準をベースに微調整したあとの実測値を記載しているようだ。勿論もっと下にはロット・バッチ・製造年月も印字されている。

ここまで詳細な記載をしているメーカーって他にある?

 

 

吸ってみる

VCT Coconut

 

■ テイスティング環境

 

  • アトマイザー|C-Roll RDA
  • コイル|カンタル マイクロコイル:0.81Ω
  • コットン|Vpdam

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

なんか名前から想像した通りの風味だなーー。なんの意外性も無くVCT+ココナッツ!!だわ。

 

もう基本は完っ全にVCTの風味なんだけど、吸い始めにハッキリとココナッツを感じるんですよ。結構強めに出てますよー。

ミストを吐く段階でいつものVCTにほんのりココナッツが乗っかってくる感じで美味いですねー。バニラカスタードの甘みも際立ってくるのでココナッツミルク感もあったりするね。

 

 

VCT Coconut

 

普通にこの組み合わせは馴染んでて違和感もなく吸えてしまう。完全に想・定・内の風味だ。

ココナッツの風味って特有のクセがあるじゃん?だから、そこが普段から特に苦手って人には向かないかもね~。ちゃんと誰しも想像するようなココナッツ風味があるので。

私のように「VCTは好きだけど吸いすぎて飽き始めてる」って人は一度吸ってみてもいいかも。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ