コイルヘッドでサクッと使える版「Pico RTA」みたいなヤツ。

 

 

今回レビューする「Peta Tank」については本家ブログにてこれでもかってくらい詳細レビューされています。さすが中の人、っていうか開発者ですので詳しすぎます。なのであえて当ブログでやっても仕方ないってのが現実なのですが、買ったからにはやりたい訳ですよ。それに間違いなく良い製品ですからね、是非レビューしたい。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

今回は正規品判定も設けられています。「Pico RTA」もクローン品が出回ってましたからねー。

 

 

 

 

 

それでは「Peta Tank」開けていきまーーす。

 

 

 

 

 

 

中底の下にスペアパーツと取扱説明書が収められています。

 

 

 

 

内容物はこんな感じ

 

内容物一覧
・Peta Tank
・JUSTFOG FOG1 0.8Ωコイル
・取扱説明書(日本語 / 英語)
スペア Oリング3種×2

他にはデルリン製のドリップチップも同梱。タンクの予備とか欲しいけど、元々「Pico RTA」の頃から中華製アトマ買えちゃうじゃんってプライスだから、流石に付属は出来ないよね。

 

 

 

 

ということでスペアパーツはOリングのみです。

 

 

 

 

 

製品仕様

Peta Tank
・径:22mm
・高さ:36mm(DT , コンタクト部除く)
・重さ:45g
・材質:SUS304 / PMMA(タンク) / デルリン(DT)
・ボトムエアフロー
・オプションにてRBAに変更可能

人気の22mm径、高さに関しては用いるコイルヘッド丈に合わせる為に36mmと標準的。もっと丈を抑えたコイルヘッドも世にはありますが、性能と特性、それに流通製を考慮しての選択でしょう。

 

 

 

 

 

製品詳細

 

バラして適当に並べてみた!

コイルヘッドも含めて8ピース構成です。ま、実はもう一つバラせる部分があるのですが、コイルヘッドでの運用ではここまでの分解でOKです。

 

 

 

 

 

ショートなドリップチップ。デルリン製で510接続。「Pico V2 RTA」の時は付属していなかった事を鑑みるとサービスいいね。

内径は4mmと狭く、MTLタンクな「Peta Tank」向けに用意されたものになります。

 

 

 

 

 

ショートであらゆるアトマイザーへのマッチングが良い「Pico Short DT」ですが、短すぎて咥えた感じが...との声もあることから、今回「Peta DT」は2mm延長されています。

 

 

 

 

ヘアラインが精悍なトップキャップは「Pico RTA」と共用可能となっております。すなわち既発の「Pico RTA」向けトップキャップ各種へ換装して楽しめるってこと。

 

 

 

 

 

PMMA製タンクは「Pico V2 RTA」と互換性があります。

 

 

 

 

 

リキッド保持量は「Pico RTA」の『 2ml 』から『 3.6ml 』へ増加しています。これはコイルヘッドを用いた事による副産物でしょう。素直に容量増加は嬉しいポイントです。

 

 

 

 

 

ジュースホールは3.2mmに拡張されており、リキッド補充の際によりノズルが差込みやすく改良されています。

 

 

 

 

 

相変わらず綺麗なパーツです。そしてこれ、リキッド入れる時が楽しいんだよね(後述)

 

 

 

 

 

新作「Peta Tank」の最も重要なパーツであるベース。

 

 

 

 

 

内部には別売RBAユニットを装着する際には外してしまうパーツが組まれています。2箇所大きめな穴があいているパーツがソレです。今回はコイルヘッドでの使用なのでこのまま使用することになります。

 

 

 

 

 

Modとの接続は当然510となっており、バラした際にコンタクトピンが抜けていますので空洞になっています。

 

 

 

 

 

主観ではありますが、とにかく綺麗。造りも当然ながら、安価な製品だったら満遍なく付着しているような汚れがまったく無いです。

 

 

 

 

 

エアフローコントロールリング。これも脱着出来るんですね。

 

 

 

 

 

5穴による5段階のエアフロー調整が可能です。

 

 

 

 

 

コンタクトピンはデッキ上部からセット。これが何気に上手くハマらなくてイライラ(笑

そういや底にPEEK製のインシュレーターが見えますね。これも外せますし無くさないように。

 

 

 

 

 

コンタクトピンの出代は標準的ですかね。

 

 

 

 

 

同梱されている「JUSTFOG FOG1 0.8Ωコイル」と専用「コイルキャップ」になります。おそらく限界まで丈を詰めて造られているでしょうが、この分が無ければより丈を抑えられたんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

かなり小さいパーツですから無くさないよう注意しないといけませんね。

 

 

 

 

 

このコイルヘッド、ベースパーツとスリーブの隙間から覗くコットンによりリキッドを吸い上げます。

 

 

 

 

 

ベースへ装着すると、タンク下部との隙間からリキッドが降りていき、先程のコイルヘッドの隙間に入り込むといった流れになります。

 

 

 

 

 

タンクを取り付けます。

 

 

 

 

 

「Pico RTA」同様にドリップチップはタンクに「」に装着となっています。そのためリキッド補充時にはトップキャップのみ取り外すこととなります。

 

このトップキャップのスレッド噛み合わせが相変わらず良すぎ。ちょっと噛み合わせた後は一本の指で送ってやるだけでクルクルクルッと回ってくれます。

 

 

 

 

 

前述通りですがノズルも入るリキッドホールですので、挿し込んでブチューーとな。

 

 

 

 

 

そしてコレ、リキッドの触れた部分が瞬時に透明に!

 

 

 

注意点

 

忘れがちですが、コイルヘッドを使用していますので、最初のリキッド補充時は10分程度はコットンへの浸透を待ちましょう。

 

 

 

 

 

吸ってみる

 

さて、この瞬間が一番楽しみ♪ どのような風味を出してくれるのかっ!

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

fa-chevron-circle-right

 

 

「Fog1」と「Pico RTA」の融合

 

このドローの感じ、そして風味の濃密さ、とにかく「Pico RTA」を思い出します。これが 『Fog1コイル』で発生させたミストかと思うと堪らなく面白い。

 

5穴開放だとDL可能な重めのドロー。絞ればもう、激重とまではいかないが充分に重いドローを楽しめます。

 

 

 

 

このように良い風味を発生させる付属の0.8Ωのコイルは「Fog1」にて実績があります。このコイルの入手性の良さがポイント高いですよね。コレを常備しておけばビルドする暇の無い時でもササッと準備して美味しい風味に行き着くわけです。

 

 

 

 

 

まとめ

評価
オススメな点 ◎ 造形・質感

◎ 接続箇所精度

◎ 濃密な風味

○ 実用性あるAFC

○ 入手性の良いコイルヘッド

イマイチな点 △ やや高いプライス

△ 付属品

 

まず「Pico RTA」に引けを取らない風味を出すという点。このような抵抗値0.8Ω程度と、おそらく他のクリアロマイザーでは昨今設定の無い高抵抗なのですが、ミストの美味さは凄まじい。

他の低抵抗なコイルヘッドのクリアロマイザーが無茶して必死こいて出してる濃度を、「Peta Tank」はサラッと汗もかかずに出してくる。実際リキッド消費も適正ですしスマートですよ。

 

 

 

 

 

5穴開放で『DL』、1穴だと『MTL』という、エアフローコントロールのレンジが絶妙。基本重めのドローと思っていいけど、キチンとリキッドを味わいたい人に最適なエアフローとなっています。

 

 

 

 

 

当然ながら「Pico RTA」譲りのルックスも見逃せません。共用パーツもありますから、既にお持ちの方ならカスタマイズも捗りますよね。

 

 

 

 

 

22mm径です。このタンクを手に取られる方ってのは、どちらかと言えば「歴」のある方じゃないでしょうか。それなら昨今のように巨大化する以前のModもお持ちでしょう。合わせるModに事欠かないかな。

 

 

 

ということで、色んな意味で安定性の高いクリアロマイザー「Peta Tank」のレビューでした。

そしてこの「Peta Tank」には別売RBAユニットにてリビルダブル可能という追加要素があります。それについては次回。

 

 

 

 

 

ご購入はこちら


ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ