iQOS(アイコス)互換機「Pluscig V2」by Pluscig

 

まだまだ互換機の需要高いみたいですねー。既に正規本体の入手性は問題ないみたいだから、これはサブ機としての需要なのか、少しでも安く入手したいって方々もいるからか。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

提供元:VapeSourcing

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・付属品

というわけで「Pluscig V2」になります。開けていきまーす。

 

 

 

 内容物はこんな感じ

 

内容物一覧
・Pluscig V2
・スペアOリング
・USBケーブル
・綿棒
・取扱説明書

本体とスペアパーツ、充電用ケーブル、清掃用の綿棒がセットとなっています。

 

 

 

清掃用の綿棒ですが、やけにコットン量が少ないタイプです。実際使ってみてコレじゃなきゃ駄目とかないので無理に使わなくてもOK。

 

 

 

こちらはトップカバーを保持するためのパーツ。そんなにすぐ劣化するものでもないですが、予備も複数付いていて親切。

 

 

 

取扱説明書は日本語での記載もあります。

少しおかしな表現もありますが、丁寧に説明しようとしているのが伝わります。

 

 

 

 

外観・仕様

Pluscig V2
・サイズ:14×128.8mm 
・重さ:39.2g
・バッテリー容量:900mAh
・充電時間:80min
満充電からヒートスティック15本分吸えるバッテリー容量です。容量にしては充電時間が長いので、こまめに充電したほうが良さそう。

 

 

 

詳細

ヒートスティック差し込み口。

 

 

 

全ての操作はこのボタンから。

 

 

 

ボタンのすぐ傍に充電用のUSBポートがあります。

 

 

 

底。

 

 

 

カバーを外していきます。

 

 

 

すると出てくるのが「アンチオーバーヒートカバー」と称される部分。このカバーが表面への熱を抑え込んでいるようですね。

 

 

 

その中にセラミック製のピンが立っています。これをヒートスティックに挿し込んで熱するわけですね。

 

 

 

 

使ってみる

というわけで、ヒートスティックを買ってきましたので、実際に使用してみたいと思います。

 

 

 

電源を入れます。ボタンをすばやく3回押すことで電源 On/Off を行えます。

 

 

 

ヒートスティックを差し込みます。グッと挿す感じ。

 

 

 

実際に過熱するにはボタンを長押しします。すると LED が点滅します。

 

点滅が点灯に切り替わったら吸引可能です。この間は数秒程度と速いです。

 

 

 

これから3分30秒のあいだ過熱が続きますので、その間は吸引可能です。時間が経つと LED が消灯します。

 

過熱が終わっても電源は On のままです。続けて吸う場合はヒートスティックを交換して、再度ボタンを長押しで過熱に移行する必要がありますし、吸うのをやめる場合はボタンを3回押して電源 Off にしておきます。

 

 

 バッテリー残量

 

緑:99-81%

青:80-21%

赤:20-10%

 

残量によって LED のカラーが変わっていきます。赤色に変わったらすぐに充電しましょう。

 

 

 

 

クリーニング

何本も吸ったあとだと燃えカスが付着してきますので、美味しく吸うためにも定期的な清掃を行いましょう。

 

本製品は「炭化清潔機能」というのがあって、要するにピンを空焚きしてカスを剥がすといった機能があります。

電源 On 時にボタンを15秒間押しっぱなすと発動し、30秒間動作して自動終了します。

 

使ってみましたが、余り汚れてなかったからか、イマイチ効果がわかりませんでした。

 

実際は機能を使用せずとも、こまめに綿棒等で清掃してあげれば問題ないんじゃないかな。その際はちゃんと冷えている事を確認してから行いましょうね。

 

 

 

 

まとめ

この手の iQOS互換機を使うのは二度目です。シンプルな機構でとても使いやすいですね。

 

過熱の具合も文句ないかと思います。正規品を使用した事がないので比較は出来ませんが、Pluscig V2 を使用した限りちゃんとヒートスティックの風味を引き出してくれていると感じます。

 

 

 

 

 

ご購入はこちら

安く買うなら ▼

とにかく安い!コード「vscoupon」で更に値引き!価格はサイトにて確認して下さいね。

 

 

 

 

▼ 国内から買うなら ▼

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ