シングルコイル向けで22mm径、トップ吸気なベル形状なドリッパー。

 

 

今回レビューする「Bell RDA」は、中国深セン市のPhevandaによるRDA。

販売前から話題になっていたアトマイザーですが、その造りと味の出方を見ていきたいと思います。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

 

それでは「Bell RDA」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

 

  • Bell RDA
  • BFピン
  • スペアパーツ|イモネジ / Oリング

 

 

 

スペアパーツはポスト用のネジと、デッキとドリップチップ用のOリングが付属しています。

パケ裏にはプラスドライバーの記載もあるが付属していない。公式見ても付属品に書かれていないので誤記載でしょうかね。

 

 

 

製品仕様

 

  • タイプ|RDA
  • サイズ|Φ22x30mm(DT、コンタクト含む)
  • 重さ|30g
  • 材質|316SS
  • コイル|シングル
  • エアフロー|サイド

 

 

 

製品詳細

 

ネーミング通りのベル型。トップキャップの模様の内の2つのみが実際にエアホールとなっています。

 

 

 

 

ドリップチップの内径はやや小径。接続は510となっています。このドリップチップ自体がかなり小さい造りです。触れたものの中では過去最小かも。

 

 

 

 

サックりとバラす。4ピース構成。

 

 

 

 

トップ吸気サイドエアフローなので、エアベントやデッキと位置合わせ用の突起がチューブ内にあります。

 

 

 

 

デッキはポールをもたないローハイトな造り。両サイドにあるネジでかしめるタイプ。ネジの両サイドにガイドがあるのでビルドしやすそう。

 

 

 

 

ドリップチップとトップキャップを装着した状態のチューブを内部から。

画像内の上下がエアホールで、トップキャップを回して開度調整が可能。

 

 

 

 

チューブを装着するとエアフローがわかりやすい。最終的にサイドからコイルへ吹付け。

エアホールが特段狭い造りでもないのでMTLというわけではなさそう。

 

 

 

 

コンタクトピンは出代少ないです。

 

 

 

ビルドしてみる

 

一応コイル治具等が置けるように外周に切り欠きもありますが、細い内径向きのようであまりフィットせず。使わなくても問題ない。

コイルの向きはジュースウェルの位置を意識すればOK。とにかくビルドが簡単。

 

 

 

 

内径3mmの単線マイクロコイルで。高さはこのくらいにしてみました。エアホールから見ると高い位置になりますが、両サイドからのエアーが登っていく慣例から言っても文句なしの位置だろうと思います。

 

 

 

 

コットンはいつも通りフカフカに。

 

 

 

 

という事で抵抗値0.6Ωのシングルコイルで組み終わりました。

 

 

 

Modに乗せてみる

「Bell RDA」+「KBox Mini」

 

こういった裾広がりなドリッパーは大きめのModに合わせやすいかも。画像のような同径よりは大きいほうがマッチすると思います。

 

 

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

まずはエアフロー全開で!

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

めっちゃ濃く出ますねー。なんだこりゃ。濃く出るだけじゃあなく、風味自体キッチリとバランス良い印象。

ドローはオーソドックス。軽めだけどスカスカとまではいかない。

絞るとそれなりの重さに。MTLにはならないですが自然な重さ。

 

 

 

まとめ

評価:Bell RDA|9.5/10

 

  • 質感:綺麗|標準|荒い
  • ビルド:容易標準|難
  • 風味の濃さ:濃厚濃いめ中間|薄め|薄い
  • 解像感:中間|荒

 

 ビルド簡単

○ 濃くバランスも良いナイスな風味

リキッドの滲み知らずなトップ吸気

 

 

2018年夏のマストバイなドリッパー。

販売される前から注目度が高かっただけあって文句なしの完成度。

ある程度適当にビルドしても味が出ちゃうタイプ。そういった印象ですね。ドリッパーとしてもリキッド保持量に不満も出なかったし、勿論スコンカー運用もいいでしょう。

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ