先代が非常に出来の良い子だったので期待して購入しました。
今作はサイドエアフローに変更され22mmと24mm(本製品)の2サイズ展開となりました。

22mm版のレビューはこちら

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

スポンサードリンク

パッケージ&付属品

チェスト型のボックスになっています。

 

 

引き出しを開けると小箱と本体。そしてシリカゲルが入っています。

 

 

取扱説明書とコーションカード。

 

 

箱の中に小袋が入っていて、予備Oリングと予備ネジ、そしてプリメイドコイルが入っています。

 

 

他にはコットンとドライバーが同梱。

 

 

外観

表面はポリッシュで光沢感のある質感です。
指の指紋が付きやすいですがこのペカペカ感は好きです。

 

 

バラしてみた

4ピース構成。

 

それでは各パーツ毎に見ていきましょう。
洗浄前なので汚れついているかも。

PEI製で810(ハーフインチ)のドリップチップ。

 

パイン飴やーーー

間違えて食べるなよ

ドリップチップにOリングは付けられていません。
トップキャップ側にあるタイプ。

 

トップキャップ兼インナースリーブ。

エアフローコントロールする際の滑り止めに凹凸加工されています。
エアホールは長めのオーバルで吸気量は多そうで爆煙系といった印象を受けますね。

 

 

810の接続部。
これもそうですが、トップキャップ側にOリングを設ける構造が一般的ですね。

 

 

内部はドーム型。
凄く厚みのない造りなので力入れたら歪みそう。

それにしても汚れの付着が多いです。使用前にはキッチリと洗浄しましょう。

 

 

スリーブのエングレービングは綺麗です。

 

 

こちらも厚みがない造りです。
画像のように手の油分等が見えやすい光沢感があります。気になる人は気になるでしょうか。私はこまめに拭き上げてペカペカにするのが好きなので問題ないです。

 

 

個性的なポストデザインに深いジュースウェル。

 

 

2頭のチーターが背中合わせになっているようにも見えます。
上部ワイヤーホールがネジ径より大きいので、細い線だと左右の隙間に入っちゃってあまり良くない。
ホールはもう少し狭く造っても良かったんじゃないかな。
下側は下がるクランプとなっていて、ネジを緩めれば自重で下がるのが賢い。

 

 

ボトムのネジを2つともポスト固定となっていて、外せば完全にバラせます。

 

 

コンタクトピンの出代はこの程度。
そこまで出ていない印象なのでご使用はよく理解して行って下さい。

 

 

左は「Cheetah Ⅱ Mini RDA」です。
一見すると違いが分からないくらいのサイズ差ですね。

 

 

丈は24mmの本製品のほうが低いです。
エアホール位置が同じ高さなので、単純にスリーブ長が詰められて、内部空間が横に広く縦が狭くといった構造が24mm版。

 

 

ビルドする前に洗います。

 

Shu
使用前にはよく洗浄しましょう

 

ビルドしてみる

付属のコイルを使用せずに26ゲージのマイクロコイルにて組んでみました。

 

 

フワフワなコットンを設置。
今回はコットン量多めで少し詰め込み気味にしました。

 

 

吸ってみる

 

以降は筆者主観による感想です

 

エアフロー全開で吸ってみます。

 

Shu
スコーーープハーーーー

 

Mini同様にクドいくらいに濃い風味

既に22mm版の「Cheetah Ⅱ Mini RDA」も吸っているから、同じ方向性であるのは間違いないとは思っていました。
やはりとにかく味が濃くでます。
濃すぎなんですよ。
ゆったりペースで吸うならいいかなって思いますね。

 

そしてミスト量も多いんです。
単線でも多めなので、クラプトンとかのワイヤーでビルドしたら正に爆煙となるでしょうね。

 

 

まとめ

本製品は24mm径なので乗せるMODは制限されますね。
そしてゴツいワイヤーで組んで低抵抗で攻めるならデュアルバッテリーのレギュレーテッドとかでの使用になるでしょう。
そういったセットアップで使用してこその製品って気もします。

 

 

先代が22mm、「Mini」も22mm。そして本製品が24mm。
本来なら本製品は「Cheetah Ⅱ Plus」とかにすれば良いんだろうけど、何故かこの業界は小さい方向にだけ「Mini」とかって付けちゃうんだよなぁ。

いや、径って重要だと思うんですよね。
それが変更されたものが「Ⅱ」で、キープしたものが「Ⅱ Mini」ってのが変だと思っただけです。
どうでもいいですね。

 

 

本製品と「Mini」のどちらを買うかで迷うなら、乗せられるMODがあるならコッチがオススメ。
低価格で質感良くて工夫もされてて凄く良いのに売れていない印象だなぁ。
先にレビューした「Mini」でも書いた気がするけど、トップエアフローは意地でも維持して欲しかったな。

 

Shu
かなり気に入って使ってます♪

 

過去にレビューした製品へのリンク貼っておきます。

2代目はクランプ搭載サイドエアフロー 「Cheetah Ⅱ Mini RDA」by OBS
2017.9.24
先代が非常に出来の良い子だったので、期待して速攻購入してみました。 メーカーである『OBS』も、今回は時風に沿って22mmに加えて24mm径もラインアップした2種での販売をしています。 私は最近使用している製品が24mm径以上が多くなっていて、食傷気味だったのもあり22mmを選択しました。 Shu...…
上品な風味を堪能出来る!トップエアフロー「Cheetah RDA」by OBS
2017.9.3
トップエアフロー(上部からエアー流入)ですって、私は初めて使用します。 Shu サクッと見ていきましょう♪ 公式の画像を拝借してエアフローを確認。エアーが上と横からコイルに当たり、周辺をグルンと回ってミストが上がってくるという仕組みらしいです。それが実際どのような体感として得られるのか期待します...…

 

製品仕様

ご購入はこちら

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


Atomizer, RDA, OBSの関連記事
  • 誌ングルコイル用24mmドリッパー「Gorge RDA」by ADVKEN
  • そつのない仕上がり24mmドリッパー「Rabies RDA」by Desire
  • ドリチ一体型ガラスチューブ「Nixon V2 RDA」by EHPRO
  • 安価な名機「Freakshow RDA」by Wotofo

TwitterでShuをフォローしよう

  • RDA
  • RTA
  • USA[A-M]
  • Starter Kit
  • RDTA
  • Technical
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • RDA
  • RDA
  • RDA
  • RDA
こちらの記事もおすすめ
Batteries
メーカーは最大50Aと謳っているバッテリーになります。さて、実際のところどうなのでしょうか?...