米国 Nicoticket の「新生 Wakonda」を吸ってみます。

 

 

あの廃業はなんやったんや?

あっという間に復活したNicoticketですが、ラインアップは控えめですね。今のところ4種類のリキッドしかありませんね。まぁ、廃業前は種類を増やし過ぎてた感がありましたからねぇ。

 

そんなわけで復活した「Virus」と共に、それ以上にNicoticketの顔的存在だったリキッド「Wakonda」のレビューです。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:ベプログショップfa-external-link

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

製品仕様

製品仕様

・風味:コーヒーバニラタバコ
・内容量:60ml
・VG/PG比:70/30
・生産国:米国
・価格:¥3,280-

復活後の今のところサイズは60mlのみの展開みたい。

 

 

 

 

 

公式による味の説明
Wakondaは、オマハのネイティブアメリカンが、神聖か神秘的と見なす物理的な物体や自然現象を記述するために適用した言葉です。オマハの戦士たちやワイメンたちと同じように、この終日のヴォペットは、時間の経過とともに強さと性格を得る。このタバコ、バニラ、コーヒーのブレンドは、あなたの早朝を大胆なダークローストの味わいで動かし、自然に抽出されたタバコのノートで一日をお届けし、終わりまでスムーズでリラックスしたバニラ調子で終わります。

ーーーらしいです。

 

 

 

復活したNicoticket"Chubby Gorilla"製のボトルを採用しています。ノズルは使いやすい細めなストレート。

 

 

 

 

 

吸ってみる

「Galaxies MTL RDA」カンタルA1 0.8Ω

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

評判通り“別物”ですね。

しかも個人的には良くないほうに変わった印象です。

 

根本的に何か酸味というかフルーツ感というか、旧版には無かった風味が強くて、以前の徹底的な“こってりとした甘さ”ってのとは大きく異なります。

そして以前より薄くなりました。とことん濃厚だった旧版と比べて物足りない感じ。とにかく甘み・濃密さ共に減ってるね。

 

バニラ感はまだ強めに出てるほうかな。コーヒーとタバコの風味の感じはレビュー済みのBasic VaporGENTLEMANfa-external-linkに近い印象です。コーヒー感はもっと欲しいかな。

 

 

 

不味いとまでは言わないけど、旧版の方向性のまま改良するなりして欲しかったなぁ。ボトルとかは今のほうがいいけどさ。

 

 

公式にもスティープにてバランスが取れると書かれていますので、このボトルを吸いきらずにおいて後日改めて吸ってみます。

 

 

 

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ