本当に2017年には吸えなくなっちゃうの?
今の内に確保しておいた方が良いかもしれない。

さて、日本においてベイパー人口はジワジワ増えていると思います。
私がVAPEを吸い始めた2015年時点でもVAPE関連のブログをググりまくったら必ず出てきた『NICOTICKET』という名前。
「WAKONDA」は『べプログ』でもレビュー数No.1を独走中(2016年11月時点)。
多くの人が「WAKONDA」にハマり、そして今でも愛飲中の方も多いと思います。
そんな『NICOTICKET』が事業をシュリンク(実際には廃業とのこと)するとの事で、「WAKONDA」と「VIRUS」以外のリキッドはディスコンになります。
それらのレシピはなんとオープンにするとの事で、これは『NICOTICKET』からは今後(少なくとも同じ味では)再発されない事を意味していると思われます。
2016年の米国においてのベイパー人口の推移は微増程度とどこかの記事で見ました。
"FDA"のタバコ製品法での規制がメーカーに対して始まる事により、多くのリキッドメーカーが廃業になるとも予想されています。
市場が消極的になっていく行く末を予感させる『NICOTICKET』の決断。
個人的には残念だし不安です。
今回はそんなニコチケの廃盤決定リキッド「STRAWNILLA」の紹介です。

strawnilla01

スポンサードリンク

製品仕様

・Official site: NICOTICKET ※-2017/1/9追記-「STRAWNILLA」は削除されています
サイト自体消滅しています(2017/6/15追記)
・Flavor Profile: Strawberry milk or a strawberry shake
・PG/VG: 50%/50%
・Nicotine: 0mg/3mg/6mg/12mg(ml)
・Volume: 15/30/60(ml)
・Price: $9.9~

セットアップ

strawnilla02・Atomizer:YURI RDA
・Coil:Kanthal A-1 Dual
・Resistance:0.54Ω
・Wattage:28~30W

吸ってみた

ニコチン添加して吸ってみました。

[talk words="スコーー、プハーーー " avatarimg="https://vapeformen.jp/wp-content/uploads/2017/03/Shu04.jpg" name="Shu"]
「うん、悪くないね」
半年以上前に買って放置していたからスティープが進んだかな。
始めて吸った時はシェイク感が強かったけど、半年経過して純粋に苺ミルクって感じに落ち着いた感じ。
それでもやっぱり他の苺ミルク系とは違う独特の味がするね。
もったりはしているんだけど、鼻腔に残るバニラが「あぁ、ニコチケの味だなぁ」と個性を感じさせる。
苺の味に関しては、人によって感じ方が随分変わると思う。
割とハッキリ酸味があるので嫌う人も多いかなぁ...
「一度は吸っとけ」とまでは言わないですが、廃盤決定なので興味があれば今の内に確保しとくのもアリかと。
個人的には1本ストックしておこうか迷い中です。

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


E-liquid, NICOTICKETの関連記事
  • 絶品マンゴークリーム「Mango Cream」by NINJA WORKZ
  • 数多くの人を虜にした洋梨フレーバー「Snake Oil」by Seduce Juice
  • 「Iris」by Ambrosia
  • フランス産リキッド「BLUE LIGHT」by JWELL

TwitterでShuをフォローしよう

  • Starter Kit
  • Mechanical
  • Clearomizer
  • Technical
  • RTA
  • RTA
  • RDA
  • Technical
  • Starter Kit
  • RDA
  • RDA
  • Technical
VAPEな雑記
FastTech(ファストテック)での通販で不備があったという話です。 これまではなんの不備もなく順調に利用しておりました。 ところが遭遇し...