「奴隷にするならVAPEだろ!!」をコンセプトに作り上げたクリミナシリーズの第4弾!

 

 

ということでMK Lab奴隷区のコラボレーションリキッドCRITICAL MIDNIGHTラインからSCM VAPE ラム・ハニーを吸ってみます。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:ベプログショップfa-external-link

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

製品仕様

  • 風味|ラム&ハニーメンソール
  • 内容量|15ml
  • VG/PG比|60/40
  • 生産国|日本
  • 価格|¥1,080-

容量は少ないけれど、手を出しやすいプライスとなっていますね。

 

 

 

奴隷区とは?

 

そもそも奴隷区を知らなかったので調べてみました。

 

『僕と23人の奴隷』(ぼくとにじゅうさんにんのどれい)は、岡田伸一による日本のケータイ小説。エブリスタで連載された。他人を奴隷にすることのできる機械「SCM」を手に入れた人間たちによる群像劇が描かれる。単行本は2012年に双葉社より全3巻が刊行され、2013年から文庫版『奴隷区 僕と23人の奴隷』(どれいく ぼくとにじゅうさんにんのどれい)が双葉文庫より全3冊刊行。

引用元|Wikipedia - 奴隷区 僕と23人の奴隷

 

 

 

販売店による風味の説明

ラムの上品な香りとハチミツのほのかな甘さにあなたも誘惑されてしまいます。

ーーーらしいです。

 

 

 

吸ってみる

「Galaxies MTL RDA」カンタルA1:0.8Ω

 

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

あぁ~・・・この甘味はお菓子で食べたことのある風味。

なんだっけ。思い出せないし、まぁいいや。

苦味を感じます。まずは甘みと清涼感がグッと来て、直後に苦味というかフリスクとかのあの感じがあります。

 

ラム感は薄いんじゃなかろうか。ハチミツ感は確かにあるけど、結構清涼感がマスクしちゃう感じが強いかな。

 

 

 

 

悪くないけど積極的にオススメしたくなるほどでもないかなぁ。まぁ暑い時期には爽快に楽しめそうな吸い心地ではありますけど。

どうにも駄菓子感が強く、よくある感じなんですよね。

 

とりあえず「奴隷区」好きな方は手にとってみてはいかがだろうか?

 

 

ご購入はこちら

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ