Tanya’s “Coffee Time”(ターニャのコーヒータイム)by 幼女戦記×MK Lab

 

劇場版『幼女戦記』公開にあわせて登場のコラボリキッド!

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

提供元|ベプログショップ

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品仕様

 

  • メーカーMK Lab
  • シリーズ幼女戦記×MK Lab
  • 容量60mL
  • 配合PG28% / VG72%
  • ニコチン0mg
  • 清涼感
  • 生産国日本
  • 価格¥3,780-

 

 

 

 

Tanya’s “Coffee Time”(ターニャのコーヒータイム)はコーヒー&チョコレート風味。

 

主人公であるターニャの好物であるコーヒーと、本リキッド発売日がバレンタインデーに近い事もあって(?)チョコレートをブレンドしています。

 

幼女戦記とは?

 

そもそも「幼女戦記」を知らないって方のために簡単に概要だけ書いておきます。

今回公開されるのは劇場版アニメですが、もとはラノベで続刊中。既にTVアニメ化もされています。

 

上の画像が主人公である「ターニャ・デグレチャフ」という名の、まぁ言ってしまえば幼女。だが、精神は日本でサラリーマンをしていた30代の男性なのだ。

いわばヤッピーだった彼は徹底した合理主義の超リアリスト。自身の出世の為の冷徹な行動により恨みを買いあっけなく殺されてしまいます。

・・・が、人生が終わる瞬間に神と思わしき「存在X」と対話します。

そこでは神をも論破しようと持ち前の合理主義に基づく理論を展開するのですが、それで怒りを買ったか神の気まぐれか...なんと大戦時代のドイツみたいな国で女の子として転生することとなります...記憶を保持したまま。

 

とにかく面白いんです!

エリートなのは転生後もそうなのですが、本人の思惑と裏腹に過酷な状況に身を置く展開になっていくあたり、ニヤニヤしちゃうんですよね。

 

吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観として捉えて下さいね。

C-Roll RDA抵抗値0.6Ωで吸ってみます。

 

 

お高いチョコレートのような風味の中にコーヒーの香ばしさ漂う。

甘すぎないチョコレート。いや、甘いって言えば甘いんだけど、すぐに口溶けしてフェードアウトしていくかのような旨い甘み。

ビターなコーヒーがチョコレートに絡まって甘ったるさをセーブしてくれているからでしょうね。

 

コーヒーがハッキリと単独で認識出来るのは吸い始めかな。

とにかくチョコレートのまろやかさが印象的。

 

 

 

 

これは美味いですねー。ついつい吸い続けてしまいました。

きっと吸った人もみんな止め時見失うでしょう。60mLだからたっぷり楽しめますね。

 

本リキッドは一部の『幼女戦記』上映館でも販売されるとのことです!

是非とも鑑賞後に購入しよう!または⇩のリンクから買いに行ってもいいんやで。

 

ご購入はこちら

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ