KRMA RDA by MISSION XV ドリッパーレビュー

 

洗練されきったシングルコイル用ドリッパー。

 

 

Official MISSION XV - KRMA RDA

 

MISSION XVは2017年にカナダで誕生したメーカーです。

 

今回レビューするKRMA RDAは2018年にリリースされた22mm径のドリッパー。

履歴調べたら2018年5月に購入してました。なのに開封したのが2019年という...かなりの放置プレイしてました。ど、どんだけぇ。

 

発売当初は国内ショップでも取扱いはそれなりにありましたが現在は売っていません。まぁ価格帯から言っても少量を数回仕入れて売り切ってオシマイって感じでしょう。今のところMISSION XV公式からはまだ入手可能ですね。

 

 

パッケージ・内容物

KRMA RDA パッケージ

 

パウチに封入。なんていうかセンス良いですよねー。単にクッション材くり抜いたトレイをビニールにぶち込んだだけなんだけどね。

 

 

 

 

KRMA RDA クション

 

それではKRMA RDA開けていきまーーす。

 

 

 

 

KRMA RDA 内容物を並べた画像

 

 

  • KRMA RDA 本体
  • 22mmトップキャップ(SS/Derlin)
  • 6mmボアドリップチップ(Derlin/ULTEM)
  • BFピンブラグスクリュー
  • スペアパーツ(イモネジ/Oリング)
  • 工具

 

 

 

KRMA RDA ワランティカード

 

1年は保証が付くみたいけど、ぶっちゃけ海外製品だとあまり関係ないよね。

それよりこの断面図がわかりやすくて良い。こういったのはメーカーな見せ方。

 

 

製品仕様

KRMA RDA 正面画像

 

 

  • タイプ|RDA
  • 大きさ|Φ22x30mm
  • 重さ|28g
  • 材質|SS / Derlin
  • コイル数|シングル
  • エアフロー|サイド

 

 

製品詳細

KRMA RDA 寝かせた画像

 

シンプルながら相当に計算された造形だと思いますね。

 

 

 

 

KRMA RDA 2つのキャップとデッキを並べた画像

 

材質違いで2個のトップキャップが同梱されています。

 

メーカーは『性能が優れるものを安価に供給』っていうお決まりみたいな事言っていますが、だったらDerlinキャップはオプションにして本体は価格下げて欲しいって気もします。製品の性質上、中華メーカー製と比べて機能面では差といえるほどの差が無いのに倍以上の価格ですから。まぁ、そのへんは微妙な話しでもありますよね。

 

 

 

 

KRMA RDA 2つのキャップの内側

 

トップキャップ内部はとてもシンプルなのですよね。天井部は外から見ると傾斜ついていそうだけど内部はフラットです。

 

 

 

 

KRMA RDA 2つのドリップチップを並べた画像

 

DerlinとULTEMのドリップチップは材質のみ異なり、内径は共に6mm。Derlinのほうのドリップチップは付け根辺りがバリバリッています。仕上がり雑い。

 

 

 

 

KRMA RDA ドリップチップを寝かせた画像

 

横から見てもバリがわかります。んでOリングも荒れてる。あんま綺麗じゃないね。

接続部の長さは5mmです。

 

 

 

 

 

KRMA RDA デッキのエアホール画像

 

エアインテーク(吸気部)は大きく掘られて下半分のみ内部へと開口した形状。

トップキャップを被せると掘りの上半分にフィットし、吸って→下がって→内部へ、というエアフロー。左右の遮蔽分だけの範囲でエアフローコントロールが可能です。

 

 

 

 

 

KRMA RDA デッキのエアホールを内部から見た画像

 

内部側では凸って中央に寄せられた形状。

このエアホールのステップ構造によりリキッドの逆流を抑制しています。まぁ、そもそもエアホール位置が高いので逆流しなさそう。

 

 

 

 

 

KRMA RDA 2つのポストが見える画像

 

ポストは片方が『ロ』に囲われ、もう一方は『コ』に開口。ビルドはしやすそう。

 

 

 

 

KRMA RDA ボトムフィード吐出口の画像

 

ボトムフィード時の吐出口は底面フラット。

 

 

 

 

KRMA RDA デッキの治具置き

 

デッキ外周には治具置きとなるノッチがあります。

 

 

 

 

KRMA RDA デッキのバリ画像

 

一部、仕上がりが汚い状態になっていました。ここまで露骨なのは初めて。こりゃあ良くないですね。

 

 

 

 

KRMA RDA 底面画像

 

底面は個性的。中央のコンタクト、両サイドにポストパーツ固定用、そして小さいのがBFピンプラグスクリュー。KRMAは開封時点でBFレディな状態となっています。

 

 

 

 

KRMA RDA コンタクトピン拡大図

 

コンタクトピンは適度な出代です。

 

 

 

 

KRMA RDA BFピンプラグスクリュー

 

BFピンプラグスクリューを取り外してコンタクトピンに装着すれば非ボトムフィードでの運用が可能になります。

BFピンって保管をどうしよう?ってのがあるよねぇ。本体に収納出来るのって一番良い解決法かも。

 

 

 

 

KRMA RDA BFピンが塞がれた状態の画像

 

(どうにもBFピンスクリューにピントが合わないけど)まぁこれでドリッパーとして使用可能となるわけです。

 

 

 

 

KRMA RDA 底のボルトを外した画像

 

完全にバラして徹底的な洗浄も可能です。

ですがネガティブポストしか外せませんでした。

 

 

 

 

KRMA RDA コンタクトピンの六角形状

 

ポジティブポストは先にコンタクトピンを引き抜かなければなりませんが、この六角穴に合うサイズの工具が手持ちでありませんでした。

 

 

ビルドしてみる

KRMA RDA コイルを組み付けた画像

 

やっぱシングルコイルっていいねぇ。もう自ら買っているものはほぼシングルコイル用になってきます。

ビルドの手間もそうだけど抵抗値がね。あまり低くしたくないとなるとデュアルコイルだと難しい場合が多い。

 

 

 

 

KRMA RDA ビルドしたコイルの拡大図

 

今回はNi80の24AWGで内径は3mm、12巻して0.8Ωくらいになりました。

 

 

 

 

KRMA RDA コイルの高さ位置がわかる画像

 

治具置きに置いたままの高さで悪くなさげでした。このままいきましょう。

 

 

 

 

 

とても組みやすいデッキです。多く採用されているポストデザインですが、現状もっとも簡単に扱える部類でしょう。

 

 

 

 

KRMA RDA コットンを通した画像

 

コットン量はたっぷりいけますね。

 

 

MODに乗せてみる

KRMA RDA をiStick Picoに乗せた画像

 

22mm径ですから初代iStick Picoに問題なく乗ります。

 

 

 

 

KRMA RDA 汎用ビューティーリングを付けた画像

 

手持ちの22→24mmのビューティーリングを装着。

 

 

 

 

KRMA RDA 汎用ビューティーリングを付けた画像

 

大きなボックスMODにも似合うシェイプをしていると言えるでしょう。

 

 

 

 

KRMA RDA 同梱のブラックデルリンキャップを被せた画像

 

付属のDerlinキャップにULTEMドリップチップ。それにオプションのDerlinビューティーリングを装着。純正オプションはさすが凝った形状ですな。

 

 

 

 

KRMA RDA 同梱のブラックデルリンキャップを被せた画像

 

好みの形状でした。収まりもいいし、吸気位置が高いから汎用品のビューティーリングでも被ってしまう事が少ないでしょうね。

 

 

吸ってみる

KRMA RDA 正面画像

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

あぁ~美味しい風味を出してくれますねー。

 

2018年はMTL向けのアトマイザーが多くって、いささか吸い疲れしてたのでこの適度なドローは堪らないですね!

もう、一吸い目から「ウッマァッ!」って感じでした。風味豊か!

コイル次第ってのもあるでしょうけど、実に柔らかいミスト。フゥワァッて香ります。

エアフローコントロールは絞ってもMTLな領域まで重くはなりませんね。比較的軽い感じ。だがこれがいい!って感じですわね。

 

 

まとめ

KRMA RDA デッキと2種のトップキャップ

 

KRMA RDA

質感|良 ●ー●ーー●ー● 

ビルド|易 ●ー●ー●ー● 

風味の濃さ| ●ーー●ー●ー● 

風味の解像感|高 ●ーー●ー●ー● 

ドローレンジ|軽 ●ー 

漏れ耐性|良 ●ー● 

 

 

見てきた通り加工の仕上がりに雑な部分が見当たります。そういう個体だったという事ですが、品質管理が甘い、品質にムラがあるのは事実です。

価格から言っても、もう少し丁寧にしてもらえないとね。

造形自体はすこぶるカッコいいんですよね!だから尚の事、あのような状態で良品として出さないで頂きたい!

 

なんたってね、材料費なんてたかが知れているんですよね。設計や加工に対して対価を払っているんだから。その加工はキッチリとして欲しいものです。

ビルド含め扱いやすさは文句なし。BFピンの収納やリークプルーフなエアフローのアイデア・デザインも秀逸。

味も出方も抜群に良かったです。

 

ご購入はこちら

created by Rinker
¥11,000 (2019/12/10 00:18:42時点 楽天市場調べ-詳細)
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ