ミニプルスターター by ベプログ|買い増しに最適なプルームテック互換機

 

純正より小型なのにパワフルなプルームテック互換機。

 

 

純正比3倍?!の煙量なのに小型なカートリッジ「ミニプルブースト」に、純正より全長が短くなったバッテリーがセットになったキット品。

さらに専用リキッドもセットになっているのにプルームテック純正より安価なのです。純正よりお得、純正より楽しめて、紙巻タバコからプルームテックへの切り替えを検討している方にもピッタリなスターターキットです。

このキットと別でタバコカプセルさえ買えばもう使用可能です。

 

── 提供|ベプログショップ ──

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

製品の特長

ミニプルスターター3つの特徴

 

 

1.

ミニプルスターターのカートリッジ(ミニプルブースト)は通常のプルームテックカートリッジより約1.5cm短いのですが、バッテリー部分も通常品より約1cm短く創った事により全長約10cmというロングタイプのタバコと同じようなサイズ感となっています!

 

 

2.

プルームテックは煙が少なく「吸った感」が少ないですが、ミニプルスターターは煙量が増える設計により「数倍の吸った感」を楽しめます。

 

 

3.

ミニプルスターターはバッテリー内のセンサーに拘っており、軽く吸うだけで煙が出るタバコに近い吸い心地となっています!

 

 

 

プルームテック純正品より小型なのに煙量が数倍!...というだけで興味湧きませんか?

 

こちらのキットには選べるリキッドも付属しているので、他に必要となるものはタバコカプセルだけ。

付属リキッドはタバコカプセル向けに作られている「プルリキ」ですが、それとは別に膨大な種類が存在する一般的なVAPE用リキッドを購入して使用することも可能です。

 

パッケージ

ミニプルスターター パッケージ

 

とっても小さい箱です。「えっ?」って言うくらい小さい。7.5cm角程度のパッケージ。

なんたって中身がとても小さいですからね。

 

 

内容物

ミニプルスターター 内容物

 

■ 内容物
  • ミニプルブーストカートリッジ
  • ミニプルバッテリー
  • USB充電器
  • マニュアル

 

ちゃんと日本語記載の取扱説明書が付属していますから安心ですね。

とはいえ使用方法はとても簡単なものです。プルームテック純正との違いはリキッドを補充するところくらい。

 

製品詳細

ミニプルバッテリー

ミニプルスターター バッテリーは純正より短い造り

 

まずミニプルバッテリーから見ていきます。

プルームテック純正バッテリーより約1cm短く造られているとのこと。ただしバッテリー容量が非公開なんですよねー。純正は210mAhらしいのですが、短い分それよりかは少ないのかな?

 

 

 

 

ミニプルスターター バッテリーのロゴは控えめで目立たない

 

シンプルにロゴが一箇所のみという悪目立ちしないところが好感度高いですね。

 

 

 

 

ミニプルスターター カートリッジとの接点とLED点灯部

 

画像左がカートリッジとの接点、右が先端でLEDが光る部分です。

 

 

 

 

ミニプルスターター 先端LEDの点灯イメージ

 

吸引時や充電時に先端部分が光るのですが、かなり明るいですね。

タバコであれば赤く光るイメージでしょうけど、ミニプルスターターは白色なんですよ。

 

 

USB充電器

ミニプルスターター 専用充電器

 

USBポートに挿して使える専用充電器。ちなみにコレがプルームテック純正バッテリーに使えるかは分かりません...。

※急速充電には非対応となっています。

 

 

 

 

ミニプルスターター 手軽にUSBで充電が可能

 

赤色のランプが緑色に変わったら満充電完了となります。

 

 

ミニプルブーストカートリッジ

ミニプルスターター カートリッジの接点部分

 

こちらはカートリッジのバッテリーと接続する接点。

接続部外周には2箇所ノッチがあり、バッテリーと接続した際にそこからエアーを取り込むこととなります。

 

 

 

 

ミニプルスターター リキッド残量確認窓は小さめ

 

カートリッジにはリキッド残量を確認出来る窓が設けられています。

かなり小さいので視認性はあまり良くないですね。それと色付きのリキッドじゃないと見えないと言ってもいいくらい...。

 

 

 

 

ミニプルスターター カートリッジからコイルユニットを外してリキッド補充

 

コイルユニットを反時計回りに回して取り外しカートリッジ内にリキッドを補充して使用します。

 

 

 

 

ミニプルスターター カートリッジ内にリキッドを注ぐ

 

取扱説明書にも書かれていますが中央の穴ではなく、周囲の空間に補充するんです。そこがタンクとなっています。

 

コレね、慣れもあるだろうけどかなり補充しづらいな。なにせ狭いんでね。

 

 

 

 

ミニプルスターター 初回使用時はコットンにリキッドが馴染むのを待つ必要がある

 

リキッドを補充したらコイルユニットを装着。そしてコットンに馴染むまでしばらく待ちましょう。これはカートリッジ初回使用時に限り必ず行いましょう。

 

 

 

 

ミニプルスターター タバコカプセルを装着

 

タバコカプセルを装着したら、さぁ吸うだけだ!

 

吸ってみる

ミニプルスターター 実に小さくて軽い

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の主観ですからね♪

 

 

風味うんぬんは組み合わせるタバコカプセルとリキッドによるので割愛しときます。

 

まず確かに軽く吸うだけで加熱が始まってくれますね。こんなに僅かな吸引だけで吸えるのはラクですねー。タバコのように吸うことを意識せずとも吸えてしまう感覚。

逆に、吹いてもまったく反応しないので安全面でも信頼性があります。

 

ミスト(煙)の量もまずまずといったところでしょうか。決してモックモクな量や密度があるわけではないですが、吸った感に繋がってくれるだけの量は十分に出てくれます。そしてスーーッと消えてくれるから周囲への悪影響も極めて少ないと言えますよ。

 

まとめ

ミニプルスターター ロングタイプのタバコと変わらないサイズ感

 

とにかく小型で軽い

もう異常とも言える存在感の無さ。

そもそも純正プルームテックって異様に長いんですよねぇ...。プルームテック・プラスは更に長くて太い。

ミニプルスターターはロングのタバコ同等のサイズ感だから、とにかく嵩張らないし目立たないんです。

 

 

風味のバリエーションは無限大

カプセルとリキッドの組み合わせにより楽しめる風味は無限大とも言えるバリエーションとなります。

私はレギュラーのタバコカプセルにコーヒー系リキッドの組み合わせが好み。

プルリキも種類が増えてきていまして、タバコ系やフルーツ系、メンソール系と幅広い風味の中から選べます。

 

 

カートリッジがロングライフ

純正プルームテックのカートリッジはカプセル5本で交換となりますが、ミニプルブーストは使い方にもよりますがそれ以上の回数を使用可能です。

 

 

価格面で有利

プルームテックは¥3,000-、プルームテック・プラスは¥5,000-ですが、ミニプルスターターはプルリキ付きで¥2,480から。

 

 

以上のように実際に使用していくうえでのメリットは多いです。その中でも私が使用していて特に良いと思ったのはサイズ感ですね。

 

 


気になったトコロ

 

・リキッド残量窓が小さくて確認しづらい

・径が狭いのでリキッドが注ぎづらい

 

 

気になったトコロは以上のようにサイズが小型であることに起因している内容です。どちらも慣れによって解消するとは思います。

 

 


 

 

以上のように純正品よりメリットの多いミニプルスターターを手に取られてはいかがでしょうか?

特に「純正品からの切り替え」や「買い増し」に適している製品だと思います。

 

製品仕様

■ ミニプルスターター
  • タイプ|プルームテック
  • 大きさ|Φ9x100mm
  • 重さ|16g
  • バッテリー|内蔵:容量不明
  • カラー|ブラック / ホワイト
  • 製造国|中国
  • 価格|¥2,480~

 

ご購入はこちら

ベプログ ミニプルスターターキット プルリキ
created by Rinker
ベプログ
¥2,480 2019/10/20 0:04:32
ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ