以前から“DNA75”搭載のMODが欲しいほしいと思って色々と物色はしていたのですが、見ため的にイマイチ好みのものが無く、うーーん「HCigar VT75」かなぁ、と「外観的に少し好みから外れるけど...まぁいっかぁ...」と決定しかけたところで「SKAR」を見ちゃったわけでソッコー購入したんです。

Lost Vapeは「SKAR」の前に同じ“DNA75”を使用した「Therion」も発売していますが、見ためちょっとゴテついて見えてスルーしました。

今にして思えば「Therion」の無骨さも結構いいなぁって気変わりもしてきていますが、基本シンプル好きなわたしとしては「SKAR」で良かったんじゃないかな。

それにしても、海外のサイトもそれなりに調べてまわったんですが“DNA75”搭載機って意外と少ないんですよねぇ。
さすがに50k以上の特殊なのは買えないし。

さて、今回は主に「SKAR」の外観レビューです。
詳細な制御設定が行えるアプリケーションである“EScribe”や“DNA75”に関する部分はそれだけで非常に長くなるので別で記事を書きたいと思います。
早速見ていきましょう。

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ

lostvape-skar01

 

円柱型のボックスに入っています。

 

 

lostvape-skar02

 

仕様がズラズラ書いてありますが割愛します。

 

 

lostvape-skar03

 

お洒落なボックスだけど、物流にしても保管にしても嵩張るだけで良い事ないと思うなぁ。

 

 

付属品

lostvape-skar05

 

  • 取扱説明書(英語)
  • 保証書
  • シリコンスリーブ
  • Micro-USBケーブル(後述)

このシリコンスリーブね、色合いもさることながら装着するとバッテリーの脱着出来ないので使用しないですねー

 

外観

それでは見た目を見ていきましょう。その前に仕様。

 

  • 大きさ|幅30x奥行き45x高さ90mm
  • 重量|210g
  • 材質|亜鉛合金/他
  • 使用バッテリー|18650/26650
  • 制御基板|Evolv DNA75 チップセット
  • 出力仕様|DNA75準拠

 

全体

lostvape-skar04

 

メタリックな質感が素敵!

 

 

 

lostvape-skar06

 

OLEDのスクリーンと各ボタン配置やUSBポート位置は“DNA75”基板に依存しているので、他の機種も同様の位置関係になります。

 

 

 

lostvape-skar07

 

この背面のシンプルさにやられて「SKAR」を購入したようなものです。

 

 

 

lostvape-skar08

 

背面下部にさりげなくロゴの印字あり。

 

 

lostvape-skar09

 

トップ。コネクターは510でポジティブピンはスプリング式になっています。

 

 

 

lostvape-skar10

 

プレートはヘックスローブ留めです。
基本的に外すなよって事でしょう。

 

 

lostvape-skar11

 

底はとくに特徴無いですね。
設計・製造ともにLost Vapeでやってますよってことですね。

 

 

 

lostvape-skar12

 

「SKAR」最大の外見的特徴といえばグリップというかアクセントパネルになります。
画像のカーボンと、もうひとつウッドがラインアップされています。

 

 

 

lostvape-skar13

 

フラットなシールではなく、型押しで立体になっています。
まぁ、流石に織り込んであるわけではないですね。
でも押すと微かに弾力があるので価格からすれば上等な質感に思います。

 

バッテリー部

lostvape-skar15

 

バックパネルをパッカーンと外すとUSBケーブルが入っています。

 

 

 

lostvape-skar16

 

電池入れる時はUSBケーブル収納出来ないので取り出してしまいます。

 

 

 

lostvape-skar17

 

(こんなに画像撮る必要なかったな...)

 

USBケーブル

lostvape-skar23

 

フラットタイプのMicro-USBケーブルです。
これでEScribeと通信して各設定を送受信するわけです。

 

 

 

lostvape-skar24

 

長さは20cm程度と短いので別で用意しても良いですね。

 

バッテリー装着

lostvape-skar19

 

18650はこの可動式のスリーブで固定する仕組みです。

 

 

 

lostvape-skar20

 

パチンッと閉じてバックパネルを付ければ使用準備完了です。

 

 

 

lostvape-skar18

 

わたしは26650で使用したいのでスリーブは取り外してしまいます。
このスリーブがまた、ちゃちな造りなので慎重に爪の部分を押さえて外します。

 

 

 

lostvape-skar21

 

このサイズのMOD使うなら、出来る限り26650で使うべきでしょうね。

 

 

 

lostvape-skar22

 

視認性の良いスクリーンです。
解像度は低いので「W」なんかカックカクだけど(笑

 

まとめ

lostvape-skar25

 

まったく設定いじらずにVWで吸った限り、「i Stick PICO」や「K BOX mini」と比較しても立ち上がりが速いですねー
MOD幅は30mmあるので、25mm径の「DOTA」を乗せても余裕で収まります!

 

 

 

lostvape-skar26

 

見た目なりの重量はありますが、握り心地も良いのでむしろある程度の重みはあったほうが扱いやすいと思います。
程よいサイズ、バッテリーの選択肢、シンプルで堅牢なエンクロージャー、そして何よりDNAを積んでいることで、とても魅力が凝縮されたMODです。

 

ご購入はこちら

 

残念ながらディスコンとなったみたいです。

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ