国産リキッドメーカーMK Labより高品質なビルドマットの登場。

これはいいです!

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

提供元|MK Lab

 

ー スポンサーリンク ー

MK Labとは

Koi-Koi ビルドマット MK Lab

 

いまさら説明もいらんだろうけど、MK Labは日本を代表するVAPEリキッドメーカーです。

国内外から取り寄せた香料を用い、ISO9001取得クリーンルームにて海外でも勝負出来る拘りぬいた風味のリキッドを製造しています。

 

そういや知ってる?規模によるけどクリーンルームってランニングコスト高いんですぜ。

今って国産リキッドメーカーも雨後の筍よろしく凄く増えていますけど、簡素なクリーンベンチでやってるトコとかそもそも環境非公開なとこ多いんじゃないですか?

 

リキッドってVAPEで唯一、体内へのダイレクトなコンタクトのあるプロダクトです。安全性を公にするって重要だと思うんですよね。

 

 

ちょっと話しがソレちゃったけど、MK Labのリキッドには大分して4つのシリーズが存在します。

 

  • MK VAPE:国産リキッドの始祖ともいえるスタンダードシリーズ
  • Koi-Koi:花札のこいこいの役を擬人化した濃厚な風味が特徴のシリーズ
  • CRITICAL MIDNIGHT:ミストの香りに香水をイメージさせたシリーズ
  • コラボレーション:超人気アニメとの正式なコラボシリーズ

 

 

Koi-Koi ビルドマット ロール状で届きます

 

今回のビルドマットは、MK Labの豊富なシリーズの中でも代名詞とも言えるKoi-Koiシリーズが採用されています。

Koi-Koiシリーズは2016年に外務大臣賞を受賞している事でも有名です。

 

製品仕様

Koi-Koi ビルドマット 全体

 

Koi-Koi ビルドマット 仕様
大きさ|600x300mm
厚み|3mm
材質|表:天然ラバー/裏:合成ラバー

 

サイズとしては中~大判で、ビルドスペースとして快適に使える広さがあります。

厚みも3mmという数値からではわからないクッション性がありますね。

詳細はじっくり見ていきますが、特殊な印刷により元絵の再現性に優れているとのこと。

 

製品詳細

Koi-Koi ビルドマット 雨流れ霧流れ

 

順番にキャラクターを見ていこう。

(元絵グラデーションの再現性が高い印刷なので、その辺が上手く撮影出来ているといいが...)

 

まずは『雨流れ-Rainy Draw-』と『霧流れ-Misty Draw-』の2人。

私のKoi-Koiのイメージってこの2キャラクターが強いですね。

 

それぞれ手にしているドラゴンフルーツとメロンに濃厚なバニラを加えたVG MAXな爆煙リキッドとなっています。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 月見花見

 

続いて『月見-Moon Light-』と『花見-Bloom Night-』の2人。

 

出力によって表情を変える月見と、オレンジピールの苦味がアクセントな花見。

共に愛飲者の多い人気のリキッド。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 三光

 

最後に『三光-Three Glory-』となります。

やはりこの子がセンターか。

この子も掛けるワッテージによって表情を変える。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 三光の瞳

 

さて、ビルドマットとして機能しなければならない製品。

その表面の材質に綺麗に絵柄を印刷。

画像は肉眼超えしています。ガッツリ寄ってもても破綻なく綺麗なグラデーションが再現されています。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット アップル

 

このビルドマットのイラストは描き下ろしとなっています。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット ドラゴンフルーツ

 

ちゃんとみんな自身のフレーバーを持っているんです。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット ハートに見えるコーヒービーンズ

 

細かな部分まで見逃せません。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 防水性

 

機能面の一つとして重要なのが防水性能。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット リキッドの玉

 

ビルドしたならこぼすのはリキッド。

試しに垂らしてみたのですが・・・どうですか?

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット リキッドの玉拡大

 

少なくとも数分置いたくらいではまったく浸透せず弾いていますよ。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット リキッドのシミは残らない

 

ティッシュで吸わせると、その痕はまったく残っていませんでした。いいですねー。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 側面

 

さて表面の良さは伝わったでしょうか?

続いては裏面と側面を見ていきたいと思います。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 裏面

 

裏面はノンスリップな合成ラバー。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 裏面合成ラバー

 

実際にテーブルに設置して使用しましたが滑らず快適。というかマット類で滑らないってのはマスト要件ですよね!

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 厚みは3mm

 

3mm厚だけどもっと厚くない?って思って測ったらちゃんと3mmだった。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 側面

 

この手のモノの作り方を知らないから細かい説明は出来ない。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 側面拡大

 

束で織り込んであるのでホツレとかは起きにくいでしょう。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット ツールを乗せてみた

 

一般的にビルドに使用するツールを置いてみましたが、さすがに大きなマットだけあって余裕を持って使用出来ます。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット 使ってみる

 

せっかくの綺麗な絵柄だから、出来れば鋭利なピン先とかは突き立てたくはないよね。

 

 

 

Koi-Koi ビルドマット クッション性が良い

Koi-Koi ビルドマット ガラスタンクを落としても安心

 

使って思ったのは、クッション性のおかげで手を置いた時がラク。

もちろんガラスタンク落下時の破損リスクも軽減されますね。

 

まとめ

Koi-Koi ビルドマット 全体

 

使うとわかる良さ。

絵柄も文句なしに素敵だし機能性にも優れてるビルドマット。まるめてカバンに入れて旅行に持っていってもいいでしょう。

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ