チューブ型レギュレーテッドとコイルレスなタンク。

 

Joyetech「ULTEX T80」 は18650バッテリーにて動作し、複数の出力モードを搭載したレギュレーテッドです。キットとして組み合わされるアトマイザー「CUBIS Max」は NCFilm™ヒーターを採用したコイルレスデザインのトップ吸気のタンク。ヒーターは簡単にクリーニングすることができロングライフ。

 

提供元:VapeSourcing

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・内容物

ULTEX T80 with CUBIS Max - パッケージ ULTEX T80 with CUBIS Max - パッケージ

 

ULTEXってどういう意味?かはわからないけど強そうだ。ハイテク素材っぽい響き。

 

 

 

ULTEX T80 with CUBIS Max - パッケージ

 

それでは「ULTEX T80 with CUBIS Max」開けていきまーーす。

 

 

 

内容物を見ていこう

 

ULTEX T80 with CUBIS Max - 内容物

 

  • ULTEX T80
  • CUBIS Max
  • スペアガラスチューブ
  • アクセサリーバッグ
  • 取扱説明書x2(日本語記載)/ ワーニングカードx2 / ワランティカード

 

 

ULTEX T80 with CUBIS Max - 内容物

 

  • スペアNCFilmTM ヒーター / Oリングx5 / ヒーター固定ネジx2
  • コットン(カット済)
  • ドライバー(ヒーター固定ネジ用)
  • USBケーブル(QC対応)

 

なんと言っても気になるのはヒーターだよね。以前レビューした同社「RIFTCORE DUO」も同じようなヒーターを用いたタンクでしたが、味がイマイチだったんだよなぁ。ヒーターはのちほど説明します。

 

 

製品仕様

画像引用元Joyetech公式

 

  • 大きさΦ28x138.5mm
  • 重さ163g
  • 使用バッテリー18650(定格25A以上)
  • 出力1-80W
  • モードPOWER / BYPASS / TEMP(NI/TI/SS) / TCR
  • 対応抵抗値0.05-1.5Ω(TEMP/TCR)/ 0.05-3.5Ω(POWER)
  • リキッド保持量5ml
  • エアフロートップ
  • 使用コイルNCFilmTM ヒーター(カンタル 0.25Ω)
  • 最大充電電流量2A
  • 保護機能デュアル回路保護 / 過充電保護 / 短絡保護 / 10secカットオフ
  • ファームウェアアップグレード

 

 

製品詳細

ULTEX T80 外観

 

ええっと多分、亜鉛合金のボディで何かわからんけど映画エイリアンを思い出したゴテゴテしたカタチ。ボタン類やスクリーンは小さめ。

 

 

ULTEX T80 外観

 

Φ27弱のアトマイザーベース。510スレッドのスプリング式コンタクトピン。

 

 

ULTEX T80 パフボタン

 

小さいパフボタン。『U』部分がLEDにより光ります。

 

 

ULTEX T80 サブボタン&スクリーン

 

プラスマイナスボタンも更に小さい。突出もほぼ無いに等しいけど押しづらいとかはないですね。

スクリーンは0.49インチOLED。これも小さけど、チューブ型だとどうしてもこういったサイズになっちゃうよね。

ULTEX T80 USBポート

 

USBポートはパフボタン背面にあります。

ULTEX T80 バッテリー

 

18650バッテリーでの動作となります。内蔵バッテリーではないってのは良いですね。

 

 

ULTEX T80 バッテリー部

 

正極を奥に挿入となります。

 

 

 

CUBIS Max 外観

 

アトマイザー「CUBIS Max」を見ていきます。

 

 

CUBIS Max 外観 CUBIS Max 外観

 

本体に合わせたマットな表面質感。

最大径28mm、重量は71gの巨躯なアトマイザー。5mlのリキッド保持量は嬉しいね。

 

 

CUBIS Max 分解

 

バラしてみるとなかなか多いパーツ点数。

 

 

CUBIS Max トップパーツ

 

ドリップチップは外径14.1mm、内径最狭部が5.2mmと本体の大きなボディのわりにナローな経路となっています。

ここは予想外でした。

だって大概のクリアロマイザーが爆煙向けなワイドボアだもの。

 

 

CUBIS Max トップパーツ

 

トップキャップから生えているチムニーはエアフローの説明もあるので後述。

 

CUBIS Max デッキ

 

本アトマイザー、いや、本キットのハイライトはこの中身です。

一箇所噛み合わせがあるので外す場合はそこをキッカケに。組む場合はちゃんと噛み合わせて装着。

 

 

CUBIS Max デッキ

 

NCFilmTM ヒーターがコットンを上から熱する構造。ホットサンドメーカー的な?熱するの片面だけだけど。

 

 

CUBIS Max デッキ

 

NCFilmTM ヒーター(カンタル 0.25Ω)はロングライフ。相変わらず抵抗値が低いのがアレだけど。

予備も1個付属しています。レビューのような短期間だと実質どれほど保つのかわからない。こういったヒーター式は以前もレビューしたよね。おなじJoyetechで。

 

CUBIS Max コットン

 

コットンは設置面も明確でわかりやすい。最初から組まれていたコットン(予備も同じ)は単純にシートを切り出した厚みのあるものでした。

コイルレスなうえコットンも簡単設置というラクしたい人には最高な構造。

 

 

CUBIS Max ベース

 

底パーツとベースパーツはスレッドにて組み付けです。

 

 

CUBIS Max ベース

 

チムニーから覗くとヒーターとコットンが見えます。

 

 

CUBIS Max ベース

 

チムニーの両脇にあるオーバルはジュースホールです。タンクのリキッドがここから降りていきます。

 

 

 

CUBIS Max コンタクトピン

 

コンタクトピンの出代はキッチリあります。

 

 

CUBIS Max エアフロー

 

エアーの取り入れはこちらから。トップ吸気となっています。このエアホールは2箇所ありますね。勿論調整も可能。

 

 

CUBIS Max エアフロー

 

で、トップから入ったエアーは2重チムニーの外側の空間を降りていきヒーター付近に到着。そしてミストとなって内側のチムニーを登っていく。このようなエアフローとなっています。

 

 

CUBIS Max フィルポート

 

リフィルは簡単なスライド式。このフィルポートからタンクにリキッド補充です。

 

 

 

CUBIS Max バッテリーを挿入

 

では「ULTEX T80」に戻って。

18650バッテリーを正極を奥に挿入します。最大80Wまでの出力という事もあり、ハイドレインな定格25A以上の性能が要求されています。

 

 

ULTEX T80 スクリーン

 

スクリーンは小さいです。そのため表示もちんまりとしてる。そして曲面ボディの内部奥まって設置されている都合上、斜めからの視認性は良くありません。

 

 

操作方法

ULTEX T80 操作方法説明

 

スクリーンの保護パネルとボディの隙間から光りが漏れてしまうのが頂けない。

ま、それはいいとして画像のメニュー画面だとアイコンが2個づつの表示になるので何か落ち着かない。スクリーンが小さいので仕方ないけどね。

 

 

それでは簡単ですが操作方法の説明です。

 

 

電源On/Off 

パフボタンを5回プッシュ

 

ワッテージ調整

プラスボタン/マイナスボタン(1W刻み)

 

モード変更

パフボタンを3回プッシュ

 

メニュー

パフボタン+プラスボタン長押し

 

(1)メニューを抜ける

(2)表示項目変更

(3)抵抗値ロック

(4)ステルスモード

(5)ロゴ On / Off

(6)プリヒート

(7)TCR設定

(8)タイムアウト設定

(9)デバイス情報

(10)バッテリー電圧確認

 

 

小さなスクリーンながらメニュー構造自体はいつものJoyetechです。

 

 

吸ってみる

CUBIS Max 吸ってみる

 

それじゃあ吸ってみよう!

感想はあくまでも筆者の感想として捉えて下さいね。

 

Shu
スコーーッ・・・プハァ!

 

▶エアフロー全開で40Wにて!

ドローはスッカスカ。風味のほうはそれなりの濃さ。なにかクセのある風味で臭みが付きまとう。ドリッパーで同じリキッドを吸ったのと比べると、ハッキリ言って美味しくない。

 

 

▶エアフロー1/5開で40Wにて!

ドローは重くはなるがMTL向けなタイトさは無い。風味は濃縮感が出て嫌な臭みは薄れる。濃さもかなり増してドリッパーの風味に近づいてはきます。

とはいえ、爆煙クリアロマイザーのような無茶苦茶な濃さはありませんね。

 

ヒーターによる広範囲、コットン片面を広く加熱して立ち上るミストは柔らかい。フワァッとしたミスト。

40Wはかけているので温かいミストなのですが、ほどほどの濃さでチェーン捗る感じ。

 

ちなみに低ワットで吸うとまともにミスト化されず、リキッドの粒が口に入ってきます。40Wはかける必要があります。逆にそれ以上になるとドライになります。40Wでもピッチが早いとドライ気味になります。

立ち上がり自体は低ワットでも40Wでも変わらず速いです。

 

 

まとめ

ULTEX T80 with CUBIS Max

ULTEX T80 with CUBIS Max8 /10

 

  • 質感|良 ●ー●ーー●ー● 
  • ビルド|無評価
  • 風味の濃さ| ●ー●ーー●ー● 
  • 解像感| ●ー●ーー●ー● 
  • ドローレンジ|軽 ー● 
  • 漏れ耐性|良 ●ー● 

 

バッテリー本体「ULTEX T80」に関しては良い造りなのではないでしょうか。Joyetechの標準機能を詰め込んだレギュレーテッドをチューブ型にし、バッテリーを非内蔵型としただけで人によっては嬉しいのでは?

 

キットとして組み合わされた「CUBIS Max」ですが、これは評価が難しい。抵抗値は低いけど単純にコイルと比べるのも熱する面積が違うから、低抵抗過ぎると言ってしまうのも適当ではないでしょう。風味に関しては爆煙クリアロのほうが明確に味が出ます。熱源が水平な面であるからトップエアフローとなっており、タンク容量との兼ね合いもありチムニーは細いのですが、風味の濃縮にはそれほど寄与していない印象もあります。ただしトップ吸気ですからリキッドのリークはまずありませんね。

 

ヒーターのウリはそのライフにあるでしょう。実質的なロングライフであるとか、クリーニングに関してはある程度の期間使ってから追記になるでしょうか。

 

 

ご購入はこちら

送料無料!

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ