小振りなのに...なレギュレーテッドのレビューです。

 

 

本記事はGearBestの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

スポンサードリンク

ざっくり特徴

  • 18650シングルバッテリー
  • 最大出力80W
  • カーボン柄グリップ
  • ファームウェアアップグレード対応
  • カスタムロゴ
  • クロック表示
  • 2A充電対応

 

 

パッケージ&付属品

やけに分厚いパッケージです。
裏に正規品判定等々の記載があります。

最新ファームウェアのバージョンまで記載してありますね。
そこまでアピールするほどのことなのかな。

 

 

 

保護フィルムに包まれて寝てらっしゃいます。

 

 

 

付属品は以下の通り

  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 注意書き
  • USBケーブル

 

 

 

外観

スリムな筐体。
大胆にカーボン柄がグリップに配されています。

 

 

グリップ部にかけてシェイプされているので、とっても手馴染み良好。

 

 

コンタクト部は510スレッドにスプリング式コンタクトピンという標準的な仕様。
アトマイザーベースは24mm径がジャストフィットする幅となっています。

 

 

大型で押しやすいパフボタンに、筐体サイズに対してかなり大きい1.3インチスクリーンを搭載。
USBでの充電は2Aの入力が可能です。これなら相当速いでしょうね。
勿論、出力側が対応していないと意味ないですけど。

 

 

セレクトボタン部も押しやすく周囲をザグってあります。

 

 

 

底にはベントホール(バッテリーのガス抜き)が設けられています。

 

 

底はバッテリー脱着のリッド(蓋)となっています。

 

 

 

横にスライドさせるとスプリングの反力により開きます。

 

 

 

この蓋のタイプは初めて使用するのですが、とにかくスピーディに開閉出来ます。
それに蓋の面積が小さいほうが筐体の剛性も高いので好きですね。

 

 

iStick PICO とのサイズ比較

背は高いけど奥行きが小さく、握りやすさは勝ってるね。

 

 

バッテリー装着

表示がある通り正極を奥に挿入します。

 

 

余計なロゴ表示もなく起動が速い!
(設定でオリジナルのロゴ表示も可能なようです)

表示レイアウトはとても見やすく考えられています。
必要な情報が一度に見てとれます。

 

 

操作説明

簡単に操作方法の説明を記載します。

 

■電源On/Off:パフボタンを5クリック

 

■モード変更:電源On時にパフボタンを3クリック
プラス/マイナスボタンを押す毎にPOWER,BYPASS,START,時計,NI,TI,SS316,TCR120M1,M2,M3と順に切り替わります。パフボタンで決定。

 

■オプション設定:パフボタンとプラスボタンを同時に長押し

  1. スクリーン消灯設定:1~30min,Offから設定可能。マイナスボタンでカーソル移動しパフボタンで決定。
  2. ロゴ表示On/Off:スクリーン消灯設定画面にてプラスボタン。マイナスボタンで選択しパフボタンで決定。
  3. プリヒート機能:ロゴ表示設定画面でプラスボタン。プラス/マイナスボタンで「Pwr」と「Time」値を設定後、パフボタン長押しで決定。

 

■ステルスモード:パフボタンとマイナスボタンを同時に長押し。一切表示が消えるのではなく、パフボタン中の表示が消える機能です。

 

■ロックモード:プラスボタンとマイナスボタンを同時に長押し。パフボタンの機能は使用可能でプラス/マイナスボタンにロックが掛かります。

 

 

使ってみた

22mm径のアトマイザー「MAZE V3」を乗せるとこんな感じです。
やや余裕があり、24mm径でピッタリです。

 

 

スリムで軽量なので手馴染みが良いです。
プリヒート機能もあるので、立ち上がりの重いクラプトンワイヤーでも問題なし!

 

 

カーボン柄はステッカーなのですが、柄の質感自体は良いですね。特に気にならないです。

 

 

屋外で使用して気づいたのですが、スクリーンカバーが曲面になった造りのため、日光の映り込みが強く視認性が悪いです。
あと、屋外で使うには輝度が足りない。

今回とくべつ温度管理等々、細かい部分の調査をしていませんが、基本的に『Joytech』製品で使用している汎用基板を用いていることでしょう。
いづれにせよ特別な問題はなく機能するものと思われます。

 

 

まとめ

この子を最初の1台として選べば文句出ないでしょう

スリムで軽量、24mm径のアトマイザーがピッタリで起動が速い!

普段使いに文句のない製品です。
むしろ良すぎます。
あまりに使用するのがラクすぎて、他のMODは特殊な場合を除けば使用しなくなりそう。。
コレが¥7,800とかなら高っ!ってなるけど、この記事記載時点GBなら¥4,000切ってます。

間違いなくオススメ出来ます。

 

Shu
こんなにスリムで24mm径アトマが乗るなんて

 

製品仕様

ご購入はこちら

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


MOD, Technical, Joyetechの関連記事
  • ハイパワーBOX MOD「Wyvern 235」by LAISIMO
  • 20700デュアル「Genie PD270」by IJOY
  • 未来的フォルムをまとったDNA250搭載機「VT250」by Hcigar
  • 「Druga Squonker」by Augvape

TwitterでShuをフォローしよう

  • RTA
  • RTA
  • RDA
  • RDA
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • Starter Kit
  • RDA
  • Technical
  • RDA
  • RDA
Mt Baker Vapor
Mt Baker Vapor(マウントベイカーベイパー)のMoo Juice(ムー・ジュース)のレビューです。 Moo Juiceは、Haw...