簡単補充なアトマに、急速充電可能なModのスターターキットが Joyetech から登場。

 

 

今回レビューする「CuBox with CUBIS 2」はコンパクトなボディにバッテリー容量が多く、急速充電にも対応したレギュレーテッド「CuBox」と、トップフィルにトップエアフロー、MTL向けコイルヘッドを装着した「CUBIS 2」を組み合わせた、パフォーマンスに優れたスターターキットとなっています。

 

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:BuyBest!fa-external-link

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ・内容物

それではCuBox with CUBIS 2開けていきまーーす。

 

 

 

取扱説明書

 

本体であるCuBoxアトマイザーCUBIS 2ともに取扱説明書には日本語での記載があります!

 

 

 

小箱の中身

 

小箱が入っていて、その中身はアトマイザー関連でした。

 

 

 

 

内容物一覧
・CuBox
・CUBIS 2(コイルヘッド装着済)
・ドリップチップ(アタッチメント)
・ガラスチューブ(スペア)
・コイルヘッド(スペア)
・Oリング各種(スペア)
・取扱説明書 x 2(日本語記載有り)

まず付属ドリップチップはCUBIS 2装着済みのドリップチップに装着するタイプ。

コイルヘッドは初期装着と同一のモノが付属。という事で計2個同梱ということに。

 

 

 

 

それと充電用のUSBケーブルも付属しています。QC対応品です。

 

 

 

 

 

製品仕様

CuBox
・大きさ:22.5 x 41 x 67 mm
・重さ:100.5g
・バッテリ容量:3,000mAh
・最大出力:50W
・最大充電電流量:2A

かなりのコンパクトボディにバッテリー3,000mAhとギッシリと詰まっています。これだけあればキットのアトマイザーに限らず好みのモノを乗せて使用しても良いでしょうね。

そして充電速度も2A可能という事で快適に使用出来そう。

 

 

 

 

CUBIS 2
・大きさ:22 x 43 mm
・重さ:37.5g
・リキッド保持量:3.5ml
・対応コイルヘッド:ProC-BF シリーズ / ProC-BFL シリーズ
・トップエアフロー

漏れに強いトップエアフロー構造。対応コイルヘッドはProC-BFとなっています。ProC-BFL“TPD対応バージョンなので使う事はないでしょう。

 

 

 

カラーバリエーション

 

本体とアトマイザーは同色となったキットになります。基本的なカラーのみのオーソドックスな展開となっていますね。

 

 

 

 

 

製品詳細

まず本体CuBoxを見ていきます。ボディの大部分はヘアラインのかけられた Eleaf にありそうな質感となっています。

 

 

 

 

トップは一般的なコンタクトですので、好みのアトマイザーを乗せられます。扇形の部分がバッテリー残量を示すエリアになっています。

 

 

 

 

底にはベントが設けられています。

 

 

 

 

充電用のポートはここに。立てたまま充電が可能。

 

 

 

 

バッテリー残量は5本のライン表示で表されます。画像だと1段階減っている状態ですね。Joyetechのロゴはパフボタンを押した際に点灯します。

操作方法

電源On/Off:パフボタンを5回プッシュ

出力変更出来ないワッテージモードしかないので操作方法は極めて簡単。押すだけー。

 

 

 

つづいてアトマイザー。クリアロマイザー「CUBIS 2」はトップスライドでフィルポート(補充口)を露出させるタイプ。開け方としては、エアフローコントロールを完全に閉じて、マークを目印に奥に押せば簡単に開きます。

 

 

 

 

使用するコイルヘッドはMTL(マウストゥラング)向けな「ProC-BF」となっています。こちらの替えコイルヘッドは国内流通もしていますので入手性は良いです。

 

 

 

 

底はこんな感じ。コンタクトピンもこんな感じなので、レギュレーテッド限定での使用にしておきましょう。

 

 

 

初回補充時は10分程度放置してコットンへのリキッド浸透を待ちましょう!

ササッとリキッド補充しておきましょう。

 

 

 

 

 

吸ってみる

それじゃあ吸ってみよう!

感想は一意見として捉えておいて下さいね。

 

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

fa-chevron-circle-right

 

 

アトマイザーCUBIS 2のエアフロー全開はドロー軽めではあるけど、ProC-BF“MTL”向けとのこと。なのだけど絞ってもそこまで重くもないかなー。

風味の出方としては、うーーん、薄い出方だなぁ。かなり濃い風味のリキッドを叩き込んだのに、実に薄い。

 

使用者多いだろうから例えるとFog1のほうが遥かに濃くでます。それなりのサイズをもったコイルヘッドですが、うーーん、と言った感じ。

 

 

 

 

 

まとめ

◎ コンパクトでバッテリー容量“大”

本体であるCuBoxはワッテージ変更も出来ないし、他のモードも何もないです。ただ単に抵抗値に応じて最大50Wまで自動で増減される仕様。多機能を面倒で複雑だと思っている人に適した、簡単操作でVAPEを初めたてにピッタリ。なにせこのコンパクトなボディに3,000mAhという容量は頼もしいです。

 

 

△ 風味が薄いアトマイザー

アトマイザーCUBIS 2は、ちょっと残念な性能だと言わざるを得ないです。何せ薄いミストしか出てくれません。良い部分と言えばキャップを取り外さずリキッド補充可能なくらい。少しでも濃く味わおうとロングパフすると、いつコットン焦げるかヒヤヒヤしながら使わざるを得ない。

 

 

 

キットとして選択するより、ModCuBoxを単品買いされる事をオススメします。お出かけに適したサイズで携帯性はいいです。

 

 

 

 

 

ご購入はこちら

BuyBest | CuBox with CUBIS 2

BuyBest | Cubox単品

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ