25mm径タンク「Captain RTA」のレビューです。

 

以前クリアロマイザーの「Captain Subohm Tank」も使ってみましたが、コイルヘッドの抵抗値が低いから味とミストは凄まじかったです。

今回はそれの“リビルダブルバージョン”という事で、どのような造りなのか気になります。

 

 

CAPTAIN RTAは非常にパーソナライズされたRTAアトマイザーで、直径25mm、容量3.8mlの革新的なポストレスデッキデザインを特徴とする、Captainサブオムタンクと同様の素敵な外観を備えています。 柱の欠如により、幅広いコイル構造および複雑な構成に対応できるビルドスペースが確保されます。 クイックスライド式のトップフィルデザインにより、簡単に充填でき、ジュースフローコントロールにより、気流と曇りのある蒸気で喜びを感じることができます。 さらに、充填部分のシリコンガスケットを交換することができ、寿命が延びます。

 

 

本記事はVapesoursingの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪
スポンサードリンク

パッケージ&付属品

クラウドチェイサー&ベストフレーバーという事で、ミスト量と風味を両立しているとのこと。

設計・製造ともにIJOYが行っているようです。

 

 

いつもの通りIJOYは小さな袋にギュウギュウ詰めに付属品を入れてきます。

 

 

付属品

  • 予備ガラスチューブ
  • 予備Oリング
  • 予備イモネジ
  • 510ドリップチップアダプター
  • プリメイドコイル
  • コットン
  • 六角レンチ
  • ドライバー
  • その他

 

とりあえずOリングとコットンを同じ袋に入れるのやめてほしいな。ケバケバ付くんだってば。

 

 

この2つはどこに使うのだろうか?

 

製品仕様

材質SS
直径(mm)25
高さ(mm)57
重量(g)71
タンク容量(ml)3.8
ポスト数ポストレス
ワイヤーホール数4
ドリップチップ交換可(510アダプター)

 

外観

25mm径と太めで縦寸も長め。さらにドリップチップもかなりワイド。

 

 

今回提供受けたカラーはガンメタル。他にはSS、Black、Rainbowのカラーバリエーションがあります。

 

以降パーツ毎に見ていきます。

 

ドリップチップ

PEI製で外径はワイドだけど、内径は接続部に向かってかなり絞りこまれています。これがまたハーフインチに見えて独自サイズ。好みのドリップチップを使う場合は510アダプターのほうで。

 

 

トップキャップ

プッシュと印字されたトップキャップ。そこをグイッと押すと。

 

 

フィルポート(リキッド注入口)が現れます。この動きが結構渋いです。簡単に開いても困るのですが、もう少し滑らかに動いて欲しいところ。

シリコンなのでノズルサイズに合わせて多少は伸びて広がります。

 

 

トップキャップの内側に1箇所ネジ留されています。画像でいう右上あたり。

 

 

ということで付属の六角レンチでネジを外すとスライドカバーが外せます。このネジはスライド時の突き当てで、カバーが一定以上開かないよう止める役割ももっています。

カバーを外すとフィルポートの交換が行えます。

それにしてもシリコンで造る必要があったのだろうか?予備が同梱してあるって事は劣化するんでしょうし、もとから劣化し辛い材質を採用したほうが良いと思うんだけど...

 

 

デッキ

デッキはベース貫通タイプ。下部にエアー吸入口が開いています。

 

 

ポストレスです。ワイヤーの留めはプラスネジ。

ワイヤーホールは4穴あり、ジュースホールが四方向に開いています。なので基本はデュアルコイルでの使用ということかな。

 

 

下部から吸入されたエアーが中央のオーバル2箇所、そして対面にコイルを挟み込む位置にある柱にも開いています。

ボトムからとサイドから斜め上に向かっての2wayでエアーがコイルに当たる構造です。

 

 

チャンバー

チャンバー内部は緩やかなドーム状となっています。チムニーはかなり細め。これでミスト量も多いのだろうか?

 

 

ベース

中央の大きな穴はデッキのコンタクト部が貫通するためのもの。
大きなオーバルホールが2箇所開いています。

 

 

底面はこんな感じ。

 

 

ベースにデッキを組み込むと隙間が空きます。本アトマイザーはベースにデッキを乗っけてあるだけの構造のため、MODの上で回すと空転します。

デッキOリング下部に1箇所ピョコッと飛び出した突起がありますが、これがMODにアトマイザー脱着する際にデッキとベースを固定するための引っかかりのようです。この構造によりとても円滑にジュースフローコントロールが行えます。

 

 

コンタクト部はこのような感じ。

 

 

ピンの出代はガッツリと。

 

ビルドしてみる

あえてシングルコイルで組みました。単にラクしたかったのだけどね。

 

 

位置はセンターに。まぁ、デュアルで組むのも簡単そうではありますけど。

 

 

コイルの高さはまぁ、わからなかったのでこのくらいに。

 

 

シングルなので当然コットンはこのような感じに。

なるだけエアホールに被らないようにしてみました。

 

 

チャンバーを被せる前にコットンにリキッドをふくませておきます。

 

 

全て組み付け、仕上げにフィルポートからリキッドを補充します。

 

 

510ドリップチップアダプター

510ドリップチップ用アダプター付けてみます。ドリップチップは手持ちの適当なものを使用。

 

 

うん、接続がかなりユルユルだね。

なんじゃコレ?個体差もあるんだろうけど。ドリップチップのOリングを少し太めに変えれば丁度よい塩梅かもしれないけど、そんな事するくらいなら標準のワイドなドリップチップ使いますわ。

 

 

吸ってみる

以降は筆者の感想です

 

抵抗値1.0Ωに20Wでエアフローコントロール全開で吸ってみます。

 

Shu
スコーーーフハーーーッ!

 

濃さ

ほどよい濃さ。シングルコイルなので。デュアルだともっと濃く出るでしょうね。

 

風味解像

美味い。ただし「MANTA RTA」より少し解像感は劣るかな。でもそれもビルド次第だしなぁ。

 

ドロー

スッカスカ。絞るとかなり重くも可能。1/3くらいに絞るとピーーッと激しく笛鳴りがします。もっと絞ってやれば消えます。

 

漏れ耐性

ビルド次第ですが標準的な漏れやすさかと。リキッド入った状態での保管は、AFC・JFCとも閉じて必ず逆さにしておきましょう。

 

まとめ

総評

フレーバーに拘っているためかチャンバーが狭い気がしますね。チムニーやドリップチップの内径も細いです。

それなのにクラウドチェイサーにもってパッケージの書き方は適当かなぁ?ポストレスデッキなのにチャンバーの狭さでゴツいコイル形成するには制限があるかと。

 

IJOYっていつもパーツ数が多い印象。あまり良いと思えなかったシリコン製のフィルポートとかどうなんだろう。もう少しパーツ数絞っても良いんじゃないかなぁ。

とりあえずドリップチップの内径絞るのは良いんだけど接続は810にして欲しかったな。

 

Shu
とりあえずもうコットンは付属しなくていいかな

 

ご購入はこちら

クーポンコード「vscoupon」適用で更に安く!

 

スポンサードリンク
Gearbest  promotion
コメントを残す

CAPTCHA


Atomizer, RTA, IJOYの関連記事
  • 「Dead Rabbit RDA」by Hellvape
  • 「Maze V4」by HCigar
  • 「LYNX RDA」by Digiflavor
  • 「Pico RTA V2」by YellowKiss

TwitterでShuをフォローしよう

  • Technical
  • Technical
  • Starter Kit
  • RDA
  • Starter Kit
  • RTA
  • Clearomizer
  • USA[A-M]
  • Technical
  • RDTA
  • RDA
  • Technical
BARISTA BREW Co.
メーカーの破綻により「Wakonda(ワコンダ)」が吸えなくなりそうです。そんな中、ポストワコンダと期待される新たなリキッドが誕生しました。...
RDA
米国設計、中国製造。変わったポストにエアホール。そしてファニーなロゴがカッコ可愛い24mm径のドリッパーのレビューになります。...
Technical
iStick PICOで有名なEleafから18650デュアルバッテリーの新しいMODが登場しました。一時期製品を乱発しすぎで何が何やら状態...