大胆なフォルムで大径アトマイザーが乗せられる多機能で大出力なレギュレーテッド。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

提供元|BuyBest!

 

 

ー スポンサーリンク ー
Labor Day Sale

パッケージ・内容物

ORBITER GT230 パッケージ

 

HUGO VAPORは深センのMODメーカーです。

ラインアップがほぼデュアルバッテリー機の大型MODという、わかりやすい方向性を向いたメーカーですね。

今回レビューする「ORBITER GT230」もデュアルバッテリー仕様となっています。

 

ではさっそく開けていきまーーーす。

 

 

 

 

ORBITER GT230 内容物一覧

 

内容物一覧
ORBITER GT230
USBケーブル
取扱説明書(日本語無)
ワランティカード
警告書

 

 

製品仕様

ORBITER GT230 外観

 

ORBITER GT230 仕様
タイプ|テクニカル
大きさ|38x58x96mm
重さ|70g
スクリーン|0.96' TFT液晶
バッテリー|18650x2(ハイレート推奨)
出力モード|VW/C1/Preheat/Bypass/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS
出力範囲|5-230W
出電圧範囲|0.5-9V
動作可能抵抗値範囲|0.06-3.0Ω
温度管理範囲|100-315℃/200-600℉
充電電流量|2A
保護機能|不明
ファームウェアアップグレード|可
カラー|全3色(Splatter/Flash/Red Camo)

 

製品詳細

ORBITER GT230 外観

 

とんでもなくユニークなフォルムをしています。モチーフがあるのでしょうか?あるとしたら何をモチーフにしたのでしょうか。

 

そしてこのパターン(柄)は一体...

レビュー品はFlashというカラーなのですが、雷?みたいなパターンですね。テスラコイル的な?

筐体自体は複数パーツの貼り合わせっぽいから、パーツ同士のパターンに不一致が生じているのは仕方ないですね。

 

触り心地としてはラバーコートされたようなサラサラとした気持ちのよい触感。

 

 

 

ORBITER GT230 パターン合わせが雑

 

しかしここまでパターンが不揃いになるってのも強烈ですな。残念です。

継ぎ目のチリ合わせも大雑把でなんだかね...

ORBITER GT230 コンタクト

 

コンタクトは標準仕様。

なんと30mm径のアトマイザーまでオーバーハング無しで乗せられますこれが実現されているMODは他に数少ないでしょう。

そんな大きなアトマイザーがあるかどうかは別問題だけど、25mm径等を乗せてもサマになるって考えればアリなんじゃないかな。

 

 

 

ORBITER GT230 パフボタン

 

パフボタンは15x10mmというサイズ。素材はモロに樹脂で安っぽさを感じます。

 

ORBITER GT230 パフボタン

 

筐体に合わせて反り返った形状をしていて指を置きやすい。

ただし押し心地はペコンペコンと固いのであまり良くないかなー。

 

 

 

ORBITER GT230 スクリーン

 

スクリーンや操作ボタン、USBポートは側面に配置されています。

(プラス)(マイナス)M(メニューボタン)が存在します。メニューボタンがあるのは珍しいですね。

こちらの押し心地もペコンペコンだ。良く言えばデンマーク製のオーディオやドイツ車のエアコンスイッチみたい。

 

ORBITER GT230 底面

 

バッテリーの着脱は底面の蓋を開けて行います。

こちらはスライドして開けるタイプで、素早くバッテリー交換が行えるので好ましいです。

 

 

 

ORBITER GT230 バッテリー挿入口

 

蓋側に極性表示がされています。

蓋を開けると筐体内側は無地な素地なので、やはりラバーコートされてるっぽいのが断面から見てとれます。

 

蓋にはベント(ガス噴出口)がありませんね。

 

 

 

ORBITER GT230 ベントホール?

 

パフボタンの背面側にある穴がベントかと思いましたがバッテリーハウジングに繋がっていません。

位置的に基板の放熱って感じではないから、製造上のものですかね。

 

 

ORBITER GT230 iStick Pico

 

比べるまでもなく、当然ながらiStick Picoと並べると随分と差がありますね。

 

ORBITER GT230 バッテリー挿入

 

それではバッテリーを装着します。

 

 デュアルバッテリー機で使用するバッテリーは同銘柄・同使用状態・同バッテリー残量のペアを使用しましょう
 同梱の警告書にも記載されていますが外観に異常が見られるバッテリーは使用してはいけません

 

重大な事故に繋がる可能性があるため必ず守ってくださいね!

 

 

 

ORBITER GT230 スクリーン表示

 

スクリーンはカラーのTFT液晶。解像度はあまり高くないですね。

 

操作方法説明

ORBITER GT230 メイン画面

 

メイン画面の表示情報は画像の通り。

それでは操作方法の解説です。

 

 

ORBITER GT230 操作方法

電源オン/オフ:パフボタンx5

ワット数調整:プラスボタン/マイナスボタン

モード変更:モードボタンx3 →プラスボタン/マイナスボタンで変更

設定メニュー:モードボタン長押し →歯車マークでモードボタン

情報表示:モードボタン長押し →iマークでモードボタン

 

TCモード使用時はパフボタンx3でTCRやワット上限を設定出来ます。

 

 

カーブモード

ORBITER GT230 カーブモード

 

嬉しい事にカーブモードが搭載されています。

しかもカレントワッテージに対しての増減設定方式なので、異なる抵抗値のアトマイザーを使用する場合でも、基準となるワッテージのみ変更すればOKですね。

さらに7つのセクションをそれぞれ0.1秒から柔軟に設定可能という充分すぎる仕様。

設定方法。

 

  1. モード変更で『C1』を選択します。
  2. パフボタンx3
  3. プラス/マイナスボタンで増減
  4. モードボタンで次に送る
  5. 全て設定したらモードボタン長押し

 

 

プリヒート

ORBITER GT230 プリヒート

 

プリヒート機能も搭載されていますが、実質カーブモードの1セクション版といった感じとなっています。

カーブモードあるから不要では?とも思いますが...設定方法はカーブモード同様です。

 

 

設定メニュー

ORBITER GT230 設定メニュー画面

 

設定メニューでは以下の項目の設定が可能です。

 

  • 日時設定
  • パフ回数管理
  • スクリーン輝度
  • メニュー色
  • 設定リセット

 

 

ORBITER GT230 カラー設定画面

 

メニュー色変更はUI全体の配色を6パターンから選択可能です。

 

 

情報表示

ORBITER GT230 各種情報表示

 

情報表示では基板温度・バッテリー電圧・ファームウェアバージョンの確認が行えます。

特に基板温度を数値で示してくれるのは嬉しいですね。見た感じわりと正確かも。

 

 

日付表示

ORBITER GT230 日時表示

 

無操作で放置すると日時表示画面に切り替わり、一定時間表示後にスクリーンが消灯します。

 

 

※日時やカーブモード・カラー等、全ての設定はバッテリーを抜くとリセットされてしまいます。

設定を維持したい場合はUSBでの充電を行いましょう。

※と、思っていたのですが設定は維持されるようです。リセットされた事があるのですが、何か条件があるのかもしれませんね。

 

アトマイザーを乗せてみる

ORBITER GT230 Galaxies MTL Squonk RDTA

 

22mm径のGalaxies MTL Squonk RDTAも丈があるので似合ってる。

 

 

ORBITER GT230 Goon V1.5 RDA

 

24mm径のGoon V1.5 RDAはどうでしょうか。

 

ORBITER GT230 NOVA RDA

 

下部がビューティーリングで24mm径のNOVA RDAは大体のMODに似合います。

 

 

ORBITER GT230 Iron Maiden RDTA

 

持っていたんですよね、30mm径のアトマイザー。Iron Maiden RDTAは超大型ですがちゃんと乗っかります。

 

まとめ

ORBITER GT230

 

評価:ORBITER GT230
質感|良 ●--●--●
大きさ|大 ●--●--● 小
重さ|重 ●--●-●- 軽
機能性|多 -● 少
保護機能|無評価(情報が無い為)

 

*デュアルバッテリー機としての評価

*管理人の主観による評価

 

 

ORBITER GT230

 

とにかくガワが雑いんですけど、多機能だしデカいアトマイザーも余裕で乗っけられる。

バッテリー2本装着時でもすこぶる軽く、握りやすいシェイプ。性能から考えたら安価な部類かと。

 

ご購入はこちら

 

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ