今回はメカニカルMODの紹介になります。

 

シンプルながら絶妙なシェイプで、安価なのに丁寧な造り。そんなメカニカルModです。

 

 

提供元:GearBest

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

 

 

ー スポンサードリンク ー

パッケージ・付属品

本体は巾着入り。
付属のリングは後述します。
あとは正規品認定証が入っているのみ。

 

 

 

外観

真鍮製でまるで仏具のような色合いです。
仏壇に置いてあっても気づかれないでしょう。

形状は一部のみが絞られたシンプルなものです。

 

 

 

絞られた箇所に海軍(?)のエンブレムが彫り込まれています。

 

 

 

下のほうは説明することもないくらいシンプルな筒。

 

 

 

アトマイザーを乗っけるコンタクト部分。
スレッドは510でボトムエアフローに配慮してなのか溝が設けられています。
ハイブリッド接続なのでボディと一体となったユニ構造。

 

 

 

パフボタンは少し変わった形状をしており、シリアルは...若いな。

 

 

 

外す方向に回して緩めていくとわかりますが、こういった形状なのですね。
ボタンがけっこう飛び出しているのが見てとれます。

 

 

 

バッテリーの負極と触れる部分は絶縁材があり、中央の接点は三角錐となっています。

 

 

 

パフボタンを押してみると...

 

 

 

このように突出します。

ストロークは少し深めかな。
スプリングの反発は適度な重さで、ストロークの深さと相まって誤作動はさせる事は少ないでしょう。

 

 

 

 

アトマイザー乗っけてみる

ハイブリッド接続なのでアトマイザーのコンタクトピンはしっかりと出ていないとショートして大変危険です。

 

必ずバッテリーの正極とコンタクトピンが接触する必要があります。
スレッド部分と接触した状態でパフボタンを押してしまうとショートしてバッテリーに高負荷が掛かり、サイアク爆発する恐れがあります。

 

 

 

まず本体にアトマイザーを装着してからバッテリーを挿入します。
バッテリーは正極側を奥に挿入。

 

 

 

そしてパフボタンパーツを回して取り付けます。
回していきバッテリー負極に接してこれ以上回らなくなる状態が、画像のようにパフボタンの面と本体の面がツライチになったら正常です。
これなら机に置いてもパフボタンが押し込まれる事はありません。

軽く本体を振り、中でバッテリーが遊んでいないか確認もしましょう。

 

以下の説明に誤りがあります
ーーここからーー

ちなみに付属のリングはマグネットで、電池の丈の調整に使用します。
2種類の厚みがあります。

 

画像のようにバッテリーの負極側に取り付けて、パフボタンパーツが奥まってしまうのを防ぎます。
または、パフボタンパーツをあえて突出させる事にも使えます。
誤作動のリスクが増すので、あえてそうする必要性があるかはわかりませんが。

普通の18650バッテリーを使用している分には、丁度ツライチにくるような造りです。
なので私はマグネット不使用です。

 

ーーここまでーー
以上までの説明が誤りでした

 

上記で説明したマグネットの使用方法に大きな間違いがありました。コメント欄にてご指摘頂きましたので内容を修正致します。
実際はパフボタンの押し込み反発を、スプリング式から磁力に変更するためのものでした。
以下に簡単ではありますが交換手順を追記しておきます。

 

 

まずスイッチパーツをチューブから外します。

 

 

 

コンタクトピンの両サイドあたりに小さな穴があります。

 

 

 

そこにピンセットを差し込み反時計回りに回せば...

 

 

 

ボタンが外れます。標準は荒い巻きなスプリングでした。

 

 

 

では、マグネットに入れ替えます。

 

 

 

ボタン側に一個置いて...

 

 

 

スイッチパーツ側に反発しあう向きでもう一つを置いて逆手順でパーツを装着します。

 

 

 

これで交換完了です。

 

 

 

交換した結果、反発力は軽くなりました。
指力(?)の弱い方はこちらのほうが良いでしょうね。

 

名無しのペイパーさん、コメントで教えてくれてありがとうございました。

 

 

 

 

使ってみた感想&まとめ

使った感想というのも特にないのですが、当然ながらメカニカルな立ち上がりです。

 

 

 

24mm径で18650バッテリー使用なので肉厚な造りとなっている都合、160gと重いです。

昨今増えてきた24mm径アトマイザーとのフィッティングは良いでしょう。

メカニカル且つハイブリッド接続専用なので、仕組みを十分に理解したうえで使用して下さい。

 

 

その他HellVapeの製品レビュー

 

 

 

製品仕様

 

ご購入はこちら

 

 

 

 

ー スポンサードリンク ー
GB-4th
コメント一覧
  1. 名無しのペイパー より:

    初めてコメントをさせて頂きます。
    Trishulは質感が素晴らしく、デザインが良いので僕も最近メインで使っております!

    ところで、付属しているマグネットについてとあるVapeショップさんに教えてもらったのですが、これは電池の丈の調整ではなく、スイッチのマイナス極の接点をセラミックピンセット等の先っぽでねじって取り外したあと、バネを取り外し、同じ極同士で反発するように組み付けて、マグネットスイッチとして使うためのパーツみたいです!

    • Shu より:

      名無しのペイパーさん

      よろしくお願いします。

      なんと、そうでしたか!!
      まったく私の無い知識の中で解釈して、思うがまま使用して記事まで書いていました。。
      やはり実際にVAPEショップが近くにあると良いですね~
      私のところはほぼショップが無い環境ですので羨ましいです。

      ご指摘頂いた内容は実機で確認して近日中に記事に反映しておきます。

      コメントして頂いてありがとうございます。

コメントを残す

CAPTCHA


Mods, Mechanicalの関連記事

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ