2017年に「Dead Rabbit RDA」がスマッシュヒットしたHellvapeの2016年の製品ですね。そんな前に発売されていたとは露知らず、というか下調べもせずって感じなのですが、以前から何気に気になっていたアトマイザーです。

まず「Iron Maiden」って名前がいい。まぁ拷問器具ですよね。いや拷問がいいってわけではなくて、ソコからとったメタルバンドが好きだったってのが大きいなぁ。最近は知らないけど、やっぱProwlerなんか今聴いても滾るものがあります。

 

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

提供元:GearBest

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ&付属品

というわけで見ていきましょう。

 

 

 

・Iron Maiden RDTA
・ドリップチップ
・510ドリップチップアダプター
・スペアガラスチューブ
・スペアねじ
・スペアOリング
・プリメイドコイル
・工具

付属品はじつに充実していると言えますね。予備のドリップチップも凄い重厚で贅沢感がありますよ。

 

 

 

Iron Maiden RDTA 外観/仕様

・直径:30mm
・高さ:56mm(DT,コンタクト含む)
・重さ:78g
・リキッド保持量:8ml
・デュアルコイル向け
・サイドエアフロー

デカくて重いです。なんたって直径が30mmってのは相当ですよ。ここまで大きいとオーバーハングせずに乗っかるModってのも限られてくるんじゃないでしょうか。

 

 

 

Iron Maiden RDTA 詳細

トップキャップ上部の造形がイカしてますね。

 

 

 

重厚なドリップチップが2つ付属しています。微妙に形状が異なる程度なのでお好みでって感じですね。この他510アダプターもありますので好きなものを付けられます。

 

 

 

ドリップチップ外したところから覗くと白い物体が。そしておそらくHellvapeと書かれているんでしょう。

 

 

とりあえずバラしちゃいます。

 

もう何やらゴチャついてますね。やけにパーツ数が多いんですよね。

 

 

 

やたらOリングがついているベースパーツはコンタクトピンが貫通するタイプです。

 

 

 

デッキは2ポスト2ホールですが、ホール径がとても広い。

 

 

 

先程上部から覗いた際に見えていた白い物体がコレ。セラミック製のチャンバーパーツです。空いている穴からミストが抜けることにより、スピットバックを抑えます。

 

 

 

トップキャップ内部は至って普通かな。

 

 

 

Iron Maiden RDTA ビルドしてみる

普段は初見ビルドは単線で行いますが、せっかくワイヤーホールもドデカイことなのでクラプトンを使用してみます。ちなみにこのデッキもセラミックが採用されていますね。

 

 

 

コットンをタンクに落とします。

 

 

 

この空いている穴からタンクにリキッドをチャージしときます。

 

 

 

そのあとセラミックチャンバーの足がその穴にハマって固定されます。

 

 

 

あとはモロモロのパーツを被せていけばOKです。

トップキャップ自体を回してホール自体の露出を変更出来ます。ここでエアフローの調整が出来るのともう一つ。

 

 

 

「Iron Maiden」のロゴが彫られたリングはスレッドにて回転し、エアホールの縦方向の開放度合いを調整出来ます。

 

このようにエアフローコントロールの自由度が高いです。

 

 

 

Iron Maiden RDTA 使ってみる

さて、この瞬間が一番楽しみ。どのような風味を出してくれるのかっ!

 

Shu
シュコーーーーッ プハァ~~~~~

 

 

ちゃんと良い風味出してくれますねー。ドローは軽いのですが味は濃いめです。クラプトンで組んだからかな?

エアフローは絞ってもそこまで重くは出来ない感じですね。

濃密ーーってほど濃くは出ないですけど、吸い疲れしない程度のほどほどの濃さですね。

 

 

 

ちなみにStriderだとピッタリフィットします。この手の26650サイズか18650デュアルのModじゃないとまずハミ出るでしょう。

 

 

 

まとめ

総合点
良い点 ・見た目

・エアフロー自由度

・リキッド保持量

イマイチな点 ・大きさ

・エアフロー調整が固い

 

これはもう、サイズを含めた見た目、リキッドの保持量が良いと思ったら買ってもいいんじゃないでしょうか。そこが響かない場合は完スルーでしょう。

 

 

 

 

ご購入はこちら

ecig15off」で15%オフ!(フラッシュセール中除く)

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ