24mm径ドリッパーの特別仕様

 

すでにレビュー済みの Geek Vape「Peerless」のスペシャルエディションが登場しました。
あまりガワのバリエーション違いを後出しするのって好きじゃないやり方なのですが...
どうやらカラバリだけの違いではなさそうです。通常版のレビューはこちら

 

こちらの記事は3AVAPEの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

 

 

ー スポンサーリンク ー

パッケージ・付属品

付属品は以下の通り。

 

  • PEI製ドリップチップ
  • 予備Oリング
  • 予備ネジ
  • BFピン
  • アレンキー
  • 取扱説明書

 

 

 

外観

今回の提供品のカラーは黒。
スペシャルエディションのカラーラインアップは以下の4種。

 

シルバーなんかはポリッシュですっごく良さげ。

 

 

 

 

バラしてみた

4ピース構成

シンプルで最小構成といえるかと

 

 

 

各パーツごとに見ていきましょう ❞洗浄前❞ なので汚れ付いているかも

 

ドリップチップは2種付属。
見た感じ材質のみ異なる810(ハーフインチ)となっています。

 

ここは通常版からかなり変更された部分です。
どのように変更されたかは通常版のレビューを見て下さい。

 

 

 

トップキャップはエアフローコントロールも兼ねておりフィン状になっています。
シングル、デュアル両対応の3箇所開放した形状です。

 

 

 

内部はミストをドリップチップに導くべく緩やかにスロープしています。

 

 

 

スリーブはエアホール9穴が対面に空いています。
側面ロゴのエングレービングがさり気なくて格好いい。

 

 

 

ポスト形状がユニークなデッキ。
ジュースウェルが深掘りされていてキャパは期待がもてますね。

 

 

 

どこにどのようにワイヤーを通そうか通常版の時も迷ったなぁ。

 

 

左が通常版のデッキ。
形状はまったく同一と言っていいかと思います。

 

 

 

ボトムのネジはポスト固定用となっています。

 

 

 

ネジを外してポストを外して画像を撮ろうと思ったのですが、圧入がキツすぎて外せませんでした。

 

 

ビルドしていく前に洗います

 

Shu
使用前にはよく洗浄しましょう

 

 

 

 

ビルドしてみる

26ゲージのストレートなワイヤーにてマイクロコイルを造ってみました。
今回はシングルコイルにしておきました。
太いワイヤーなら問題ないですが、細いワイヤーはしっかりとネジでしめこんだことを確認しましょう。

 

 

 

コイルの高さはエアホールに合わせてみました。

 

 

 

シングルコイルなのでスリーブは3つある開口のうち真ん中を使用します。

 

 

 

キャップを装着して完成です。

 

 

 

 

吸ってみる

 

▼ 以降は筆者の感想です ▼

 

エアフロー全開で吸ってみます。

 

Shu
スコーー、プハーーー !

 

 

細かく解像感の高い風味が楽しめる

 

ハーフインチのドリップチップを採用している時点で爆煙タイプかと思って吸いました。
実際はミスト量は勿論多めなのですが、なにより風味が上品でキッチリと風味堪能可能です。
解像感が高いといいますか、無駄に尖らず、かといって薄からず、濃さもバッチリ。

 

 

 

アレー?通常版ってこんな良い味出してたっけ?
まぁビルドが違うので変化あって当然だけど。
デッキ構造は同じだしスリーブ材質がそこまで影響しそうもないので、ビルドの違いでしょうね。
これ、クラプトンで組んだら相当濃くなりそうですね。

 

ジュースウェルの深掘りが効いていて、明らかにパフ回数が多く吸えますね。
あくまでも単線の場合ですけど。

 

エアフロー絞っても気持ちのよいエアーの通りかたで、風味が濃縮されたのがわかります。

 

 

 

 

まとめ

細部も変わっていますが、一番の違いは材質変更による重量の違い。
とても重く感じますが、こっちが一般的な材質なんですよね。

 

 

 

なんだかスペシャルエディションが通常仕様で、通常版が特殊という、本筋からいくと逆な気がします。
個人的にどちらか一方を購入するなら通常版をオススメしますね。
変わってるから。

 

Shu
質感は高い!けど通常版のほうが変わっててオススメ

 

 

 

 

製品仕様

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ