なんか異様に重いんですけど?
前作を使用したことも直で見たこともないのです。
今作はおっきくなったようなのです。

 


Ammit 25は元のAmmitのより大きなバージョンで、いくつかの改良点があります。最高70Wの性能に対応しミストとフレーバー両方の生産を促進する。

 

本記事は3AVAPEの提供でお送り致します。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

ー スポンサーリンク ー

ざっくり特徴

  • 25mm径
  • タンク容量2ml/5ml
  • シングルコイル向け
  • 3Dエアフロー
  • ジューフローコントロール搭載

 

 

パッケージ&付属品

付属品は以下の通り

  • 5ml用ガラスチューブ
  • 5ml用チムニー
  • 810用トップキャップ
  • 予備ネジ
  • 予備Oリング
  • 工具
  • 取扱説明書

 

外観

ゴツいです。
重いです。
装着されているのは2ml用のガラスチューブ。

 

 

バラしてみた

6ピース構成 

これくらいの構成が限界だよ。
これ以上は増やしちゃ嫌よ。

 

各パーツごとに見ていきましょう。洗浄前なので汚れ付いているかも。

トップキャップはめっちゃ隙間にもOリングが設けられています。

 

 

フィルポートと接するとこにもOリング。

 

 

チャンバーにはロゴの印字。
これまたガラスチューブとフィルポートの接する部分にもOリング。

 

 

チャンバー内はシンプルですね。
ジュースホールが2箇所空いています。

 

デッキとベースは一体型。
こいつが重いんです。
ズッシリしてる。

 

かなり広めのジュースホールが両サイドにあります。

 

ポストのワイヤーホールは非対称な形状をしておりまして、こっちは囲われています。

 

ちょっと見辛いけど、こっちのワイヤーホールは開口していて横からスッと入れるタイプ。

 

コンタクトピンはガッツリ飛び出てて安心。

 

ベースのエアー吸入口はボトムサイドにかなり長めオーバルが対面2箇所。

 

そこから取り入れられたエアーは中央部のスリット状のモノと、ポストの3穴両側と3方向から内部に吹き込まれます。

 

 

ビルドしてみる

こっち側の囲われたほうのワイヤーホールに先に通してセットする感じになるかな。

 

というわけで片方の足を通します。

 

反対側の足は横からスッと差込みます。

 

んで、ちゃんとネジの中央部で挟み込みます。

 

ドライバーンして熱いうちに水につけます。
そうすると金属臭が抑えられます。

 

削いでフカフカめにしたコットンを通してジュースホールを塞ぐようにセット。

 

チャンバーを被せる前に、ワイヤーの足が飛び出ていないかチェック!

 

チャンバーとフィルポートを被せます。
この時点でもショートしていないか要確認。

 

ジュースフローコントロールは滑らかに動作します。

 

 

吸ってみる

 

Shu
準備が整いましたので吸ってみます♪

 

以降は筆者の感想です

エアフロー全開で吸ってみます。
38Wくらいかけてみます!

 

Shu
スコーーープハーーー!

 

めっちゃ濃い。

味が尖って出てきますねー。
こりゃあ、ちょっと吸い疲れするタイプだわ。
まぁ、コイルによるんだろうけど。
それとミスト量は勿論すっごく多い。

 

てなわけでエアフロー絞ってみますぞ。
ちなみにカチカチと全開から全閉まで5段階の調整となています。
一番狭くして吸います。

 

Shu
スコーーープハーーー!

 

おぉぉおぉー。
いい感じなエアーの通りかた。
濃密で熱めなミスト。
濃い。

でもまぁコイルによっても大きく変わるからね。

 

***

 

ここまでは味が濃厚だなんだと好みの問題ではありますが、
この子、結構漏れやすいかも。

漏れやすいっていうか、コットンウィッキングがシビアかも。
ちょっと量を増やしたらドライになって吸えたもんじゃないし。
なるだけスカスカでフカフカで量を多くするしかないんだろうね。
難しい。
ジュースフローコントロールも付いているから、そこで調整すればある程度対応出来るかな。

 

そういやハーフインチ用のトップキャップも同梱されています。

 

残念ながらドリップチップ自体は付属していません。
画像のは別で持っていたヤツです。

 

5mlチューブを取り付けてみます。

 

付属の延長チムニーをチャンバーに装着。

 

で、こう。
見た目そこまで違和感ないかな。
低抵抗のコイルを高出力かけて炊くことになるでしょうから、タンク容量は多いのがいいね。

でもコイツを動かすMODもデカイだろうから、かなりの丈になっちゃうなぁ。
私は2mlのほうで使うでしょう。

 

 

まとめ

 

弩級に濃いフレーバーと爆煙!

質感も文句なく良くて味もひたすら濃くて、ミストもすっごく多い。
凄くいいんだけど、活かすにはそれなりのMODも必要ですね。
メーカー自身も言っているし、サイズ等から見てもかなり高めのワッテージで使用するのが前提の製品です。
ウィッキングの面を考えると、じゃじゃ馬っぽさはあるけど、ちゃんと決まると漏れないしキッチリ造られています。
とっても良い製品です。

 

Shu
すげえの出したなGeek Vape

 

製品仕様

ご購入はこちら

3AVAPEに会員登録するとこの価格になります。
安すぎじゃない!?
※最新の価格はサイトでご確認下さい。

ー スポンサーリンク ー

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ