米国製リキッド「Doo-Wop」を吸ってみます。

メーカーは2016年創業のFittyz E Juiceで、本記事執筆時点(2017年9月)で今回レビューする「Doo-Wop」一種類のみしかリリースしていません。

 

 

公式サイト|Fittyz E Juice

 

 

今回吸ってみる「Doo-Wop」は本物のクリームを用いて作らているストロベリーミルクシェイクのフレーバーとの事です。

 

Shu
サクッと見ていきましょう♪

 

ざっくりとした目次

ー スポンサードリンク ー

パッケージ

どこから通販したかも忘れましたが、紙製のケースが折りたたまって付いていました。こういった部分に拘るってのがアメリカ的といった感じ。ちなみに私が紙ケースを組み直したのでおそらく間違った組み方になってます。なんかこういうの苦手。

 

 

 

容量は60mlとなっています。

 

 

 

今回のテイスティング条件

今回は「Gorge RDA」にてカンタル26ゲージ内径3mm抵抗値0.9Ωのセットアップで吸ってみます。

 

以降の感想は筆者の主観になります

 

Shu
スコーーーープハーーーッ!

 

まず、あっま~~~いストロベリーミルクが飛びこんで来ます。フレッシュな甘い苺。まんまメーカーが言っている通りストロベリーシェイクだわ。

 

うめーーーッ!!

 

苺ミルク系フレーバーのリキッドは相当数吸ってきましたが、あれらはどうにもエグ味っていうか臭みっていうか、嫌な感じを多少なりとも感じるものが多いんです。

そういったものはスティープによってエグ味が取れたり、まったくどうしようもなかったりと様々ですが、とにかくエグ味持ちってのがよくあるんです。

ですが、この「Doo-Wop」は初っ端からとても素直な風味。エグ味とかまったく無いですね。

 

久々に甘みがかなり強いリキッド吸ったなぁ。しかし嫌な甘さじゃなく美味い!

過去に吸ったなにかに似ているなぁっと、モヤモヤしてたけど思い出した。開封したての「Strawnilla」だ。そういやアレも初めの内はシェイク感あったんだよなぁ。

 

今まで吸ったストロベリー系のリキッドの中ではトップレベルに好み。

 

Shu
苺シェイク好きは是非!

 

 

ご購入はこちら

 

ー スポンサードリンク ー
GB-4th

TwitterでShuをフォローしよう

こちらの記事もおすすめ